教育熱心と教育虐待の境界   

子どもの中学受験の面倒を見ていると、これは「教育虐待」に地続きの世界だなという感じることがある。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←簡単な線引きは存在しないのかも?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

親が「子どものため」に世話をするのはごく当たり前のことで、たとえば食事をちゃんと作ることだって変わりはないわけだが、そこにはやはり何らかのニュアンスの違いがあると思う。

ごはんの支度をするというのは親なら誰でもすることで、
中学受験はしないほうが多数派だというのがひとつ。

おいしいごはんというのは何か目に見える成果を求めている行為ではないけれど、
中学受験というのは成果を出そうとしているというのがもうひとつ。

そして「成績」「偏差値」「学校ランキング(!?)」みたいなわかりやすく物差しがあるフィールドっていうところが決め手かなぁ??

世の中にはたいへん気の利いたお子さんもいて、親は塾の月謝を払いさえすればあとは自主的に着々と学習を進めてくれるということもあるだろうけれど、大方の子どもは、ほどほどのやる気とほどほどの段取り能力しか持っていないわけで、そこはさすがに亀の甲より年の劫、親が何らかの介入をしたほうがうまくやれるってことは多い。

親が手をかける→ちょっとうまくいく
もっと手をかける→もっとうまくいく

というあたりまではしばしば実現してしまう。しかし、親が完璧サポートしたら子どもが最難関に行けるように思うのはたいていの場合錯覚なんだけどね。子どものポテンシャルでだいたいのラインは定まっているもので、親ができるのなんてせいぜい目に見える障害を取り除いて本来のポテンシャルを発揮させることくらいなのだ。

親がどのくらい「錯覚」したままのっぴきならないところまで突っ走れてしまうかは子どもの素質による。いっそ子どもがぜんぜん箸にも棒にもかからないくらいだと(^^;; 教育虐待の重症化も起こりにくいんだけど、期待が膨らんだあとに軋みが出てくるとね。

私は自分が「教育虐待」をされたのではないと書いたけれど、自分が子どもにそういうことをする危険は大いにあると感じていたので、極力その道に踏み込まないように気をつけようと思った。

子どもを三人産んだのも、自分が一人っ子で逃げ場がなかった体験から来た部分がある。実際、一人の子どもに集中できないので、他の子のあれこれに気が逸れてるうちに「まぁいいや」という気分になりやすく、一定の予防効果はあったように思う。けどどうもいろんな事例を見ると、子どもが複数いるからって安全じゃないらしい。ある子だけに過剰な期待をかけ、別の子はわりと放置なんてこともあるみたいですね。

あと、親が子どものこと以外に関心を持ってない状況はたいへん危険なので、仕事とか趣味とか、とにかく自分が人生でどれだけ「やれてる(?)」かという感触は子どもの出来不出来とは別のところに存在する、というふうにしておこうとした。

たぶん、この二点目というのはむちゃくちゃ本質的なことで、要するに子どもがわが人生じゃないってこと…実際、子どもたちの受験を三回経験して思ったのが、私はいわゆる「教育虐待」の典型例にはハマりにくいということだ。それの主な理由は、なんというか「上」を目指してないってことで、私はある意味かなり熱心だったとは思うんだけど、少しでも「上」の偏差値をとってほしいとか「上」の学校に行ってほしいという気持ちがなく、本人にとって「ちょうどよく」居心地のいい学校へ、できれば受験勉強についても「やりきった」感触を持って入学してほしいと思っていた。つまり、子どもの幸せ追求ということでは贅沢でこだわりを持っていたけれど、「一番」とか「最難関」ということには価値を置いていなかった。

「追いつめる親」を読んで思ったのは、確かに私が「上」志向じゃなかったことは、ひとつの好条件ではあったかもしれないけれど、それで安全ともいえなかったということだ。

本の中では「子供を追い詰める「約束」」「理性の皮を被った勘定」という項目に書かれていることが大きなポイントなんだけど、要するに

・現状の問題点について「話し合う」
・「約束」をさせる。生活の条件とか、勉強の仕方とか。
・子どもが「約束」を破る
・叱る(子どもが約束を破ったから、叱らなくてはいけないという理性の形をとって)

