受験生のお正月(一月校の過去問)   

今年も今日で終わり…早いものです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←持っている実力をしっかり出せるように準備する。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

六年生の冬休みは、冬休みといっても、ぎっしり詰まった冬期講習でてんこ盛りかと思いますけど(こじろうもバイトのコマが詰まっててたいへんみたい)、一月一日とか二日はさすがにお休みでしょうか?

そしたらまぁそこが本当の冬休みってことで…

ほんとにコタツにみかんでのんびり過ごすのも一興ですが、
一月校の過去問に手をつけていない人はぜひこの機会にまとめてやってみてください。

はなひめのときは、
一月一日に一月一校目の過去問を四教科セットで(過去記事:「新春過去問祭り: 一月一校目」)
一月二日に一月二校目の過去問を四教科セットで(過去記事:「意図しない採点ミスで知る二点の重み」)
やりました。

一月一校目は、偏差値的には余裕ありまくりだったので、こういう場合過去問を解いていかない人もいるかなと思うんですが…まぁお好みですが…私としては一度はやっておきたいと思います。

出題形式や出題内容に癖があったりすると子どもは思わぬところで引っかかって、思わぬ結果を叩き出すことがあります。たぶんこじろうみたいなテストの集中に優れた子はそんなに危険がないと思いますが、はなひめみたいに、暖房の吹き出し口がどうとかいっていきなりどかっとやっちゃう子は要注意です。

りんこさんの「偏差値30からの…」にも、たこ太くんが絶対落ちないといわれた土佐塾でやらかして、まさかの不合格で、ぐるんぐるんになるところが出てきます。もちろん、その現実の不合格を糧にして二月受験につなげればいいことなのですが(たこ太くんも実際にそうなったわけで)、親の心臓には悪いですね…

特に、はなひめの場合は最終の模試で大失敗していますから、ここはちゃんと確認して相応以上の結果を出し、手ごたえをつかんで次につなげる流れにしたいと思いました。


中学入試では、国語の出題に各校の癖が強く出やすいので、はなひめの場合も、第一志望の学校と、一月校の傾向はまったく異なりました。

異なるから無駄かというと必ずしもそういうことではなくて、
「こういうのもあるんだ」と知って
どうすればいいかを考えて
実施して
成功して

その次。

という体験は、ちゃんと生きます。具体的にいうと、何か安定感(robustness)が出てくるというか。過去問を丁寧にやり込んだ第一志望校だって、行ってみたらば何か意外な出題というのはあるかもしれないですよね。そういうときに、ちょっと慌てずに対処できるという感じです。

せっかく受けるのだから、第一志望校合格につなげましょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-12-31 08:29 | 中学受験 | Comments(0)

<< やる気スイッチはどこにある 塾選び: スモールステップ比較... >>