「使える英語」流行りの中で公文は   

自分の子どもが中学生になって(つまりまたろうが公立中に入学して)英語の教科書を見たらば、自分のときに比べて…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←誰かよしぞうとまたろうの英語に効くクスリおしえて
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

難しくなってない??
と思いました。

昔の教科書が、「This is Japan.」「That is America.」とかで始まっていて、1ページにひとつずつ文型を説明していって、わりと厳密にその範囲で本文が書かれていたのに対して(だからえらく不自然なシチュエーションでつまらない内容になりますが)、

今の教科書は、もうちょっとナチュラルな流れを重視して、でもおそらくはその場で理解しきれないであろう(そしてそれでよしとする)英文も混ざってるって感じかな。

実際に英語を「使う」場面は当然、わからない部分というのが混じってきて、それを気にしすぎないという態度も大いに重要なので、これはこれで正しいのかなという気はするんですが…きっちり仕組みをまずは理解させよう(先生側)とかしたい(生徒側)とか、そういう気持ちが薄れている感じがしなくもない。

旧来の「使えない(といわれる)」英語の批判というか反動から、文法を気にするよりまずどんどん触れて慣れてみたいな流れがあるんですよね。いい面も悪い面もあるとは思いますが。

公文式英語教育の方法 子どもたちに英語の原書まで」では、文法についてこう書かれています:
「母語のように、しぜんに分の規則性を獲得していけばよいとは思いますが、一般にはごく限られた時間と空間のなかでしか触れることのできない外国語では、省略があったり、常套句の多い、いわゆる日常的で、しぜんな言語ばかりでは、かえって文の無秩序さを語りかけるだけに終わる可能性もあります」
「文は語とその並び方によって意味をなします。語彙力と文暴力が、外国語習得の基本要素であるに違いありません。文法偏重による弊害があるから、文法はすべて悪、と断罪するわけにはいきません。英語習得の道具として、また文理解の手助けとして、さらに自ら語を組み立てて、英語を話すためのルールとして、文法は生き続きるでしょう」

このような考え方に立ち、公文プリントで最初に出てくる文は
「The dog runs.」「I eat apples.」
のような定型文(文のかたちがばらばらな日常文ではなく)です。基本の「型」の英文をひとつずつ身に着けていき、だんだん長くなってきても、常にそこまでの学習内容で理解できるようにリライトされた文章を使っています。(原書で読むのはなんとM教材以降です)

そして常に「対訳」をつけることで理解を助けるわけです。

教材体系の考え方としては、もうほんとに理想的だと私は思うんですが…

それでいて我が家の息子たちにとってはほとんど何の意味もないものと化してしまうというorz
(前回記事:公文の英語について思うこと)

まさに、「馬を水場まで連れて行くことはできるが水を飲ませることはできない」でしたっけ、英語と日本語の対比に興味を示さない、英文を読みたくもない子に英語の勉強をさせるのは大変です。

こじろうの場合はむしろ一般的な塾で、テストとか点数とか偏差値とかあるのがよかったようです(中三時に行った市進)。学校の授業でやる「習うより慣れろ」英語はまったくこじろうには向かず、きっちり形で説明してくれた塾はよかった。加えて、点数とか偏差値とかが彼のモチベーションを支えるというわけです。やれやれ。語学ってそういうもんじゃないと思うんだけどねぇ。

またろう英語に何が効くかは今でもワカリマセンorz

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-04-28 21:44 | 中学生活 | Comments(0)

<< 中学受験、親のやるべきこと(ア... 公文の英語について思うこと >>