最後の模試でやらかしちゃった人へ   

世の中がメリクリで浮かれているころ…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←模試は模試だから
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

最後の模試の結果がどっしりとのしかかってくるわけです。

ここで、ぱーーーっと良い結果が出ると、気分よく年末年始が迎えられるとしたものですが、
どかっ
とやってしまうと、この先、明快な数字で出る挽回チャンスがなかなかありません。

うちの受験のことを思い返してみますと、なぜだか
・こじろうは、年間平均マイナス2ポイント
・はなひめは、年間平均マイナス7ポイント
ということで、いずれも六年の中では最低記録を叩き出しています。

(けど、年間平均マイナス2で最低って、よく考えるとスゴイネ)

結果としては二人とも無事第一志望に合格していますので、
別に最後が悪いからってそれを「下降傾向」とは捉えなくていいと思うんですが、

失敗は失敗として、そこから学んで(その部分については)もう大丈夫、という
具体的な根拠のある自信をつけて本番を迎えられたらいいかなと思います。

私は(親の)メンタル面のための「お祓い」ということでいずれのときも室長先生に面談してもらってます。

塾の個人面談(こじろう)
厄払い個人面談(はなひめ)

「それでも親御さんの気持ちとして安心できないというのは、わかります。どっと下げたのが最終回ですからね。でも、これで『しまった』と本人が感じてちゃんとその後につなげれば、プラスにもなりますよ。一月受験の失敗と同じです」

室長先生やっぱりウマいですな…

効きます(^^;;

そして結果的には、
・こじろうの問題点は国語。
公開模試の国語は結局最後まで歯が立たなくても、第一志望の過去問国語はばっちり取れてた。

・はなひめの問題点は集中力。
暖房の送風直射とかそんなことでもうダメダメになっちゃったけど、2/1は本人が本気なので神がかり的な集中を見せる。

…というわけで大丈夫でした。

マイナスの結果を、プラス(伸びしろ)を生む材料に替えて、よい形で本番へつなげてください。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-12-25 08:06 | 中学受験 | Comments(3)

Commented at 2015-12-27 15:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2015-12-28 20:18
***(2015-12-27 15:19)さん、
関西はほんとにもうすぐなんですね。

苦手の算数を基礎からコツコツ積み重ねて、60超えまで漕ぎつけたのはほんとにすばらしいと思います。これからの人生に活きてくる力を身に着けたといってもいいのではないでしょうか。

ただ、過去問が解けるようにするまではまだひとつ壁があることも多いので、別途演習することは必要ですね。

解説を読んだらわかるとのことですから、わかった→見ないで解く(覚えていたのでもよい)→解説と突き合わせて確認 というのを何周かしたら慣れるのでは。基礎がないところに10日間くらいの演習してもどうにもなりませんが、偏差値的には足りてるので、まとめて数日やるだけでもかなりつかめることはあります。こじろうの一月二回目の算数はそんな感じでした。
Commented at 2015-12-29 13:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 塾選び: スモールステップ比較... 中一のときの立ち位置は、大学受... >>