教育虐待に陥らないためにこれだけは   

私が「追いつめる親」を読んでちょっとびっくりしたことのひとつは、(エピソードの中で)親の暴力がけっこう多かったこと。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←子どもと親は別人格。要するにこれだけのことなんですけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

毎日のように殴るとか、熱いお茶をかけるとか(!)…

お茶かけると後始末がめんどくさくない?? ということはさておき、なんというか、私だって子どもたちの受験の世話をしていて感情的になったことがないなんて主張をするつもりはまったくないけれど、どんなに感情的になったときでも、殴ったりするという発想はなかった。

だって、たかが勉強でしょ?? 殴るようなことじゃないし…

教育熱心と教育虐待の境目は、自分では判断つけにくいってこともあるかもしれないけれど、少なくとも暴力が出てきたら行きすぎ。いくら勉強しなくても、点数が悪くても、命に係わるようなことじゃないし、人間として許されないってことでもないんだからね。

だから、その線はとにかくアウトっていうことでいいと思うんです。しかしもちろん、空気や言葉で真綿のように首を絞めることはできるので、暴力がなきゃOKというのはいえませんね。

(1) 子ども自身のために

この本の副題に
「あなたのため」は呪いの言葉
ってあるけど、「あなたのため」という言葉で親の勝手な願望をくくるから呪いになっちゃうわけで、
真に「あなたのため」を貫くべし、というのがものすごく重要なところだと思います。

子どもがどういう時期にどういう勉強をして、どういう学校へ行って…人生の幸せをつかむのかっていうこと。

理想像はいつでも、子ども自身から見えてくるはず。「○○家の人間だから」とか「私の子だからこれくらいは」というのではなくて、子どもの現状があって、そこを出発点に、これを足してみたらどうか、この学校に入れたら似合うか? ということを考える。

子どもの口から出た「こうしたい」にいつも従わなきゃいけないという意味ではなくて、
子ども自身が成長したあとの将来の視点まで含めて考えて、
真の「本人の意思」に寄り添うように。

ま、実際のところ難しくはあるんだけど。

(2) 将来のために今を犠牲にしすぎない

実務上、行きすぎを防ぐ便利な心得としては、
「将来のために今を犠牲にしすぎない」
というのがあると思います。合格したあとのバラ色の生活のためには、今の生活のすべてを犠牲にしてでも云々というの、それ、なんだかうさんくさいです。

享楽的にだらだらと日々を過ごせというんじゃないですけど、
将来のための積み重ねであっても、今もちゃんと喜びを持ってできるくらいの範囲にしておく。
そうすればそんなに巨大な勘違いにはなりません。

そして、

(3) 親は親自身の人生を生きる

要するに、親自身のやりたいこと…まぁ自己実現といってもいいですけど、そういうものが子どもとは違うところにちゃんとあるってこと。

過去にひどい虐待をしてきた親の中には、子どもに託す自己実現以外の道を断たれたという状況に追い込まれた人も多かったと思います。特に、私の親あたりの世代というのは、特に比較検討するわけでもなく、自分に向いているからでもないのに、自動的に「昭和の企業戦士を支える専業主婦」になってしまったので、子育て以外にクリエイティビティを発揮し自尊心の元となるようなものがなく、しかもそのようなことでどんな心の闇が生まれやすくなるかについて無自覚であることが多かったのではないでしょうか。

しかし私の母は専業主婦だったわけではなく、むしろかなり稼いでいた(昔のピアノ教室は営業力が特になくても生徒がたくさん集まったんです)のですが、仕事にも家事にもアイデンティティを感じることはなく、いっちゃなんだけど「私一筋」だったようです。重いです。

だから仕事をするしないの問題に限ったことではないのですが、ともかく、子どもがどうであるってことが親の勲章として必要だという状況にならないように。


…と、これまで子育てをする中では(1)~(3)のようなことを考えていたと思います。そんなにはっきり分けて考えていたわけではないですが。

「追いつめる親」の巻末には、「親として、教育虐待をしないための心得12」というのがまとめられています。おおたさんの記述は、基本線において私が考えていたことと同じ方向だと思いますが、ずいぶん切り口が違います。「6. 「なぜ勉強しなくちゃいけないの?」を考える」とか「12. 「子どもは社会の宝」の二つの意味を思い出す」などは、なるほどそこから来たかと思いました。

