算数ミスノートと記憶力   

算数のミスノートを作って、丁寧につぶしていく、というのは算数成績upのための王道だと思う。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←算数コツコツ、の体験は中学受験にも人生にも効きます。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

ふだんの学習や、テストでうっかりミスした問題、あるいはいちおう答えは正しく出たけれど途中がなんだかぐしゃぐしゃしてしまってきれいに書けなかった問題、妙に時間がかかった問題、いい線まで行っていたけれど結局答えに到達しなかった問題など。

それを隙間時間に再チャレンジできるように、ノートにコピーを貼るなり写すなりしてまとめておき、自信を持ってスムーズに解けるまで練習するわけだ。

こうすることによって、
・うっかりミスによる失点を防ぎ
・途中式や図を見やすく書くことができるようになり
・解く速度upで時間切れを防ぐ
のはもちろんだけれど、今解ける問題をより速く正確にしていくことによって、今は解けない応用的な問題にも筋道が見出せるようになってくる。

…こんな素晴らしい学習方法だけれど、

はなひめのときはこれが素晴らしくうまくいったのに対して(ノートの名前は「毎日ノート」だった)、
こじろうのときはあんまりうまくいかなかったんだよね。

こじろうの六年生夏を再現してみた(勉強計画編)
に出てきたように、

----
ところが、やってみてわかったのですが、すごく変な記憶をしているのです。例えば、「この問題は『男の直感』でここが直角!と決めちゃえばすぐ解けたはず」とかそういうの。新たな気持ちで問題に向かえないんです。それでいて、肝心の解き方はさっぱりだったり。意味なーい!!
----

ほんと、しょうもな(-_-;;

しかし、半端に記憶力を持ち合わせている人はこういうことがままあるようで。
…私自身は鋭い忘却力を持っているのでまったく気持ちがわからないんだけれども(そしてはなひめも記憶力がたいへん悪いので大丈夫だったんだけれども)。

記憶力が十分悪ければ、
解き方とか、答えとかの具体的なことは忘れた状態で、
でも考え方のエッセンスはなんとなく残っている状態で、
まっさらな気持ちで問題を読み、解答することができる。んですよ。

この繰り返しはほんとうに、基本の定着にはもってこいなんです。同じ問題を何度も練習できるってことが。

で、半端に記憶力がいい人はどうしたらいいかというと、
まぁ、ひとつには、十分(?)時間を空けて忘れたころやるって手があるけど、それだと長すぎる場合
(素晴らしい記憶力ですね!!)
やっぱり、類題を解くってことになるでしょうか。

そういえば、日能研テキストには「オプ活(オプション活用)」と呼ばれているところがあってそこがそういう(数値替え)問題の載っているセクションだったりします。けどいちいち類題探すとか面倒ですねほんと…

できれば本人に、きちんと忘れたつもりになって筋道を追ってほしいですね。

それで母にあまり時間がなかったこじろう受験のときは、算数ミスノートづくりもイマイチ不発のまま終わったけれど、元々算数が得意だったのでそんなに問題なかった。というか、解くには問題なく、途中式とかロクに書けなかったんだけど、途中を見ない学校が第一志望だったのであんまり問題なかった。

そんなこじろうくんも中学に上がってから途中式を書ける子になり…
今ではまじめにユリウスの先生やってますよ…

(算数・数学ではわりといい先生、のような気がするけど
ここだけの話、英語はこじろう先生に習わないほうがいいよ。たぶん英語は担当しないと思うけどね)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2016-07-26 23:12 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by Coco at 2016-07-28 13:27 x
はじめまして。
はなひめちゃんが5年生の頃から拝読しています。

息子はNの6年生です。

うちの息子も算数のミスノート、全く機能せず、断念しました。
というのも、うちの息子も数字に関する記憶力がよいというか、間違えた問題は、結構長い間、「あーあれは〇〇」と答えを覚えているのです。
類題を探すのも面倒なので、塾から与えられた問題を全部こなせば、類題がきっと出てくるはずと信じています。

ただ、この記憶力が社会には全くいかせていないのが今一番の課題です。
昨日メモチェが配布され、二学期最初の授業迄に一周するようにと言われているのですが、開く気にもならないようです。
算数の428(シニヤガレ?)問題は淡々と進めているのですが…


Commented by モデラート at 2016-07-28 18:49 x
こんばんは。

娘のお教室ではまだまだメモチェは配布してもらえません…。
夏休みの自宅学習は、漢字と語句、計算と一行題、算数428問題、理科社会はメモチェにしようかと思っていたのですが、塾からの課題が多すぎて予定が狂ってしまいました。しかも進み具合をみるために途中で提出ですって。
さりげなくブッチするつもりだったのに。グスン。
Commented by an-dan-te at 2016-07-30 17:01
Cocoさん、はじめまして!
記憶力いいんですね~
…でも社会科は別物(^^;;

こじろうも社会の暗記はなかなかじゃなくて…
結局年明けまでもつれこみましたが
そこまで引っ張らずに決着つけるよう、ぜひ!!
お奨めします~
Commented by an-dan-te at 2016-07-30 17:05
モデラートさん、
暑い夏というか塾からの課題が分厚い夏ですね(^^;;
疲れ溜めないようにがんばってね!!

「提出」というのは「出せば見てもらえる」という意味に解釈して
やったものだけ提出してました…

<< 父親というものは… こじろう夏休みの勉強計画に物申す >>