きょうだい間でお金の公平とか(アクセス進学ラボ最新記事のお知らせ)   

3月になりましたので、アクセス進学ラボに最新記事でました。→「気になる進学費用の実態は?

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←避けては通れないお金の話
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

この記事は要するに、私立に行くと学校に直接納めるお金以外に意外とかかるもんだから、行くなら余裕みといたほうがいいよってだけの内容なんですが…書いてたら長くなっちゃって…話がそこまでで終わっちゃいました。

お金関係でもう一段つっこむと、気になる話題としてはきょうだい間の公平!? ってことがあると思います。

私立に行くとそのように、なんだかんだお金がかかるものだし、あまりその辺りを細かく気にしなければいけないようだと大らかに私立ライフを楽しめませんから…
…たとえばですが、お金のかかる部活に入りたいとか、希望者が行く短期留学に参加したいとかいわれたときに、お金の理由でやめさせないといけないってのも切ないかなと。

そういうことを考えれば、余裕がないなら最初からざっくり公立コースにしてむしろ浮いたお金で、習い事とか塾とかもろもろの資金が出せるようにスタンバイしておくのがいいかもしれない。

となると、私立×三人ではずいぶんなお金がかかります。

うちはなんだかんだいって、またろうが完全公立コース(公立中→国立高専→国立大)なので助かっています。一方、一番高いコースがこじろう(私立中高大…しかも理系は高い…そしてたぶん院まで)、その差はけっこうクラクラくる金額ですから、またろうまでこじろうと同じだけかかってたら家計逼迫かなと。はなひめの大学がどうなるかはまったくわかりませんので、こじろうと同じくらいかかるコースか、それよりは安いコースになるのかは未知数です。

お金のことでいえば思いっきり不公平、アンバランスです。

遺産分けの段になって(たいした遺産が残るとは思えませんが)、もしもまたろうとこじろうとはなひめがお互いに、誰がいくら余計かかったとかいってバトルを始めたらえらく不毛なことですが…
冗談ではなくて、そういう話ってけっこう聞きます。元々はわりと仲の良いきょうだいだったのに、「お兄さんだけ、大学出してもらってる」とか裁判にまでなっちゃったり。

けど、我が家の場合、別に「長男だから大学にはやらなきゃ」「女の子に学問はいらない(←笑)」とかで分けているわけではなくて、たまたま本人の状況に合わせて選んでいったらこうなっただけで、お金のかかってないまたろうも、別に私立に行かせてもらった弟妹をうらやましいとか一切ないとは思うのですが。

いちおう、またろう本人にも、かかったお金がずいぶん違うことについてどう思うかを聞いてみましたところ、高専に行ってよかった(ということはつまり、公立中に行ってよかった)と思っているのでお金の違いは気にならない、あと自分が一番親に手間かけさせた(そして心配をかけた)自覚はある(^^;; とのことでした。

そう、こじろうがお金という意味ではいちばんかかってますが、中学に入ったあとはほんとにメンテナンスフリーというか、何も心配する必要がなくここまで来てしまったので、親の気持ちも含めた「コスト」的には案外、またろうとこじろうって、トントンに近かったりします。

結局のところ、親の側から見て、それぞれの子どもに必要、またはかけたほうがいいと思うお金と手間はいつもかけてきた、その判断基準についてはブレがなかった、という自信があれば…そしてそれがちゃんと子どもに伝わっていればそれでいいのかなと思います。

でも、たまたま三人きょうだいの一番上が、私立に行かせたいと思う子であって、下はまだ未知数、しかも三人とも私立にやるのはお金が不安ということになったら、悩むかもね?? それがたまたま、一人目がまたろうだったせいで迷わないで済んじゃった。

こじろうは早々とお金のかかるコース確定だったけど、中学入ったらめっちゃ学校にぴったり適応して、さっさと安定感を醸し出してくれたから親は何にも心配しないで済んじゃった。

はなひめは、これからのことはわからないけど、(比較的)ドラマのない中学受験を経て、充実の女子校ライフを楽しんでいる。学校の面倒見も細やかで、たぶんかなりあとのほうまで塾いらず。

…ということは、案外うちの子どもたちって親孝行!?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-03-03 13:05 | 中学受験 | Comments(12)

Commented by saya at 2015-03-03 13:31 x
兄弟間での学費の差は大人になってから気になりました。
私と妹(医療系学部)で大学の学費に1千万以上の差が出たので(私は長女なので、まだ妹がいるという事で、我慢させられた部分が多々ありました)、大人になってから文句を言って、私が家を建てる時に差額の約1千万を親から援助してもらいました。
3人兄弟だと案外揉めないらしいですが、二人だと揉める事も多いみたいですよ。やっぱり平等が基本ですね。
Commented by くるみ at 2015-03-03 19:28 x
私は3人姉妹ですが、学費の差、結構あります。
一番かかったのは次女で、高校受験に失敗して私立に。英語に力を入れている学校だったので短期で留学。一浪もして、私立大学です^^;
さらに、親の近くに家を建てて(頭金の援助もあり)、食事や子供の面倒など、いろいろ世話になっています。

でも気にしたことはないです。
たとえ不平等だったり、苦労があったとしても、自分が選んだことなので。

できれば兄弟でもめてほしくないですよね。結構聞きますが。
またろうくんは大丈夫だと思います^^;
Commented by なつし at 2015-03-03 21:27 x
成長して、配偶者をえる。
他人が入ってくる。

大人になった時に、兄弟間に大きな経済格差がある。
その時に、相続が発生したら?

