苦手科目の克服~国語編(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

アクセスラボに書いた記事、最初が去年の10月だったんですね。だから、9月分までで1年間…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←国語苦手ときたら次の記事は算数苦手でしょう(ほんとう)
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

で、終わりのはずだったんですが、続けてくださいってことでもう一周。えっ、どうしようかと思ったけど今度は中学受験に絞って書いていいということなので、じゃいいかなと。ここまで一年分は、なにしろ中学受験と高校受験と両方の読者に向けて書いてくださいって無茶振りだったんでなかなか書きにくかったところもあって…わりと開き直って中学受験寄りに書いてしまったこともあったけど。

そして二周目の初回は特に私の得意分野、「苦手科目の克服~国語編」(←アクセスラボリンク)です。

というか、さんざん長々書いてきたので何か新しい秘策があったりするわけじゃないんですが、まとめて短く書きました。

中学受験で、国語と算数が両方問題なくすいすい勉強できたら、そりゃーうまくいくだろうけれども、世の中そんなお子さんばっかりじゃないですね。少なくともうちにそのようなノープロブレムな子どもは一人も生まれませんでした。

算国が極端だとどういうことになるかというと、大手塾のがっちりしたカリキュラム・システムにお任せしていたのでは埒が明かないということになります。どっちか得意なんだったら、苦手なほうの科目にはフィットしない(上すぎる)クラスに割り振られてしまっている道理ですし、それだけではなくて、やはり大勢に合っているはずの授業方法や課題ではなかなかうまく勉強が噛み合っていかないんです。凹すぎて。

こじろうの場合は国語が徹頭徹尾ダメで、どのくらいダメかっていうと、文章の中からある文字列を探すってことも、あるいはある文字列を正確に写すってこともできませんでしたから、そりゃ中学受験の問題をどんどんこなして勉強していくということは成り立ちませんし、さすがにそこまでの面倒見られませんよね、日能研の集団授業では…

それならこういう子は中学受験に向かないから受験は先送りにしましょうっていうのもひとつの考え方ですが、読めない書けない子を放置して中学生にしちゃうと、これまた国語だけでなく各科目の学習が成立しないという深刻な問題が発生するわけです。

それで、中学受験きっかけでさんざん家で手間かけて、漢字も語句も文法も、音読も視写もコツコツと補っていったらば、まぁ間に合ったというか間に合わなかったというか、模試の成績としては最後まであまり頼りにならなかった国語ですが、入試ではあまり足を引っ張らなかったし(滑り込みセーフ?)、

なによりある程度読めて書ける状態で中学生になることができて、これはほんとにほんとによかったです。

そして中学三年くらいのころに本人の中で何かブレイクスルーが起きて、今度は国語が得意になりました。なんで??

今となっては親の手なんか煩わすことなくひとりで大きくなったような顔をしていて、まー(-_-;; それはそれでムカツくってところもありますけど、よかったよかった。

ということで、大手塾でどうもならないような苦手科目(算数/国語)の基礎の基礎を大工事しておくってのも悪くないものです。親が何か人生に効く貢献をできる数少ないチャンスのひとつかもしれません。

このブログの過去記事は→■国語の入り口(読書、漢字、語句)インデックスからどうぞ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験終了組(本人・親) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-10-04 22:20 | 中学受験 | Comments(0)

<< 管理教育からの大転換(海城) 六年秋だというのに社会メモチェ... >>