という一連の流れ。これはまさに「教育熱心」と「教育虐待」が地続きのところなのであって、カタチだけでいえばその両者は共通している。私は上昇志向ではなかったかもしれないけれど、「きちんと」勉強をするということを体験させたいとは思っていたわけで、それはいつでも「あっち側」に転がる可能性を孕んでいた。

「こっち側」と「あっち側」の分水嶺はどこにあるのか…(まだつづく)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-07-26 11:13 | 中学受験 | Comments(6)

Commented at 2015-07-28 11:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2015-07-28 12:42
***(2015-07-28 11:14)さん、
そうですね、親と対峙するというか、もちろん振り回されることには決着をつけなきゃいけないですけど、親はいまさら変わらないので、基本は自分が逃げればいいだけだと思います。頼りになるサポーターがいれば心強いですね。

私も、親を変えようとしていた間はとても苦しかったです。親がマイナスオーラを発していたら、そこに触らない範囲で(…そんなものがあればですが)付き合うしかないと思ってからは徐々に平和になりました。
Commented by yoyo at 2015-07-28 19:09 x
>「こっち側」と「あっち側」の分水嶺はどこにあるのか…
叱る際に 相手の人格を傷つけたり 否定したりする言葉を吐くか、きちんとやらなかった行為を叱るか かな。

子育てを通じて 親は自分の人生をもう一度やり直しているような錯覚に陥りやすいから 子供は自分と別の人格であることを忘れてしまうんでしょうね。
ほとんどの場合 子供が反抗して 勝手に親から離れてしまうから 虐待にまで至らないんだと思う。
親の方も どうにもならないから あきらめるし。

中にはどうしてもあきらめられない親もいるし 偽りの愛情にくるまれて 反抗することもできない子もいるんだと思う。
愛するっていうのは 相手の存在をそのまま受け入れることだと思うけど 自分を愛してくれるから 愛する。自分の思いにこたえてくれるから 愛する。
それって 自分を愛しているのであって 相手を愛しているのとは 本当は違うんだけれど そういう愛しかしらないのってよくあることだと思う。

アンダンテさんは またろうくんがどうあれ 愛さずにはいられなかったんでしょ。
それって またろうくんに愛することを教わったんだよね。
子育てって やっぱり素晴らしいよね。
 
Commented by an-dan-te at 2015-07-31 21:01
yoyoさん、
> 相手の人格を傷つけたり 否定したりする言葉を吐くか、
> きちんとやらなかった行為を叱るか
そうですね。それが基本的な解答だと思います。ただ、後者なら「安全」かというと、あんまり親が強大、かつ求めているものが偏ってたり無茶だったりすると行きすぎる場合もあるかとも思うんだけど。

> ほとんどの場合 子供が反抗して 勝手に親から離れてしまうから
それはあるねー(^^;;

またろうは、決して親の思うとおりにも誘導したとおりにもしつけたとおりにもならなくて、
しかも
> またろうくんに愛することを教わったんだよね。
愛することを教えてくれたんだから、すごいなーと思う。

またろうがいなくていきなりはなひめを育ててたらすんごい別物の人生だったと思うよ(笑)

Commented at 2016-07-18 17:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2016-07-19 20:45
***(2016-07-18 17:46)さん、
自分はする~りとできちゃってたからって、
塾に通っても平均点くらい「しか」とれない子どもを
「さぼってるの?」「ちょっと頭がおかしいのでは」とは
たいへん危険な発想だったかもしれませんが(^^;;

しっかり反発してくれるお子さんでほんとによかったですね。

中学受験って向き不向きが大きいです。
うまくいかないなら撤退ありと構えておくところは大事ですね。

<< 教育虐待に陥らないためにこれだけは 「あなたのため」は呪いの言葉!? >>