学校の価値は入学後に決まる   

「お得な学校ランキング」的なものがあったりすると、それぞれの学校の価値というものが、まるで何か決まった数値のようにあって、一列に並んでいるかのような錯覚を起こしそうになりますが、

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←親も子も学校大好きだと、イイコトが起こりやすいんです。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

もちろん、そんなことはありえませんね。

仮に、大半の人が「この学校に入ってよかった」と感じ、六年間たいへん充実した学校生活を送ってたくさんのことを学んで巣立って行く学校であっても、

「こんな学校に来るつもりではなかった」と欝々としていて、
クラスメイトのことも避けるようにして友だちを作らず、
学校滞在時間は最低限にしてもちろん部活も入らず、
放課後は早々と塾に通って、学校の授業はほぼ無視して塾の勉強をする

…というような過ごし方をしていたら、当たり前ですがその人にとってその学校の価値はとても低いものになります。

入試の本番までは、よりよい(合う)学校を選び、その学校に合格できるようにするということが、中高の六年間の価値を高める方向の努力ということになりますが、

いざ進学先が決まった、そのときからは

学校を好きになり、学校から最大の価値を引き出す生活(もしくは考え方)をするということが「お得」ということになります。

熱望の第一志望に合格して入学することは、なにしろ期待感に満ち溢れ、すでに学校のことが好きな状態ですから、とても恵まれたスタートが切れるということになりますが、

それだけで決まるってものでもありません。

むしろあんまり理想化してしまうと現実に興ざめってこともあるかも。
だって、実際の学校はうれしいこと楽しいこと、しんどいこと嫌なこと、いろいろあるわけだものね。

あるがままの出来事を受け止めながらも、
どんどん楽しいことを見つけていく、
困ったことがあったら、解決したり、ときには逃げたり、上手に渡っていこうとする、

それから、ちゃんと夜寝て朝起きて食べて元気に学校へ行く、というような健康・体力面が気持ちに及ぼす影響の大きさも侮れません。

そう考えると、新しい生活に、ほどよくポジティブな気持ちで馴染んでいけるように、親のできることってのも地味ですがいろいろありますね。

まずは落ち着いた健康的な生活が、ゆとりを持ってできること。塾や習い事や、歯の矯正とか(^^;; 受験中いろいろとてきなかったことを一気に盛り込もうとするよりは、まず学校生活を軌道に乗せる。

学校の良い面を見出していくことを、少なくとも邪魔しない。入学する学校に不満が実はあっても、ゆめゆめ、マイナスオーラをまき散らさないこと。できれば、子どもの話を興味を持って聞いてあげて、学校の他保護者や先生とのコミュニケーションも円滑に。

部活選びの際には、親がやいのやいのいったり押し付けたりせずに、子どもの意向を尊重する。けっこう親にとって意外なものに入ったりするんですが、たぶん本人なりのわけがあります。その「わけ」のほうが親の意見よりは後々重要です。

部活、けっこう重要です。クラスと、部活の二場面に根を生やすことによって、人間関係の安定性が増します。誰かとうまくいかなくなったときも逃げ場がありますから。

よいスタートが切れますように(^^)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2016-03-29 22:44 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by blue at 2016-03-31 10:10 x
まさに先日の母飲みで話題になりました!
学校に「自分の」意見を言う親が多い。行事を減らして!部活の練習を少なくして!そして勉強時間を増やして!など。子どもの意見ではなく大学進学を意識した親側の意見。学校に言っているぐらいだから子どもにも言ってるでしょう。それだけで楽しさ半減かも・・。
もう少し、予備校ではない学校という「場」の大切さを考えてほしいな。と思いますね。私学はファンクラブなので、進学先のいいところを探して「だんだんと」好きになっていくのが子どもにとっても親にとっても幸せだと思うのですが。
※ところで「決してマネしないでください」面白すぎました!
Commented by an-dan-te at 2016-04-01 12:20
blueさん、
親御さんが行事や部活を減らしてなんて要望を出すんですね(^^;; そこいらへんは、納得いくテイストのところを選んで入って、あとはごちゃごちゃ言わないで通うほうが得策だと思いますね~

だって、学校だって元々のポリシーがあって現在の姿でやってるんだろうから、一部の親が要望したからっていちいち変えないよね。だったら、親が不満であるということが子どもに伝わる分だけマイナスというか…

「ファンクラブ」!! 確かに~私立だものね。それでうまくノレればお互いにハッピーなので。

> ※ところで「決してマネしないでください」面白すぎました!
でしょでしょ(^^)

<< 「偏差値の生みの親」死去 数字じゃない褒め方 >>