12. はこれだけじゃ何のことかわかりませんが、つまり子どもは社会全体で守り育てていくものであるということ(これが一般的な意味)、それともうひとつ、子どもは決して親の私物ではなく、そのうち社会に「お戻し」しなきゃいけないということです。

子どもに親の人生を生きてもらうことはできない。子どもと親は別の人間である。結局のところ、それが問題の根っこですね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-07-30 13:08 | 中学受験 | Comments(10)

Commented at 2015-07-30 14:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by at 2015-07-31 12:59 x
子供は親の所有物じゃないのに。
Commented by an-dan-te at 2015-07-31 21:08
***(2015-07-30 14:22)さん、
コツコツ算数の基礎を積み重ねられてそこまで到達したのはほんとうに素晴らしいことですよね(^^)
算数の力、という意味で素晴らしいことはもちろんだし、
努力の積み重ねのパワーを実感する体験ができたことも素晴らしい。

そこまで到達できたのは、
いうまでもなくお子さんの素質がそれを可能にしたということ…これがほとんどすべてなんだけれども、
コツコツをスムーズに実践するにあたっては親も配慮や工夫や努力をしていますよね。

努力したらそれが実になることを求めてしまうのは人情で、
でもそれは何が「実」なのかということですね。

まだしんどい場面もいろいろあるかとは思いますが、粘り強く真の(子どものための)「実」に到達できますように!!
Commented by an-dan-te at 2015-07-31 21:10
骸さん、
所有物でもないし、アクセサリーでもブランド品でもないですね。そういわれれば当たり前のことなのに、勘違いする人があとをたたないのはなぜでしょうね…
Commented by くるみ at 2015-08-01 10:21 x
>毎日のように殴るとか、熱いお茶をかけるとか(!)…

ひぇーーー、そこまででしたか。
そこまでの例はかなり少ないとは思うのですが、子供が受験のために塾に通い始めると、普段はそういう価値感を持たない親でも、日々の点数や順位に一喜一憂し、勉強しないわが子がとても気になるのはよくわかります。

子供が塾に通うようになってから変わってしまう親もいるのではないでしょうか。
受験に合格すること、勉強だけで優劣をつける世界ですから。

子供のいろんな良さを頭ではわかっていても、成績が落ちたり、下だったりすると、否定されたような気持ちになっちゃうというか。

わが子は高校受験でしたが、初めて大手塾に通って、塾の成績が上がり始めてからは、日々の成績に一喜一憂する親となってしまいました^^;
勉強しないわが子にイライラして何度も喧嘩に。

勉強だけが全てじゃないとわかっているからこそ、スポーツもさせてきたし、いろんなことをさせてきたはずなのに、塾に入って、受験が迫ってくると、成績や勉強のことで頭が一杯になっちゃうんですよね。

もちろんそんな情況はよくないので、うまく行かなかった場合を常に考えるようにしていましたが。
幼少期からずっと見てきたわが子が急に変わるわけないと^^;

高校に合格してからも、しばらくは塾依存が抜けなかったです。塾をやめてしまうことが怖かったんです。
ようやく今、子供自身の問題だと思えるようになりました。
高校生ともなると、一人で勉強できないから塾に、というレベルだと、なかなか伸びないような気がします^^;
Commented by モデラート at 2015-08-03 09:37 x
今振り返ってみると、兄ちゃんの受験の時は、教育虐待に近かったかも・・・。
とにかく人並みに物事ができるようになるまで、すごく時間がかかる子なので、基礎学習は時間も量も半端なくとったと思います。
ひっぱたいてやらせたことも・・・。
受験勉強ができる子にする前に、一人前の人間にする(笑)のが本当に大変でした。

今は「宿題何割終わった?」とか「毎日コツコツ復習しなさい」「ゲームの時間が長すぎ!」くらいの声掛けになるよう、気をつけています。

タイプの違う娘の受験勉強は、兄ちゃんの経験もあり、ゆるーい感じで進行中。
Commented by an-dan-te at 2015-08-03 21:39
モデラートさん、
一人前の人間にするのがたいへん、
それすごくわかります。というか今まだそこんとこ自信がなかったり(-_-;;