未来予測は難しい。。。

Commented by an-dan-te at 2015-03-05 21:04
sayaさん、
医療系はかかりますね~
親の立場からすると、一人目でがつんとかけてしまうとあとが選択肢なくなっちゃうので怖いですけど。でも我慢させられたとなると長女としては納得いきませんね。

基本は平等…

しかし、無い袖は振れないし、きょうだいといっても志向が同じではないし、なかなか悩ましいですね。
Commented by an-dan-te at 2015-03-05 21:09
くるみさん、
高校・大学が私立で留学と浪人ですか、そりゃかかりましたね(^^;;

親と近居や同居の場合は、そちらにお金をかけるのもそれはそうかなと思いますよね…

> 自分が選んだことなので。
納得感があるかどうかですね。

> またろうくんは大丈夫だと思います^^;
まぁたぶん…
Commented by an-dan-te at 2015-03-05 21:11
なつしさん、
そうでした…
他人が入ってくるのと、そのときの経済格差があれば、やっぱり過去のことを掘り出してモメる場合もあるでしょうね。

んー
みんな幸せになってほしいよ(^^;;
Commented by とっぷさん at 2015-03-08 19:13 x
兄弟のお金の掛け方ですが、どうしてもできる子にかけてしまうのではありませんか。子供が学校へは行きたくないといえばそれで終わってしまうのではないでしょうか。
Commented by nonchan at 2015-03-08 20:56 x
私は妹と弟がいます。
私と妹は公立中高から国立大へ行き、大学では奨学金を借りたので、卒業してから頑張って返しました。
弟は私立中高から国立大で、大学でも奨学金は借りずに親に学費を全部出してもらったので、弟に一番お金がかかっています。
弟が私立中高に行ったのは、環境や本人の特性からその選択がベストだったと思うし、それについて不満に思うことはないですが、弟だけ奨学金を返す苦労をしていないことについては、正直ズルいと思ってしまうことがあります。でも、弟は自分が親の面倒を見る責任があると思っているようだし、実際そうなるだろうと思うので、それでチャラかな、とも思ってます。
Commented by an-dan-te at 2015-03-11 21:00
とっぷさん、
そうですね…「できる子」というよりは、私立に行かせたほうがいいと思うとか、向き不向きですよね。親は、限りあるお金資源を、効果が最大化するように配分することも考えてしまいますが、子どもからみればそれは不公平かもしれませんね。
Commented by an-dan-te at 2015-03-11 21:41
nonchanさん、
> 弟だけ奨学金を返す苦労をしていないことについては
あぁ確かに…
そのとき、そのときで、私立に行くか国立に行くかは本人の特徴や志向や、いろいろあって決まるのでともかく、

同じ国立大に行くとしても、大人になって借金を持ってる持ってないというのは、違いますね。

きょうだい間の不公平は、教育費のほかにも、親が老いてからの面倒という巨大な問題があります。それを足してトントン、という線がどこなのかというのは、なかなか合意に達するのが難しそうですね。
Commented by ちえ at 2015-05-18 23:27 x
アンダンテさんこんにちは。
以前、小4の過ごし方を相談させて頂いたちえと申します。
その節は親身に相談に乗って頂いてありがとうございます。

公文の後追い推奨の記事もとっても参考になりました。
我が家も小4兄の国語がFⅡになりGが見えてくると表彰状の誘惑に負けそうになりますが、そろそろ潮時のような気もします。

段々目的を見失いつつあるので、潔く足を洗おうかなと思いました。
いつもながら冷静な判断が素晴らしいです。


そして、今回の記事も又秀逸ですね。

我が家も3人兄妹なので、
学生ローンで子どもの社会人生活が負のスタートとならないように、
と子どもの性格から進路や学部を想定しシミュレーションしていましたが、まさか遺産相続の事までは念頭に無かったです。

二番目は手間が掛けられないのでお金で解決と諦めていて、
私立中学を視野に入れていますが、兄は国公立一貫校、末娘は公立高校⇒私大でも良いかな、なんて壮大な実験を考えています;
Commented by an-dan-te at 2015-05-20 13:09
ちえさん、
公文は、「すいすいすらすら」できるときに一番力を発揮しますよね。わからないところを切り拓いていく学習としては不向きな部分が多いと思います。

小4でF終了間近ってすごい順調ですよね。ご本人が「ノリノリで」やれてるなら焦ってやめなくてもいいでしょうけど、しんどくなって実りが少なくなってくるときがあるのでそのときは深入りしないでスパッとやめるが吉ですね。

子どもが三人いるとそれぞれの能力や志向や置かれた状況も違うので、別に同じ額かけるのが公平ということでもないですしね。親が三人ともを大事に考えていていちばんよいと思うコースに乗せたということは、わかってもらえるようにしたいですね(だからといって将来のトラブルが起こらないってわけじゃないけど)。

<< 「志望校対策」(日特、NNなど... 中学受験率の低い地域で >>