心が折れたとき   

はなひめの受験を振り返ってみると、模試の結果とか、過去問の出来とかが
「うそっ」てほど悪いときはわりとあったけど(^^;;
心が折れたときってのはあまりない。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←中学受験生活、山あり谷あり
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

学習上のことではしょっちゅう問題点だらけで、あぁでもないこうでもないってやってたけど、
精神的にはわりと堅調だったのよね、親も子も。

こじろうのときはそうじゃなかったんです。成績的には危機というほどのことはなく、
偏差値の揺れ幅も最小限、
第一志望に偏差値的にも足りており、過去問との相性もバッチリ。
なのに、六年夏休みの終わりごろには沈滞ムードを迎えていたり、
11月には「ストライキ事件」なんてのまでありました。

過去記事
こじろうのストライキ
こじろうのストライキ、その後

この「ストライキ」状態になぜ陥ったのかは、結局のところよくわからないんです。

一般的にいうような「詰め込み過ぎ」ではぜんぜんなくて、このころ(六年秋だというのに)こじろうは「(塾がない日なら)五時まではお友だちと遊ぶ」「その日の課題を終えたらゲーム自由」という状態で、すごいゲーム三昧。はなひめと違って「にんじん」ぶら下がってれば集中する子だから、短時間でちゃちゃって済ませてどんどんゲーム時間が延びていき、仮に受験生でなくてもゲーム時間は一日一時間程度にとどめておいたほうがよくはないだろうか、ってそこが心配になるくらいの状況だったんですから。

考えられることとしては、勉強に関しての危機感がなさすぎて(今受けても受かるんじゃね? みたいな)受験勉強に対してのモチベーションが保ちにくかったこと、そこへ日々の課題や塾の授業やテストなど、受け身的な負担感があったことなのかなと思うんですが…

それと、ちょっと感じたことですが、ゲーム時間が多すぎるのはあまりよくないんですね、たぶん。
いや今更何をという感じですが、勉強をするしないということについては、たとえば同じ条件だったとしても、
残りの時間を、外遊びとかだったら受験勉強とまったく違う過ごし方ですから、すごくリフレッシュできると思うんですが、ゲームというのは、あまり「疲労」を取ってないような気がするんです。

時間に追われる、緊張する、刺激に反応する、それらを受け身に行う。

もちろん本人が楽しいからやっているんだけれど、ある意味、勉強と似た方向のストレスを溜めてしまうようにみえたのです。

それで、このときのストライキは短期間で収まりました。本人改めて考えてみたら、まぁ整理できて、こんな感じでいこうかなというのが自分で考えてみたのと、実際にやってた(やらされてた)こととほとんど変わらなかったというような。

こんな心の折れ方する子もあんまりいないと思いますが…
(ゲームのやり過ぎなんてカッコつかないよね)

中学受験という、子どもにとっての長丁場ではそんなに一本調子でいかないのが当たり前かもしれませんね。でも、何かドカッと来たということは、日常で溜まった何かが違うフェーズを求めて渦巻いているのだから、そこできちんと格闘しておけば、よりよい流れに持って行けると思います。「よりよい」が親の描く方向とは限りませんが。

心が折れて成績急降下していたことに気づいて立て直した事例
インターエデュ記事「体験談(4) 成績急降下からの立て直し

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-10-26 21:47 | 中学受験 | Comments(6)

Commented by めい at 2015-10-28 14:32 x
わかります!

我が子、勉強するとストレスがたまる、といわれ、一時期ゲームし放題になっていましたが、何だか切れやすくなりました、、、。勉強するしないに間してですが。
嫌だなあと思いつつ、ゲームできないなら勉強したくないとかわけわからない主張に負けて、そのままだったのですが、最近、近視が入り始めたのでもう時間制限なんて甘っちょろいことはやめて、禁止したんです。うちの子はゲーム中毒みたいなかんじだったので、もうタバコと一緒でちょっとならいいよ、とかじゃダメな気がして。

本人も近視がショックで、やめられました。痛い目に合わないとわからないタイプなのでこの先心配ですが。

やはり、何と無くイライラみたいなのがちがいます。

大人でも長時間PCにむかうと妙な疲労がありますものね、、、特に男子は勉強のストレスは身体を動かして発散が鉄則かもしれませんね!


