お手伝いは受験の妨げなのか!?   

なんか、尾木ママと佐藤ママが激論するテレビ番組があったらしいですね。私は見てないから議論の内容の詳細はわかりませんが。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←お手伝いしたら受かるってもんでも、したら落ちるってもんでもないけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

いくつかのサイトを見たところによれば、大雑把にいって、尾木ママが手伝い必要派で、佐藤ママが不要派。尾木ママの「必要」は、もちろん受験のために必要(あるいは有利)という意味ではないけど人間としての成長に不可欠な部分を担っているという考え方で、それに対して佐藤ママはしなくてもいい、受験のためにはむしろしないほうがいい(時間の無駄)という考え方のようです。

我が家での「お手伝い」、まぁ、お手伝いというより子どもが分担する家事といいますか、それは単なる生活上の必然であって、良いとか悪いとかそういうこととはあまり関係がありません。

親がいないと食事や弁当が作れないというのでは不便だから、やるようになるし、
その他の家事も、子どももやれることをやっていかないとなかなか回らなくてサービスレベルが落ちるから、やるようになるわけで。

こじろうは、日能研に通うようになったとき、自分で塾弁を作り、当然ですが塾へ行くときには駅まで自分で歩いて通いました。そしたら、よそのお母さんが弁当も作ってくれるわ、車で駅まで送ってくれるわという話を聞いて、

「うちのお母さんはサービスが悪い」
ということに気づいてなんか不満を言ってたこともあったんですが(^^;;

「よそはよそ、うちはうち」
で決着しました。

受験の妨げになるかっていう話でいうと、まぁうちの子たちは誰も寸暇を惜しんで勉強してないからあまり関係ないと思う…そもそも、その程度で入れるところに確実に合格しようってのが我が家の受験だし、お手伝いをさせないでやれば開成に受かりますって言われても(←たぶんそんなことはないのだが)別にそれを魅力には感じない。

一方、子育ての一環として(そういう確固たるポリシーを持って)お手伝いに取り組ませたのかといえばそんなことはなくて、たとえばまたろうは料理がかなりできるしその他修理(扉の建てつけが悪くなったときの調整とか)なんかもできるけれど、下二人はそこまでできない。これは、子どもそれぞれの育成を考えたのではなくて、単に生活がうまく回るようにってことしか考慮してなかったから。

またろうができるようになっちゃうと、下を育てるよりまたろうに頼んじゃったほうが早いからついそうなる。
(…そのせいで、またろうがいなくなっちゃった今、困ってるわけだが…)

それでも、下二人だって食器洗いとか風呂洗いとか、おいしく紅茶を入れるとか、味噌汁炒めものくらいの料理とかはふつうにできる。そういったもろもろの生活上のことができないよりはできるほうがいいし、というより、やってないよりやっているほうがいいとは思う。

つまりどういうことかというと、家事に関しては、できるできないという能力・スキルのことより、実際にどれくらいやっているかということのほうがさらに大事なのだ。

なんとなくだけど、そういう「生活上必要なこと」を日常的にこなしていると、精神の安定性、心の健康に効くと思う。朝になったらお天道様を浴びるみたいなもので。自分というものがちゃんと役に立って地に足をつけて生きている感覚とか、同じように自分以外の人を大事に思う感覚とか、そういったものにつながっているんじゃないかな。

だから、広くいえば受験にだって役立つ、と私は思うんだけどね。

受験って、行きすぎちゃう、煮詰まっちゃう、こじれちゃうとか、常に「過ぎる」危険をはらんでいるものだけど、そのときに、生活していくうえで必要な家事ってのは、受験があるとか仕事が忙しいとか不得意だとかいうこととは関係なしに、やらなきゃしょうがないもので、やったら家族で快適だと、まぁそんな当たり前のことが実感できるのはいいことなんじゃないかなと思うのです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-12-08 21:44 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by マロ at 2015-12-10 21:13 x
アンダンテさん、お疲れさまです^ ^

手伝いと受験勉強ですが、うちは一人っ子で甘やかして育ててしまい、子供自身は手伝いは気が向いた時やるとなってます(-。-;

主人には受験勉強と生活は別もので勉強を免罪符にしてはダメと言われてますが、なかなか上手く手伝いを日常化できません‥

勉強しないでゲームに夢中になっている時、勉強しないならお風呂洗って!と言うと、勉強するよとなります(・・;)

これでは日常化しないですよねぇ‥
でも将来的に困るはずなので何とか対策せねば。
Commented by めい at 2015-12-11 09:39 x
こんにちは

そこそこの大学にいくとクラスにやはり数人は、身の回りのことをしなくていいと育てられた人〔大抵男子〕いませんか?
もう、家の用事は女がするものと、この時代に家族全員で思っているので結婚後奥さんは大変そうです。
Commented by an-dan-te at 2015-12-13 09:04
マロさん、
お子さんにやってもらわなくても日常が回るとなればなかなか定着しないものかなと思います。実際には、必然性がないとしても、「演出」するといいかも? 手が離せないアピとか(笑)家事をするとちゃんと役に立ってる、助かってると思ったら口には出さなくとも「やってよかった」と思うんじゃないかな。

> 勉強しないならお風呂洗って!と言うと、勉強するよとなります(・・;)
はは(^^;;
どうせゲームしてるときなら、「勉強しないならお風呂洗って」ではなくて単に「お風呂洗って」と頼むほうがいいかもしれないですね。勉強してれば家事はしなくていいみたいなメッセージになっちゃうとシャクなので。
Commented by an-dan-te at 2015-12-13 09:05
めいさん、
そういう男子はけっこういると思います。
ほら、私の隣にも!!

よしぞうは、育児に関しては主体的に担っていましたけど家事はお手伝い的なポジションから離れられないです。染みついたものって強いですよね…

<< りんこVSアンダンテ対談イベン... 社会が苦手という環境遺伝とか(... >>