ここが大変、中学受験(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

六月になりましたのでアクセスラボに新しい記事が掲載されました。
ここが大変、中学受験(←アクセスラボ)

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←春の運動会だった方はお疲れ様です
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

テーマは、中学受験ならではの大変なことは何か、ということでしたが…

なにしろ、中学受験と高校受験のダブル!! を体験した立場からいえば
「高校受験よりだいぶラク」
としか(^^;;

なにしろ、中学受験というのは、ただちゃんと勉強しておけばそれでいいという、
シンプルイズビューティフルな一本勝負、
内申の率がどうの相談点がどうの…
わけのわからない高校受験とは比べ物になりません。

努力の方向がわかりやすいところがなによりです。

大学受験も、昔はもう少しシンプルだったと思いますが、今は何やらずいぶんややこしくなりましたわ。
もっとも、今の大学受験のことはまだ何も実感していないんですけどね。
子ども三人目にして初の大学受験となります(これからね)

それでもまぁあえて中学受験ならではの大変なところは何かといえばそれは、
やはり小学校生活が、中学受験を前提としていないことでしょうか。

地域によって様相がかなり違うものの、全体からいえば圧倒的に少数派である中学受験組のことは
頓着せずに小学校生活は進んでいきますから(これは当たり前)、
中学受験を着々と段取りしようと身構えている親(^^;; にとっては、
イラッとする不調和なことがたくさん起こりますよね。

ここで塾のほうが一歩下がって合わせてくれて
「今週は小学校が修学旅行だから夏期講習はお休みにします」
とかいってくれるんならともかく(笑)
いくつかの地域からごっちゃに子どもたちが通ってくるもんだからそんな配慮もできず。。
(少なくとも日能研はね。同じ小学校の子ばかり来る個人塾とかならそういうことをしていても不思議じゃない)

私も一回目のときはいちいちイラッとしていたような気もするんですが
二回目のときはあんまり思わなくなりました。人間何でも慣れるもんです、というか

小学校の行事のあり方も、
小学校の先生の宿題の出し方も、
それどころか
子ども本人の気力、体力
必要な睡眠時間…
生活スタイル、

すべてすべて違うことが大前提で、そもそもさかのぼって、本人が持っている能力も親が持っているサポート力(経済力含む)も何から何まで違い、平等というのはどこにもないのであって、

あるがままの状況の中でやれる範囲のことをやるのが受験。

それでもちゃんと「幸せになれる中学受験」というものはある。

というのが実感できたって感じかなぁ。

そして気持ちがそこまで到達しても、やっぱり大変だなぁと思うのは
2月1日(東京圏の場合)
に凝縮した緊張感。

短期決戦なので、ここでキメなきゃいかん、風邪ひいてる場合じゃない、ってプレッシャーはすごいことになります。高校受験とか、たぶん大学受験も、もっとなんか長丁場でだらだら行きますよね(それが大変じゃないってことはないけれど)

そこはまぁ避けようがないのかなとは思いますが、
過ぎてみればいい思い出です(^^;;

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2016-06-01 13:20 | 中学受験 | Comments(0)

<< 難問捨て路線算数の教材選び(追... 難問捨て路線はまず「計算と一行... >>