生活を犠牲にしない大手塾生活   

塾なしで家庭学習、あるいは、大手塾ではなくこじんまりしたところで中学受験をできないだろうか? と考えている方はけっこういるのではないでしょうか。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←やれる範囲でやるのが実は近道
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

その場合、大手塾にかかる費用が気になっているということもあるかもしれませんが、それよりは、小学生らしい生活が犠牲になるのでは? という懸念が大きいのではないかと思います。

そもそも、中学受験をするということも必然ではありませんが、ここでは中学受験ブログなのでとりあえず「する」ということにしまして、大手塾に通いながらも生活ペースを守ることを考えてみます。

(1) 生活リズムをなるべく乱さない
夜寝る時間があまりズレたり、食事の時間がひどく前後するという生活では、健康を守りにくくなります。
日能研の場合、お弁当を食べる時間がありましたから、食事時間はあまりいつもと違わずに取れます。私はそのほうが好きなのですが、食事時間がズレても、家で食べられるほうがよいと考える方もいるかもれませんね。その場合、塾帰り後の食事はスープなど軽いものをメインに考えて、なるべくさっと寝られるようにするとよいと思います。
とにかく、塾から帰ってきたら、まぁお風呂は入るでしょうけど、ほかに余計なこと(勉強とか?)を極力しないで寝てしまいましょう。

(2) 友だちと遊ぶ時間を確保する
塾通いで、学校のクラスメイトと疎遠になることが心配になるかもしれませんが、元々、小学生の遊び時間は5時くらいまでです。塾のない日は、5時まで遊んでいいことにして、勉強するのはそのあとにすればわかりやすいと思います。
塾に行く日は遊べないかもしれませんが、たいていの子が何か習い事は行ってたりして、中学受験するしないに関わらず、毎日は遊べないのがわりとふつうではないでしょうか? 遊べる曜日もあるということであれば周囲との違和感なく過ごせると思います。

(3) 勉強は引き算で、空回りを避ける
夜は早く寝る、友だちとも遊ぶ、ということになると、勉強する時間には限りがあります。もっとも、そこを仮に削ってみても、ちょいと長くなるだけで結局のところ時間には限りがあるんですけど。
大手塾のカリキュラムは最難関校にも対応できる中身を詰めて「みっちり」できているので、そこまで処理能力がない子が、全部こなそうとすればだいたい消化不良になります。授業では必要なことをあまさず習っているのかもしれませんが、それを自分で身に着ける時間が取れなければ右から左に流れて行ってしまいます。
成績も上がりませんし、追われている気持ちだけは募ります。

それよりは、オプション授業を切ったり、必要ならメイン授業も一部割愛するとか、あるいは宿題を基本問題だけにするとか、テスト直しも「あとちょっとでできそうなところ」に絞るとか、とにかく思い切って「引き算」して、学習内容をしっかり手中に収められるようにしてしまうのが吉です。

こんなに「引き算」しちゃうと成績が上がらないのではないかと心配になるかもしれませんが、それが意外と問題ないものなんです。むしろ欲張ったあげくに結局身につかないでいると成績も下がるし親も子も疲弊します(-_-;;

ここまではできた、自信持ってできるところまで繰り返した、という部分を積み重ねていけば、ちゃんとその子のポテンシャルのところまでは成績を伸ばして、似合う学校の合格を勝ち取れるものです。

* * *

我が家の受験のときにどうだったかというと、

こじろうのときにはあまり「引き算」を意識していませんでしたが(時間はかなり要領よく使える子だったので)、5時までは遊ぶとか(本人の強い希望により)ゲーム時間を確保するとかできていました。あとから考えると、意図的にやってたわけではなくて単にそこまで頭が回ってなかっただけですけど、漢字学習やら社会科の暗記物やらが後手後手になっていた分が「引き算」になっていたかもしれません。

はなひめのときには、とにかく生活時間の使い方が要領悪いうえに問題を解くのも遅い子だったので、削りまくりました。算数の応用問題を削り、理科も応用をやめて基本のみ二回転するとか、日特は休んでしまうとか、「引き算」だらけ。でも、思い切って削るほうが成績が安定することはすごく実感できたし、二人目だったのもあってあまり迷いませんでした。

ともかく、二人とも、夜更かしして勉強するより寝る。ということについては同じです。私自身も…勉強のために夜更かししたことは(大学受験時代も含め)ありませんから、子どもにもやれとはいえません(^^;;


それでは、そうやって大手塾からの「引き算」でいくのと、「塾なし」からの「足し算」でいくのと、どっちが得かという話になりますが…(つづく)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2015-03-29 21:57 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by nana at 2015-03-29 22:24 x
こんにちは。

こちらでは、初めてコメントさせていただきます^^
ゆとりありすぎる塾生活のツケで、現在、理社緊急手当て中です。

>算数の応用問題を削り、理科も応用をやめて基本のみ二回転

この場合、栄冠でいうと基本=基本確認、応用=問題研究
になりますでしょうか。それとも、本科テキスト?
理社が全然ダメなので、もう問研はやめて、基本確認を二回にしようかと考えていたところです。
具体的にどう削られたか、教えていただけると幸いです。
Commented by モデラート at 2015-03-30 11:15 x
我が家は科目を削ってます。(2科受講)
他のおけいこの関係で4科はちょっと無理。
理科社会は市販の問題集を買って、自習しています。

そのかわり、季節講習は4科受講にしてみました。自習のおかげと、あえてクラスダウンしての受講だったので十分ついていけたと娘も満足していました。

とりあえず基本をしっかりやって自信をつけてあげるのが娘にはあっているようです。
アンダンテさんを見習って、削るべきところは削って、睡眠たっぷり、無理のない通塾にしたいと思っています。
今日の講習テストの結果が楽しみ。




Commented by an-dan-te at 2015-03-30 12:37
nanaさん、
初コメ!! ありがとうございます。しょっちゅうお会いしてる感覚(^^;; なのでびっくり。

> 栄冠でいうと基本=基本確認、応用=問題研究
> になりますでしょうか。
そうですそうです。どこかに詳しく書いた記事があったような…
「苦手こそ やることしぼって 二回転」
http://dandanto.exblog.jp/17697106/
「やってすぐ成果の出るタイプの勉強」
http://dandanto.exblog.jp/19853627/
あたり?? どんぴしゃのが出てこない…

理社が全然ダメなら、
> もう問研はやめて、基本確認を二回にしようか
これで自信(=「ここは大丈夫」という感覚)をつけると上向くと思います。

要するに、基本問題を繰り返すと、テストのときの処理が速く正確になるし、案外応用も効くってことなんです。お試しください~
Commented by an-dan-te at 2015-03-30 12:43
モデラートさん、
他の習い事とかが大きいと、ちょっとやそっと削ったのでは間に合いませんよね。科目を絞ってしまうのは、思い切った方法ですけどアリかもしれません…

学習効率からいえば、はなひめの場合、一番削ってよさそうなのは国語だったけど、それは本人が承知するわけがなかったし(国語授業が通塾のモチベーションだった)、その他の科目を削ると補うのが面倒で私が嫌だったから、結局そのテは使わなかったけど。

> 睡眠たっぷり、無理のない通塾にしたいと思っています。
はい~(^-^)
やれる範囲でやるほうが、きっちり結果もついてくると思います。

<< 大手塾には、中受のオイシイとこ... 「志望校対策」(日特、NNなど... >>