りんこVSアンダンテ対談イベント無事終了!!   

会場ぎっしり熱気ムンムン、りんこさんパワーはやっぱりすごい!!
来てくださった方々、手伝ってくださった方々、ほんとうにありがとうございました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←私も元気もらって帰りました
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

昨日、初のりんこVSアンダンテ対談イベント「中学受験で幸せになる方法」が無事終了しました。
f0185839_9234269.jpg
(二次会会場にこんなのがバーンと↑)

私が正論すぎる話をするとりんこさんがつっこんでくださって、いい感じの会になったと思います(^^)

およその進行はこんな感じで:
1. (いまさらの)自己紹介
2. (恋におちる)志望校選び
3. 中学受験で幸せになる方法とは
4. やる気スイッチはどこにある
5. Q&A

りんこさんと私はそれぞれ二回、子どもの中学受験を経験しているわけですが、それぞれ二回目のときの志望校選びでは
「学校に二、三歩足を踏み入れたとたんビビビってくる」
という体験をしました。

それで、実際にそこに合格して、通ってみたら、幸せ~♪という運びになっているわけですが、

「ビビビってくるってのがわからない」とおっしゃる方のために、学校を見る(感じる)ポイントについてそれぞれ思うところを語りました。

私も、一回目のときには「ビビビ」ってほどわからなかったしね…(それでも結果オーライではあったのですが)

ところで「ビビビ」の中身がなんなのかってのを考えてみると、よくはわかんないんですけど、
最寄り駅から学校に向かう途中の街の様子、行きかう人、といったところからすでにその印象の形成は始まっているようでもあり
(学校は地域から切り離されて存在してるわけじゃないので)

また、校舎のたたずまい、エントランスのつくり、そこにいた人々(先生、生徒、見学者)の雰囲気であるのかもしれません。

とにかく、私は入ったとたん「とてもなつかしい」「ここでは自由に呼吸ができる」ということを感じました。りんこさんは「においをかげ」ってなことをいっとりました(^^;; おおたとしまささんのいう「家つき酵母」ってやつね。

ビビビがわからなくても、まずは学校に足を運び、いいかもしれないと思えばさらに別の機会にも行って、

先生や生徒に話を聞くもよし
先生と生徒の会話を聞くもよし
(それにしても、りんこさんの突撃取材力には恐れ入ります。私はそこまでできなかったよ)

学校説明会では当然、表向きというか、いい話しかしないのですが、それでもわかることはたくさんあります。
その学校が「いい」と思って語る内容が、自分にとっては「いい」と思えないって場合もあるものです。
「校長がしゃべってる間に寝ちゃった学校は即ダメです」(りんこさん)

相談コーナーがあればこちらからつっこんでいけるからもっといろんなことがわかりますね。
「ズバリ、今年の理科は何が出ますか?」って聞いたら、そりゃずばり教えてくれるわけはないけれど、どんな反応を返すかで学校のキャラが出るでしょう。
「いじめがあったときの対応は?」って聞いたら、そりゃー「放置です」って答える学校はないけれど、これまたどんな反応をするか様々です。

その学校の生徒さん(特に高校生)が、素敵だなと感じるならばそれは脈ありなんですけど、自分の子どもと関連まったくなく素敵(人種が違う感じ)でもしょうがないんです。子どもが成長してちょうどこんなふうになるだろう、なったらいいなと思えるような「しっくり感」が必要です。常に子どものリアルから出発すべし。

その他の話題についてはまた後日。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-12-13 10:00 | 中学受験 | Comments(17)

Commented by まねき猫 at 2015-12-13 12:02 x
昨日は楽しいお話をありがとうございました。
すでに時遅し…と、6年母は今日までの自分を振り返ったることも多かったです。
志望校のビビッと恋に落ちる話、なかなかそこまで行かないな~と思いつつ、
もう、息子の「俺、ここに入る」を信じて邁進中です。
それにしても、男の子の根拠のない自信はどこから来るんでしょうね~。
Commented at 2015-12-13 14:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-12-13 14:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-12-13 18:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みーま at 2015-12-13 23:53 x
アンダンテさん、昨日はほんとありがとうございました。
憧れのアンダンテさんとりんこさんにお会いできてとても嬉しかったです!
またろうくんのお話しも、色々お聞きできてとても励みになりました。
相変わらずROMの方が多いとは思いますが、これからも記事を楽しみにしています。す
Commented at 2015-12-14 08:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2015-12-14 16:39
まねき猫さん、
ご参加いただきありがとうございました。
そうでした、なんか自分の得意分野というかしゃべりたいテーマをしゃべっていましたが、特に今の季節の六年母に役立つような話じゃなかったですよね…ということに後から気が付きました。

でもりんこさんや会場の皆さんのパワーが伝染しただけできっといいことありますよ(^-^)

