中学のうちは英数で平均取れてれば放置でいい   

私が某所で「中学のうちは、学校の定期テストの英数で平均取れていれば大丈夫(親は放置でよい)。あとは高校になってからどこかのタイミングで本人が大学受験勉強として始めればいいこと」とつぶやいたのを読んだ方から、ご質問をいただきました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←あんまりさぼってちゃさすがにあとが大変
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

------
中学は平均とれていれば大丈夫、高校で受験勉強を始めれば、・・とよく聞きますが、なぜなんでしょうか。ずっと気になっていたのですが、一貫校の話はよく分からなくて・・。

よく体験談なんかでも、中学の時は成績が悪かったのに、高校で勉強をはじめたら受験がうまくいった、と聞きます。それはご本人の潜在能力が高かったから?中学の勉強は大学受験にあまり出ない、もしくは関係がないから??
------

それで、本館ブログに書くかこっちに書くか迷ったんだけど、まぁ勉強熱心な方はこっちのほうが多そうなのでこちらに書くことにしました。

まず、「学校の定期テストで平均が取れている」というざっくりした基準では何を担保しようとしているかというと、
・学校の授業についていけている(授業を聞き、消化する意思と態度と理解力をもっている)
・大きな基礎落ちがない
…の二点です。

とにかく、なんで中学受験させてわざわざ私立に入れるのかといったら、何かと親子関係ややこしいこの時期を、無駄に干渉して摩擦して疲弊して過ごすのではなくて、平和に好きなことに没頭して過ごすようにしたいということが一つの大きな理由じゃないですか?? (少なくとも、私はそうだ)

だから、勉強に関しては「そこそこ」やっていてくれさえすればあまり口出し手出ししたくないんですが、

あまりにもな状態を放置しておくとそれはそれで、本人がいざ進路を考えようってときに選択肢がめちゃくちゃ限られることになっちゃうので…

で、確保したいのが「大学受験勉強を始められる状態」ね。

それには、英数の(学年相当の)基礎があらかた整っていること、勉強をすることができること、心身とも健康なこと。

「勉強をすることができる」というのは、授業を吸収できる態度、勉強時間を確保できる生活が身についていて、勉強のやり方もまぁまぁわかっているということ。あくまで、「勉強時間を確保『できる』生活」なので、実際にはそれまでのところほとんどの時間を部活とかにつぎ込んできた、というのは別に構わないんですけど。

そのための目安が「定期テストで平均点」。そこそこ授業を活用して勉強できており、結果として基礎はまぁまぁ身についている状態。

「中学の勉強は大学受験にあまり出ない」なんてことはありません。もちろん無茶苦茶大事なんだけれど、仕上げは後からでもいいんです。高校の勉強が乗せられる程度の土台ができていれば。

中学の間に、もっともっと勉強して、平均でなく、高得点を目指すためにがり勉するのは、そんなにその後に効いてこないと思う。(がり勉しなくても、なんか呼吸してるだけで(?)トップとれちゃう人ってのもいるし、それはそれでよくって、そういう人はあとになってもやっぱりできるけれど)

私が中学生だったとき、成績はたいしていいほうじゃなくて、各科目押しなべていって中の上くらいだったと思います。分布表とかないからはっきりとはわからないけど、もっと9とか10とかいっぱい取ってた人もいたはず。私は相場が8で、7とか6もけっこうあったからね…

でもそうひどくはなかった。英語も数学も、まぁだいたいはわかってたし。

だから高校になって、駿台に通うようになったときも、「勉強をすることができた」し、おもしろいとも思ったんです。

高三になるころ、気が付いたら、学校の中での成績もそこそこよくなってきました。相変わらず、学校の勉強はほとんどしないんだけど、テストでは相対的にいい点が取れるようになってきたので。

高校生になってからの成績、あるいは大学受験ということであれば、中学でやる勉強の基礎はもちろん大事だけれど、そのうえで、勉強の仕方や、理解力や、生活時間の組み立てや、意欲といったことでパフォーマンスが決まってくると思います。

そのときに、中学部分が「だいたい」できてるというのと、高得点を目指して緻密に緻密に勉強時間かけてたというのとでは、あんまり違わないような気がするんです。

それよりは、「勉強をすることができる力」を充実させておくほうが結果はよくなるんじゃないでしょうか。それで、「勉強をすることができる力」というのは、案外、勉強以外のことを通して身についたりするものだから…

中学時代、幅広い体験もして、好きなことも熱中するのがなによりです。勉強ばっかりしてちゃ時間がもったいない。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-11-12 13:38 | 中学生活 | Comments(6)

Commented at 2015-11-12 23:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2015-11-13 21:11
***(2015-11-12 23:18)さん、
そうそう、本当~に楽しそうにやってる、勉強以外のことってのがだいじなんですよ。人生にも、大学受験にも。

せっかく入った学校の中高生ライフが充実してることがまずなによりですよね。
Commented at 2015-11-16 08:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-11-16 13:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2015-11-16 21:51
***(2015-11-16 08:24)さん、
充実した中高生活を送ったのち、浪人中というわけですね。まぁよくあることです(^^;;
六年間で得たものは一生の財産になりますし、一年ちょいと横道なんてこれからの人生の中ではたいしたことはありません。でもせっかくだからこの一年はがんばって、ビシッと決めてほしいですね!!
Commented by an-dan-te at 2015-11-16 21:55
***(2015-11-16 13:33)さん、
中学校の間ずっと低迷してからの、スイッチの入り方が素晴らしいですね。
でもやはり中一の教科書から引っ張り出しての自力復習は並大抵のことではなかったと思います。そこまでやれたパワーはすごいですが、みんなにお奨めできるものでもありませんね(^^;;

というわけで「そこそこ」やっておけば無難ですが。でも、とことんたるんでみたことも案外よい経験になっているのでは??

<< 鳥居りんこVSアンダンテ初対談... 苦手科目の克服~算数編(アクセ... >>