けど、だからこそやっぱり叩いても解決しません。
叩きたくなるくらい必死で応援してるのはわかるんですけど、
叩いたから進むってわけじゃないです。

叩いたこと自体はマイナスではあったと思いますが、
でもだからってイキナリ親子関係崩壊するわけでもないです。
たくさんのプラスなこともした中でのマイナスですから、また受験が済んでフェーズも変わり気も変わり、
できることから地道に築いていけばいつでも遅すぎるってことはないです。

> タイプの違う娘の受験勉強は、
> 兄ちゃんの経験もあり、ゆるーい感じで進行中。
親も学習するので調子を掴みますよね。下の子はお得です(^^)
Commented by an-dan-te at 2015-08-03 21:49
くるみさん、
まぁ暴力系は少数派だと思いますけど。

一喜一憂が過ぎて自分も子どもも追いつめちゃうのはけっこうありがちですね。上下がわかりやすすぎるから。

> 塾の成績が上がり始めてからは、
この、「上がり始めてから」ってミソですね。
ずーっとずーっと底辺じゃ(^^;;
虐待に至るほど盛り上がれません。

なまじ凸凹くんの凸のところがすごく見どころあるから、
「これをこうしてあぁすれば~!!」って思っちゃうよね。

高校生にもなると、親がしゃかりきになってどうなるというものじゃないので、わかりやすく、手を引ける…はず。そうでない人もいるだろうけど…
Commented by mei at 2015-08-08 14:29 x
こんにちは
おおたとしまささんの本 自分も読んでみました・・というのもうちの息子 塾にいれたらやはりやることが多くテストテストでどうしても自分が勉強しなさいという状況、息子いわく、間違えたところを指摘したり あらまた、というのがすごーく嫌で勉強に口出しするなーと子供が反発するようになり・・。自分も悩んでいたからです。私自身実は親から勉強しろと言われたことは一度もないです。受験はしましたが5年からでしたし、たまたま容量がよく競争好きだったのが功を奏して成績優秀。(といってもトップではない)親は徹底して影のサポートでした。でも私自身かなり反発が強い子だったので今となると親は私の性格もみて 陰に回ったのだと思います。いくら聞いても 別に勉強なんかできなくったっていいと思ってたから。と返事がきますが そのサポートぶりは今思っても徹底していました。塾も合わないと思ったらすぐ調べて変えていたし、本人が最難関を受けたいといったら(反対された)その過去問を徹底分析し、その年に話題になった本から学校が出しそうなものを選び、実際それが入試にでました。実は入試の朝に電車で親がここをみておけ、といった時事問題、全く同じ問題が出たのです!!

親子の相性もあるでしょうが 子供の性格を見極めたサポートって本当難しいですよね。。親は子供の人生に責任はある程度あるけれど 結局は別の人格だということをいつも思っていないと 我が家のようにいろいろ小言が多くなり 子供の反発を招くのだろうな・・と最近反省しています。勉強ができなくてもいとしいわが子・・そこをしっかり見ないと 親子関係壊れてしまいますものね・・・・塾に入れる前までは 勉強なんて自分でするでしょう・・と思ってましたがいろいろ親が勉強中です。
Commented by an-dan-te at 2015-08-13 15:36
meiさん、
meiさんの親御さんはずいぶん行き届いてかつ控えめなサポートを徹底した方なのですね、なかなかできることではないと思います(^^;;

間違えたところは「宝の山」でそれをきっちり洗い出して身に着けていくことが大事なのはもぅもぅ譲れない線なのですが、親といえど(親だからなお?)言われたら嫌って気持ちもわかります。うちでもずいぶんバトりましたわ~

「間違えたところは赤で直す」
「再度間違えたところはフセンをつけて次週繰り返す」
とか、なんでもいいんですけどルールというかプロセスを決めて極力たんたんと「非難」とか「感情」なしにやれるといいんですよね。

「どうしてできないの」とかじゃなくて(笑)
言うは易く…ですけど。

<< 偏差値をどう考えるか(アクセス... 教育熱心と教育虐待の境界 >>