ジョブ・ローテーション   

受験本番の秋(?)を迎えるにあたって、我が家ではジョブ・ローテーションが行われた。

現状の役割分担は以下のとおり:
[またろう] ゴミ捨て、食器洗い、その他もろもろ(蛍光灯交換、買い物の荷物運びなど)
[こじろう] 風呂洗い
[はなひめ] 牛乳パック切り、生協宅配取り込み

ところが、こじろうが風呂洗いを忘れて塾にいってしまうと、もうつかまえようがないので他の人がやらないといけないし、またろうも、塾がある日は夜の食器洗いができない。それと、はなひめがこの役割に飽きていて、まじめにやらん(-_- という問題もあった。

そこで、無理のない分担を目指しつつ、新風を吹き込むというコンセプトに基づいて、下記のように変更してみた。

[またろう] 朝食調理、その他もろもろ(蛍光灯交換、買い物の荷物運び、生協宅配取り込みなど)
[こじろう] ゴミ捨て
[はなひめ] 風呂洗い

はなひめは、我が家の中で現在唯一「ヒマをもてあましている人」なので、風呂洗いの習得をするのは好都合だ。背も伸びてきたので底にも届くし。

またろうのゴミ捨ては、声をかければ素直にやってくれるし、力もあるから古新聞を運ぶときなどはちょうどいいんだけど、なにしろ曜日を思い出して「今日はなんの日」をするのが下手なので、とにかく親が声をかける必要があった。こじろうならわりとそういうの得意だからね。

まぁ、こじろうは匂いに弱くて、特に「燃えるゴミ(生ゴミ…)」運びは嫌がりそうだという懸念はあるのだが。

またろうは、比較的朝に強いし、調理は好きだからばっちりだ。

新ジョブ配置初日は、またろうが自分でかけた目覚ましで始まった (もうちょっと遅くかけてくれてもいいのに…と、目覚めてしまったよしぞうから小声でブーイング)。

お湯を沸かして紅茶を入れ、牛乳をつぎパンを並べ、ウインナとキャベツをゆでてできあがり。弟妹をたたき起こしにいくところまで自分の仕事と思っていたらしく、そこもやってくれた(あまりうまくはいかなかったが)。

こじろうも、自分から「今日は燃えるゴミの日?」といって、大袋二つ下げて捨てに行った。実はそのうち一つは、前回にまたろうが捨て忘れたものだが (玄関にわざわざ出してあったのに、それを「またいで」学校にいってしまった)、「これは前職の責任範囲ではないか!?」というクレームをつけることもなく、スムーズに終了した。

はなひめも、最初嫌がっていたけど、よくいい加減な洗い方のときに文句をいっていた手前もあって、プライドをかけて丁寧に洗い上げた。

というわけでひとまず快調。またろうは、負担が大きいかな? と思っていたんだけど、むしろ朝のリズムができてよさそう。夜は、何かいろいろと時間がおしてることが多くて、食器は親が洗っちゃって宿題をさせたほうが?? とか悩むシーンが多かったので、朝の仕事なら悩まなくてすむし。

…あれ?? 牛乳パック切りと食器洗いは誰がするの??

by an-dan-te | 2008-10-09 08:39 | 生活 | Comments(0)

<< 勉強することができる力 アップダウンと科目間格差 -ま... >>