Commented at 2015-10-29 16:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by いか at 2015-10-29 22:01 x
お久しぶりです!いよいよ100日を切りました。
我が家の長男も最近、心が折れたのか?と思うことしばしばです。9月過ぎから勉強に全く気持ち入ってません…元々家庭学習をあまりやらないタチf^_^;)でしたが、夏期講習に疲れはてたのか、メリハリの無い生活に嫌気がさしているのか、はたまた思春期男子特有のモヤモヤしたものがあるのか?いつも「疲れた〜、ゆったりしたい〜」とボヤいてます。受験生にしてはズバ抜けてゆったり過ごしてるのでは?と思っていますがf^_^;)
いかにしてこの状態を抜け出すがが目下の課題です。脅したり(落ちるよ!)、時にはなだめたり(疲れたんだよね。お疲れ〜)してますが、ダラダラモード抜け出せず、本気モードには程遠い…。嗚呼、残り90日も近いというのに偏差値も下降してます。ちょっと感じてるのは、ニキビもチラホラ出てきた思春期男子、身体を動かして発散させるのが良いのかも?なんて事も思いますが、100日を切った今、ただでさえ勉強時間取れてないのに…とついつい考えてしまう器の小さい母でした。ドーンと構えていたいのが本音ですが、そうもできないのですよね、これが…
Commented by an-dan-te at 2015-11-01 16:00
めいさん、
一時、ゲーム脳だとかいう言葉を使って小学校の先生がいろいろ言ってたのですがその非科学的な物言いにはうんざりする面がありました。でもそんな怪しげな科学的フレーバーをトッピングしたトンデモ研究に頼らなくても、生活実感として、長すぎるゲーム時間はダメということでいいと思うんですよね。親でも、先生でも、自分の立場から。

近眼…目の問題もありますね…それも含めて、やっぱり健康的でない疲れが溜まるので、ほどほどにしないとね。でもそれが、なにしろ刺激と魅力が強くてほどほどにしにくいので、全面禁止もいいかもしれません。
Commented by an-dan-te at 2015-11-01 16:17
***(2015-10-29 16:41)さん、
んーそうですね…
***さんからのコメントは非公開ですがこちらからお答えする内容は公開になっちゃうので、ちょっと書きにくいですが(^^;;

確かに、現時点で記述が苦手なのであれば、
「熱望校の合格可能性を最大化する」
ためには、その記述入試の対策に熱心に取り組むよりも、通常タイプの入試で合格をより確実にするほうが得策なのかもしれません。そのほうが現実的・効率的だと思いますしそのアドバイスは真っ当ですね。とりわけ、通常タイプの入試での偏差値が足りてる場合にはそれでいいはずで、高リスクな勝負に挑む必要はないです。

しかし、今記述が苦手なのであればなおのこと、
・求められていることを正しく読み取り
・考察し
・必要な材料を揃え
・達意の文章として表現する、まとめる
という練習を(中学受験の中で)ある程度真剣に取り組んでおいてから中学生になることにも価値があります。

それは今後の学びや大学受験、その先の人生に効くことですから。また、うまくすれば、今回の一般入試のほうの合格を盤石にする役にも立つ可能性はあります。

そこまで考えればどちらの道も合理的です。お好みで選んでください(^^)
Commented by an-dan-te at 2015-11-01 16:27
いかさん、
「疲れ」といっても、この場合、山登りで足が疲れたというのとは違いますので、主観的なというか気持ちの疲れは、別にやった勉強の量に比例しないんですよね。

だらだらやってたり、嫌だなぁとか、やらされてるとかそんな雰囲気で勉強していると、こなせる勉強の量としては少なく、そしてなぜかどっと疲れるということがあります。

こじろうのもそういうベースラインがあって、トッピングとしてゲームのやり過ぎが重なったかなと思うんですが、特効薬は、前向きに勉強して成果を実感できることが一番、そうでなければ違うことでもいいから熱中すること。

「ただでさえ勉強時間取れてないのに」…気持ちすごくわかりますが(^^;; 実質的に勉強量を稼ぐためにはむしろ「体を動かして発散」が得策かもしれないですよね。

<< 苦手科目の克服~算数編(アクセ... 過去問を「やりこむ」ということ >>