難問捨て路線算数の教材選び(追記あり)   

talmanさんからご質問をいただいたので、算数の教材のことを…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←算数の勉強は結局時間かかるねぇ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

といっても、はなひめでやってた限りの勉強については書き尽したような気もするんですが、
> 何をやるにもゆっくり(たとえ歯磨きでも)、その上ロングスリーパー、持ち時間が限られています。
> さらに算数が得意とは言えないタイプです。数への親和性が極めて低いことに小1の12月頃に
> 気付いてから「茨の道」?を歩んできました。
とまで言われちゃ他人の子って感じがしません(^^;; なんとかしたいですね~

五年生は、新しい単元が大波ざっばーん押し寄せてきますので、着々と新しいことを学びつつ、計算や他単元の基本も着実に押さえていかないといけないわけで、一番算数に時間をかけてよいという日能研の先生方のお墨付きはありましたが、それでもなかなか苦しいと思います。

------
1.はなひめ殿がこなしていた「計算と1行」の問題はandanteさんのオリジナル作製の時期もあったのでしょうか?
お兄さんの時になかった「計算と1行問題集が忽然と舞い降りてきた」と何処にアップされていたようも記憶していますが。。。
オリジナルでも既製品でも、一回の問題数はどのくらいでしょうか。
------
そんな、オリジナルの問題を作るようなセンスも時間も気力もありません…
そうなんです、こじろうのときには「計算と漢字」というスタンダード教材しかなかったのですが、はなひめのときには「計算と一行題」というプリントをホチキスで閉じたような教材が忽然と現れました。これがたいへん優れものでして。

「計算と漢字」はその名のとおり「計算」ですが、「一行題」は基本問題コレクションみたいなものですね。今まさに学習中の単元にはこだわらないで出てくる感じです。

一日分の問題数は6~8個くらいだったでしょうか。きちんと(本人的に)集中してやれれば15分くらいで終わるくらいが適正量かと思います。丸付け直しまで入れても30分超えたんじゃほかのこともありますしやれないですよね。

------
2.「2011.6.12の修正後のスケジュール」記事では、算数に四時間とってます。このうち塾の宿題にどのくらいの時間をさいていたのでしょうか。残りの時間は、再チャですか?
------
週スケジュール、早速修正」にあるスケジュールですね。もちろんこれは目標というか理想というか、実際こんなにウツクシク暮らしていたわけじゃないですけど(笑)

ここで「算数」というのは「計算と一行題」を含みません。「計一」と書いてある別枠が「計算と一行題」用です。

「算数」の時間は四時間ではなくて、火曜日が一時間半、土日に30分ずつなので二時間半ですね…ここで塾の宿題にあたるものをやりますが全部は終わりません。

-----
3.N研でも算数に毎週単元テストがあるかとおもうのですが、そのための練習をどの時間帯でこなしていたのでしょうか?
-----
「算数」の時間でやる宿題というのは、主に「栄冠への道」と呼ばれる復習用問題集です。これを「基本問題」「問題研究(応用)」とこなし、さらに本科テキストのほうにある「オプ活(オプション活用)」で演習を積むってのが基本コース、らしい、ですけどそんなにやれたためしはなく、「基本問題」プラス、「問題研究」はやれるとこまで。不安な基本問題があればオプ活から類題を持ってくる感じかな。

それがそのまま単元テストの勉強ですね。

-----
4.つむぎ出版から「算数の達人 上下」が発売されています。色々な分野の問題がシャッフルされていて「こッチ」側の問題集かと思うのですが、どうでしょうか?一般本屋さんで扱っているか怪しい問題集なんですが。。
-----
実物を見ていませんが、今検索してサンプルを見た感じでは、「計算と漢字」と「計算と一行題」の間くらいに見えました。なかなかいいんじゃないでしょうか。

あとは、図形の話のときに出したのと同じシリーズで
私立中学有名中堅校受験の算数 (1) (シグマベスト)
とかもいいかも。

とにかく、いろんな分野の基本問題が練習できる教材を選び、お子さんが15分くらいで取り組める難易度と分量で進めるとよいと思います。

> 結局、毎週の塾の宿題がこなせて、塾の単元テストで本人が『俺ってなかなかいけている!』と
> 思える結果で、9月頃に偏差値がアップしていたいということなんですが(1から4を書いていて
> 気がつきました)。よろしくおねがいします。
塾の宿題はこなせる分量までカットすればOK、
基本コツコツはなるべく毎日まいにち盛って、

遅かったり、うっかりでも間違えたものは再度チャレンジして丁寧に刷り込みましょう!!