> それにしても、男の子の根拠のない自信はどこから来るんでしょうね~。
私も理解できないんですが、たとえ根拠はなくても自信があるほうが実際いい結果になるみたいなので。このままぐぐーっといってもらいましょう!!
Commented by an-dan-te at 2015-12-14 20:58
***(2015-12-13 14:33)さん、
ご参加いただきありがとうございました。お楽しみいただけてよかったです。
そうなんです、こういう会では、参加者同士でお話ししていただく(あるいは知り合いになっていただく)
のも大きな狙いですので(^^)
Commented by an-dan-te at 2015-12-14 22:17
***(2015-12-13 18:29)さん、
お茶タイムはしゃべりやすい人数になってまた楽しかったです(^^)
コメントありがとうございます。
どうぞ気軽につけてね
待ってます!!
まぁほら書くと整理できるってかちょっと冷静になるんですよ。試してみて。
Commented by an-dan-te at 2015-12-14 22:20
みーまさん、
ご参加ありがとうございました!!
またろうの話…は、あんまり全体でそこまですると発散するように思ってつっこまなかったのですが、またろう話中心で聞きたい/しゃべりたい人には少数で別開催とか。。がいいかもしれないですね。
Commented by an-dan-te at 2015-12-14 22:32
***(2015-12-14 08:49)さん、
「将来像」が、単に親の好みにすぎず、子どものリアルと無関係だったら意味ないものね。

別に塾のいう「上を目指す気持ち」だっていいところはあるんだけど、無理目でもがんがん行くってのは本人主導でそうなるときでないとだいたい歪むんですよ。親が誘導してうまくいくもんじゃない。親は子どもの「幸せ(笑顔)」がどこにあるか考えれば十分と思います。
Commented by シャムロック at 2015-12-15 22:26 x
とても楽しく、貴重な会を、ありがとうございました。りんこさんは、そう言われるのを嫌がってらっしゃいましたが。私にとってもまさにレジェンド宴でした。

アンダンテさんのブログと出会って5年、私はこちらでは、我が子の成績低迷によるネガティブ発言ばかりで。それをアンダンテさんはいつも、なだめ、励まして下さり、本当に感謝しております。

このたび、直にご挨拶するのも恥ずかしい立場でしたが。
今、上の子が、おかげさまでとても幸せな学校生活を送れていることを、お伝えしたくて、参加いたしました。
お会いでき、感激いたしました。
でも、結局下の子の話中心になってしまいましたね。

上とはまた違った悩みの多い下の子の受験ですが。可愛いがってもらえそうな学校に入れるよう、サポート頑張ります!
Commented by an-dan-te at 2015-12-17 12:24
シャムロックさん、
ようやくお会いできてよかったです(^^)

紆余曲折あっても結局、幸せな学校生活にたどり着ければやった甲斐はありますよね。はなひめも「中学受験してほんとによかった~」とときどきしみじみ言ってます。

きょうだいでもぜんぜん違うところで悩んで経験値が生きないというのはあちこちで聞く話ですよね(うちも)。まぁあとしばらくがんばって、かわいがってもらえる学校に入れてね!!
Commented at 2015-12-17 15:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by くるみ at 2015-12-18 09:03 x
お疲れ様でした。
盛り上がったようで、なによりです。

ところで、
>またろう話中心で聞きたい/しゃべりたい人には少数で別開催とか。。

ぜひお願いします。
こういう子だった、今もこういう子だと、全部ありのままに話して、聞いてもらいたいのです。
実は、親兄弟にも親しい友人にも、ありのまま話せてないことがあります。
言うと、引いちゃうんじゃないかと思って。
こういう子を育てた人じゃないとわからないかなあと。

年齢とともにかなり成長しましたが、それでもまだ、能力の凸凹や思い込みの激しさ、視野の狭さ、一般常識、言語能力の欠如の部分があり、そういう場面に遭遇するたびにどうしようもなく不安にかられます。
良いものもってるだけに・・(T_T)

今悩んでいるのは、そういうコウ太を、まだ素直に受け入れられない自分がいることなんです。
生温かく見守れるようになりたいのです。

親の力でなんとかしよう、という時期は過ぎ、こういう子なんだ、だけどこういう良さがあるんだ、と言う方向に向かわなければならない時期にきてると思うんです。

子供の性格(親と相性が合わない^^;)や能力の凸凹で悩んでいる親の会があったらなあ、と。ぜひぜひ。
溜め込んでるものを吐き出したいわ~
Commented by an-dan-te at 2015-12-18 22:15
***(2015-12-17 15:10)さん、
ほんと、ほとんど初対面同士ですごい盛り上がりでしたよね、会場中。

***さん、三次会までお付き合いいただきありがとうございました。あのくらいの人数になるとようやくしゃべりやすくて(^^;;

りんこ&アンダンテのイベントだとどうしても男子の母が多いですね。アホ男子の生態に悩む人々を引きつけちゃうので。でも**な子ほどかわいいというのもまた本当でして、ちょっと通り過ぎるとかわいいんですよ。

あとちょっとがんばってね!!(^^)
Commented by an-dan-te at 2015-12-19 08:04
くるみさん、
今回のイベントでも、「またろう族の母です」と名乗って(!)くれた方が数人いらしたんですけど、その話を中心にするわけにもいかないし、半端かなぁと思って。

そう、案外身近な人(親とか)には吐き出しづらいし、そういう会はぜひほしいよね。

> 生温かく見守れるようになりたいのです。
それね、ほんと。

目の前から消えちゃうの(下宿)って大きいです。
でもくるみさんとこは下宿にならないし。

<< 中一のときの立ち位置は、大学受... お手伝いは受験の妨げなのか!? >>