JG卒業30年後の同窓会   

同窓会に行ってきました♪

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ふるさと的な空気を吸って、またがんばろー、というような。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

なんと、卒業から30年経ったんですよ(o_o) トシ取るわけです。

会場は渋谷駅直結のホテル。車椅子の先生もいらっしゃることに配慮して。
アラフィフに立食はキツイので、バイキング形式だけど全員座れるテーブルと椅子。
名簿のメンテナンスも怠りなく…
会場では大昔(笑)の運動会のビデオが流されたり。
最後はおみやげのJGどら焼き(^^;;
f0185839_1303397.jpg

幹事さんたちの行き届いた段取りに感謝です。

受付とかは便宜上、高三のときのクラスごとにまとめられていますが、「あれ、何組だっけ…」などと、クラス意識が希薄な人多数。誰といっしょのクラスだったかもあやふや…

それより、学年全体が仲間という感じが強いです。六年間、毎年クラス替えしてごちゃまぜになるし、しゃべりたい人のところにはどんどんクラスを越えて出張していくし、体育祭は学年対抗だからね。

30年経っても、顔だちというかしゃべり方や身にまとうオーラみたいなものは驚くほど変わらない人がほとんど。変わってるところは白髪としわとかくらい。さっと若いころの気分に戻っておしゃべりに花が咲きます。

雰囲気ががらりと変わっている少数の人は、外国暮らしが長い人だったりします。この同窓会に合わせて、わざわざ帰国した人もいました。

この日集結したのは、学年の半分以上!! にぎやかさエンドレス。

yoyoさんともしゃべったけど、せっかくなので普段会わない人の近況などを聞いて回りました。それぞれの人が発している強烈なパワーが、なんというかとてもJG的だなと思います。

パワーというか、何かしらとんがったところがあるという意味では、東大卒の人もそうなのですが、東大卒の人とJG卒の人を集団として見ると(個人はいろいろですが)、傾向はけっこう違うような気がします。JGのほうが圧倒的に幸せ上手、したたかで、しぶとく、しなやかな感じを受けます。思ったように行かなかったときの、その次に向かっていく足取りが力強いというか。

中学高校の六年間は、自分というものの根っこができていく時期なので、いやおうなしに自分自身と、学校というフィールドが響き合って、大人の自分へとつながってきます。学校に合うとか合わないということはあるわけですが、結果として六年過ごして卒業した学校というのは、分かちがたく自分の一部として取り込まれてしまっていて、それはほとんど自覚できないくらいに根を下ろしているんだと思います。

違う学校に行っていたら、違う自分になっていたんだな…

と思うと、なんか不思議です。中学受験のときにはこの学校を選ばなかったのに、結局その半年後にJGに吸い寄せられ合流して、結局どっぷりとJG的なものに浸かって自分を作っていったわけで。

高三のときの体育祭では、桃組(学年色がピンク)悲願の優勝を果たしたのですが、結果がわかっていてビデオを見てもみんな手に汗にぎって見てしまいました。足の速い学年にはさまれ学年対抗リレーではずっと勝てなかった桃組、なのにムカデではトップをとりリレーで二位を取らなくては優勝できないという崖っぷち。

それを執念でムカデは最終組が逆転して勝ち、リレーでも取ったことない(!)二位をもぎとり、みんな狂喜乱舞していました。ビデオの中でも外でも。

「中学受験 注目校の素顔 女子学院中学校・高等学校 (学校研究シリーズ 5)」とかを見ると、今の女子学院はもっとずっと、賢い子ばっかり集まって(^^;; しっかりした授業をやって、洗練された学校になっているようなのだけれど、まぁそれもいいんだけど…

昔の女子学院のよさが、徹底して「大学受験プレッシャーがない」というところにかなり依っていたような気がするので、そうするとやっぱり別の学校みたいなものかな、とは思う。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-04-27 13:33 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by blue at 2015-04-27 17:30 x
ビバ!JG!
懐かしくて、そして自分のJGに対する感情と驚くほど近く嬉しかったです。卒業後30年なんですね~。分かちがたく自分の一部という表現に何度も頷きました。
で、高3桃組の優勝で団長が優勝カップを受取り、高くかかげるシーンをリアルに思い出しました。あれは感動でした。
Commented by an-dan-te at 2015-04-28 08:02
blueさん、
出身というと大学を指すことのほうが多いとは思うけど、中高ってもっと自分の根っこに近いものね。
> 高3桃組の優勝で団長が優勝カップを受取り、高くかかげるシーン
はい~(*^-^*)
団長さんも来てました。

娘の学校の保護者で、けっこうJG卒に会います。なんか、におうんで(笑)声をかけるとわりと当たります(^^;;
Commented by ふとっちょ at 2015-04-28 15:31 x
日曜日はお会いできておしゃべりできて楽しかったです。久しぶりの投稿ですが、娘が学年違いではなひめさんと同じ学校の者です。
若いころはきれいな人とか、仕事バリバリの人を見ると気が引けてしまっていたのですが、この年になると、気負いもなくてツーカーで話せるのですぐに昔に戻りますね。
体育祭のビデオ、あと何回見ることができるでしょう?そのたびにこちらの精神状態が違って感じ方がいろいろなので面白いです。
またまたどこかでお会いしましょう。



Commented by an-dan-te at 2015-04-30 06:58
ふとっちょさん、
お会いできてよかったです(^-^)
なかなか学校で会いませんね??
そうそう、ビデオは何度か見たことがあるはずですが、こちらの受け止め方で感じ方はいろいろですね。私は当時、ちっとも熱心じゃなかったのに、そんなことは忘れて、感動してしまいました(笑)

<< 科目間格差が大きいとき、どうす... 親が東大卒だと得することってあ... >>