スピードと確実性が増してくると偏差値のプラス3くらいであれば十分射程に入ると思いますよ。あと、算数を勉強するときの(それがやや難しい問題であっても)心のハードルが下がります。

(追記: 「計算と一行題」相当の問題集をakira先生が紹介してくださいました!! ありがとうございます
中学受験のための1日5題 まいにち算数: 90回でほんもの実践力!
ただ、五年生の毎日分がほしいとなると、これよりもうちょっと簡単なものがよいのかもしれません)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-06-05 23:17 | 中学受験 | Comments(12)

Commented by モデラート at 2016-06-05 23:52 x
うちは本部系ですが、計算と一行題という教材は有りません(涙)
以前教務スタッフ(たぶん新人)に訊ねたら、ご存知ありませんでした。棚をがさごそ探してました…。
関東系のお教室で使われているみたいですね。
Commented by akira at 2016-06-06 23:02 x
みくに出版すなわち本部系から、関東系の「計算と一行題」と
コンセプトが似た本が出ています。
「中学受験のための1日5題 まいにち算数: 90回でほんもの実践力!」
同じ本を3周するのはメモチェと同じです。

レベル的には、
算数が得意な5年生は9月から
Mクラスなら6年生から、
Aクラス上位なら6年生の9月から
というところです。
6年生の公式「計算と漢字」より
入試問題を収録している分少し難しいです。

ちなみに以前は関東系は6年後期も
「仕上げの一行題」というのがあったのですが
Mクラス生への負担が大きいということで今はなくなってます。
Commented by an-dan-te at 2016-06-07 07:21
モデラートさん、
関東系で使われていたものみたいです。
というわけでakira先生が補足してくださいました!!(^^)
Commented by an-dan-te at 2016-06-07 07:24
akira先生、
なんと!! ありがとうございます!!
よさそうですね~

はなひめの場合だったら
> 算数が得意な5年生は9月から
には相当しないので(笑)

> Mクラスなら6年生から、
でやるとして、

これとは別に五年生に「まいにち」盛るもうちょっと易しいものが(というか未習分野を避けて幅広く基本が載っているような)あるといいのかな。

はなひめのとき、六年生になってからは「強化ツール」という教材も重宝していました。
Commented by hana at 2016-06-07 14:55 x
はじめまして!いつも拝読させていただいております!
自宅学習での中学受験を考えているので、アンダンテさんの過去記事が大変参考になります。ありがとうございます。

ランダムな範囲の1行題ですが、サピックスの『パワーアップトレーニング』も良かったです。学年別にあります。見開き10問で10〜15分の所要時間です。サピの教室で購入できます。基礎固めに良かったです♪

Commented by モデラート at 2016-06-07 18:13 x
おぉ~!まさかの真打ち、akira先生のご登場にびっくりでございます。

我が家も強化ツールを愛用しています。
子どもは基礎クラスですが、カリテは応用で受けています。毎朝の計算と漢字、算数の授業後に考えようと深めようを解きます。
その後授業中に間違えた□の問題を鑑賞して、強化ツールの共通を解くと、結構いい感じに理解できるみたいです。

akira先生お勧めのテキストはうちも秋くらいからかな?と思います。
Commented by talman at 2016-06-07 23:30 x
皆さま、コメントありがとうございます。

an-dan-teさんに、こうして改めて丁寧に解説して頂くと、心のモヤが晴れます。
一方、子供とバトルしても不毛と解っていながらやってしまったりする一因に、親の私の漠然〔本当にバクゼン〕とした不安があるように感じています。
今回コメント頂いて、ハートの中の波が少しばかり静か〜になりました。ありがとうございます。
Commented by talman at 2016-06-07 23:39 x
a.a...akira先生!
なんと!
ありがとうございます。

ご紹介の本、先月購入してみたんですが。。。
対象とするレベル、解説して頂いて納得しました。
時期をおいて、取り組みます。
ありがとうございます。
Commented by talman at 2016-06-07 23:45 x
hanaさん
ありがとうございます。

「パワーアップトレーニング」は気になっていたんですが、サピックスから出ているから難しいかな〜と勝手に尻込みしてました。やはりまずは目を通さないと!
ありがとうございます。
Commented by an-dan-te at 2016-06-09 13:33
hanaさん、
フォローありがとうございます。
家塾で受験しようとしているのですね!! すごい

私はとても無理でしたが。でも算数だけはなんだか家でもだいぶやらなきゃいけなくなってしまってあーだこーだ考えることになりました(^^;;
Commented by an-dan-te at 2016-06-09 15:06
モデラートさん、
強化ツールも使いやすいですよね。
足元からじっくり固めてがんばっていますね~
よい結果が出せますように!!
Commented by hana at 2016-06-09 15:33 x
アンダンテさん
田舎すぎて、進学塾が近くにないだけなんです・苦笑
近くの個人塾には5年生からお世話になろうかとは思っているんですが、結局家庭できちんと反復させないと、どれも身に付きませんもんね。家庭学習のやりかたは様々ですが、うちはアンダンテさん流がしっくりきます・笑
これからもよろしくお願いします。

talmanさん
パワーアップは『絶対基礎力の完成』と銘打っているだけあって、完全に基本問題です。10問中4問計算、のこり6問全てランダムな単元の一行問題となっています。全50回分なので、夏休みにちょうど1周できるくらいで、分量も程よいですよ♪

<< 遺伝子か育て方か ここが大変、中学受験(アクセス... >>