過去問を「やりこむ」ということ   

過去問との付き合い方がどういうものになるかは…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←過去問をやりこむことで得られるもの
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

実際、第一志望の過去問を解いてみて現在(秋)のところどんなもんか、ということに大きく左右されると思います。

こじろうのときとはなひめのときでぜんぜん違ったことになりました
(→過去記事: 過去問は出題意図まで汲み取って生かそう)

こじろうのときは、なにしろ九月時点でさらっと合格者最低点プラス二桁点数取れちゃったんで、あとは、ツギ当て。

過去問をやってみて、覚えてなかったこと、理解不足などが明らかになれば、そのへんにツギ当てします。必ずしも、過去問そのまま復習するということではなくて、植物が怪しいというので前期日特テキスト(いろんな学校の過去問が分野別に整理されている)からピックアップしたりしました。

過去問の全体を漫然と繰り返すことはしませんでしたが、国語で、点数が不安だった回は全体を解き直して読解の感覚を確認しました。国語というのはその学校独自の癖が一番出やすいもので、学校によっては正しい読解の態度だけでは解けないものまでありますから、呼吸をつかんでおくことは大事です。

でもとにかく、今から考えれば、呆れるほど楽ちんな話ですね。

偏差値ポジション(R4偏差値から考えた、持ち偏差値の余裕)でいえば、こじろうもはなひめも同じくらいでしたが、過去問の点数状況は大差で、はなひめは「あらどうしましょ」って感じでした。

で、こういう場合は「過去問をやりこむ」という必要が出てくるのですが…

「やりこむ」というのは、ただ何度も解くという意味ではありません。彼我の距離を測って、具体的に埋めていくことです。

たとえば、算数が解けないとき。題意を読み解くところでつまづいているのか、パーツが欠けている(その分野の基礎問題が解けない)のか、パーツを組み合わせるところで戸惑っているのか、時間不足か。

題意を読み解くとか、パーツを組み合わせるということになると、筋道をひとつひとつ親子で確かめながら辿っていくような補い方も必要になるかもしれません。そして、それを確認したあとは、身に着くまで「すりこむ」、ここは繰り返しとなります。

繰り返しの部分は、全体を解くほどのまとまった時間が取れないのと、難しい問題に続けて取り組む集中力が続かないので(^^;; バラでやりました。抵抗なくなるくらいまで繰り返します。

過去問はもう出ない問題とも言われますが、その学校の求めるもの、難易度などの都合があるので、次回に出る問題も、よほど激変の年でなければ過去問と深いつながりを持っています。実際、過去問を「すらすら」になるまで取り組むことで、確実性、スピードの両面が劇的改善し、初見の過去問も…そして本番も、ぐっと解きやすくなりました。

国語は、最初のうち、スピードも全然足りなかったのですが、一番の問題点は設問の意図を正確に汲み取ることでした。記述に盛り込むぺきポイントとして何と何があるのかということです。そして、次はそれが本文のどこからどう読み取れるのかということ、そしてそれをつないでどう表現するかということです。

国語は元が得意だったのに、結局一番過去問に時間がかかった科目でもありました。筋道を確かめる…答案を書いてみる…採点者の立場に立って採点してみる…また書き直してみる。納得いく答案が書けたら、後日全体の解き直しをして、正しい道筋を辿れるかチェックします。

スピードアップのため、読みにくいと感じた本文は音読に付き合ったり、字を書くのが遅いので模範解答を写すタイムトライアルをしたり、いろいろやってみましたが、結局、最も効果があったのは、問題が求めていることが何かを読み解くことに自信が持てるようになったことのような気がします。自分で解説を読み込んで、正確な採点ができるようになったころには、国語にも不安がなくなりました。

ここまでやりこむにはずいぶんな時間がかかっています。

しかしそれだけのことはありました。
・問題がとてもよくできていたので、算数についても、国語の読解についても、目から鱗が何枚も落ちて、いろんな発見があり、勉強になりました(私も)。
・学校が入学者に求めるものがはっきりとわかり、このような入試問題で選抜を行っている学校に娘を預けたいという信頼と確信が持てました。
・偏差値が足りているというのは、確率の受験です。80%合格するというのは、5回のうち1回落ちるということです。そうではなくて、きっちり合格答案を書けるだけの確かな実力がついたと思えました。過去問をやりこまなかったこじろうのときとは違う感触です(^^;;

やりこむ価値があるかどうかは、過去問の出来と相性によります。この問題ではここまでの時間をかける価値がないと感じるなら、そこまでの「ご縁」の学校ということでしょう。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-10-10 23:17 | 中学受験 | Comments(6)

Commented by マロ at 2015-10-11 22:14 x
アンダンテさん、今回の記事ありがとうございます。

過去問をやりこむことの具体的な方法と効果について、とても参考になりました。

残り100日が近づいて、模試だけではなく過去問の出来に一喜一憂している場合じゃないですね。

今できることを親子で実行してみます!
こども、今日は過去問やりたくないと前途多難ですが・・・頑張ります"(-""-)"

Commented at 2015-10-15 10:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2015-10-23 13:24
***(2015-10-11 22:14)さん、
残り日数がカウントダウンされていきますね…
でも最後に「穴が全部なくなる」なんてことはありえないので、
一日いちにちやれることをやって、
一歩ずつ前進してればちゃんと届きます。
ゆく道の見通しがきかないと不安になることもありますが
きた道がきちんと確かなものであればそれで十分なんです。
Commented by an-dan-te at 2015-10-23 13:28
***(2015-10-15 10:58)さん、
偏差値というものさしで順調に上がっているということは、積み重ねがきちんとできているということなので首尾は上々ですね(^-^)
第一志望の算数は…まぁたいがい難しいわけで、仕上がるのはまだしばらく先(年明け!?)かもね。でも、慣れれば偏差値なりのものは取れるようになるでしょう。

ここからじっくり算数過去問に取り組んで突破した暁には、入試の点数的にも力強い味方になりますが、努力→手ごたえをつかんだことが大きな財産になりますね。
Commented at 2015-10-23 23:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2015-11-01 15:54
***(2015-10-23 23:44)さん、
そうそう。受験でもね、未来のことを考えて今をギセイにするスタイルよりも、今・今・今を充実させていくほうがいいと私は思うんです。受験の結果についても、総合的な幸福度についても。

二月まで、濃い時間を親子で楽しんでください。

<< 心が折れたとき 管理教育からの大転換(海城) >>