中学受験率の低い地域で   

インターエデュ掲示板とかではよく、受験率の低い地域だから(目立っちゃって?? あれこれ詮索されて??)たいへん、というような書き込みを見たけど、そういう傾向ってあるんでしょうかね? 私はぜんぜんピンと来ないんですが…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←地域に、根を下ろすことの安定と安心。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

うちの子の通ってた小学校は、東京都の中にありながらほんと受験率が低くて、一割とか。

その中で、あの派手なNバッグをしょって塾に通うんですから、それはしょっちゅういろんな人の目に入っていたのではないかと思われますが、誰にも何にも「詮索」されたことないです。「どこ受けるの?」とか「たいへんね」とか、なーんにも。

お互い、探りたくなっちゃうというか、気になっちゃうのは、自分のところも中学受験を考えているからではないでしょうか。少なくとも、するかどうか迷っているとか。ほとんどの人が、中学受験というものに関心がまったくない中では、探りたいという気にもならないわけですよ。近所の公立中に行くのが当然だから。

はなひめの受験が終わったとき、もし誰かに「どこの中学行くことになったの?」と聞かれたら、学校名を言ってもいいよと本人に言ってありました。なにしろ、言って恥ずかしくはなし、逆に自慢と取られる心配もなし、ブナンな学校(笑)だから。というかそもそも、誰も知らないと思うからって。

こじろうの学校は、超難関でないのに案外、受験に関心がない人にも知名度高いけども…(野球でね)
そういうのでなければ、女子学院だって、桜蔭だって、どうでもいい学校に変わりないです。中学受験を気にかけてない人にとっては。

という具合に、あらかじめ娘には言っておいたにもかかわらず、誰にも聞かれなかったそうです。平和です。

受験がレアな地域といっても、塾が遠くにしかないとか、学校の選択肢がほとんどないとかだと、それはそれで大変です。うちの場合も、大手塾に行くには電車に乗らないといけないところが不便といえば不便ですが、電車といっても10分とか乗ればいいですから。

塾も学校も(そこそこ近くに)あって、かつ、受験率が低い。これは、なかなかに理想的な環境だったなと思います。

気を付けるべき点があるとすれば…とにかくふつーに、過ごすということです。

むやみに学校を休んだりしないのはもちろんですが、
五時までは外で遊ぶとか、親も学校行事は極力行くとか。
学校の委員とかもできればやって。
塾が本格化すると難しいけど、地域のスポーツサークルとかもいいですね。

要するに、地域や学校をできるだけ好きでいて、密に参加をするということ。
これができていればばっちりです。

小学校にいる間の居心地が大事だからというのもありますし、
仮に結果的に公立中に行くことになった場合にはもっと重要になります。

受験をするかしないか両にらみの時期の勉強について先日書きましたが、あれで書き忘れたと思った点がありました。あれは、「地域」というのと、「中学から私立」というのと、親が両にらみの関心を保つのがけっこう重要なポイントだと思います。

受験をうまくいかせる、ということにものすごく頭が集中しちゃうと、
小学校とか、地域とか、そういうことが煩わしくなって、周囲とうまくいかなくなったり、自分がつらくなったりすることがあります。

そういう意味でも、あまり親子で100%全力を傾けなきゃいけないような中学受験は、負担が大きいのではないかなと思います。

結局、私立に進学したとしても、子どもが小さいころからしっかり根を下ろした地域があるのって、ほんとに財産です。先日同僚と、職場の移転について話をしていて、「ともかく(子どもが小さいころからいた今の家を)引っ越す気はまったくしないよね」という話になりました。「子どもが大きくなった今から引っ越して、仮にそのあと今と同じ年数が経っても、それはもう同じことにはならない」。

その人も、お子さんを中学から私立に行かせているし、お子さんはもう高校生なのですが、けっこうしみじみそう言っていて、あぁおんなじように感じているんだなと思いました。

もちろん、「地域」の大切さは、中学受験率がどうあれ変わりありませんが、自分ち以外の人々もすでに地域から関心が離れていたら抵抗しようがないですから…

ま、そんなわけで、田舎(ちょっとだけ田舎)いいですよ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2015-02-27 17:01 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by みけ at 2015-02-27 23:55 x
アンダンテさん初めまして。
小学校3年女子の母、みけと申します。
受験が気になりだして、2月から読ませていただいています。
もう半分以上読み進めてまいりましたが、今日の記事がいちばん胸に響きました。あ、セルフ塾弁やお手伝いの記事は目からうろこが落ちましたっけ。

受験の多い地域に住み、保育園の年長時には中学受験考えてる?なんて聞かれました。受験はさせたいけど、共働きとはいえ子ども二人を私立に通わせる自信はなくずっと目を背けてきましたが、本人は興味があるし都立中ならと思い調べてみると、倍率が高い。塾に通って本気で目指しているのはその半分ぐらいかと思っていたら、塾に通っている子の中でも〇人に1人しか受かっていないと都立中に通っている人から聞き、びっくり仰天。都立に落ちたら公立という受験でいいのかと思っていた時にこちらにのブログから色々と教えていただきました。

あ、話が長くなって申し訳ありません。。
受験はしないつもりだったので、学校や地域の活動、PTAも親子で楽しんでいてどっぷりつかっています。
たまたま娘の通う学校は受験率が低く、平和ですね。
人数の少ない学校なので、誰が受験するとかそういうことは筒抜けだけど(笑)、みんな知ってるから堂々としてられるかも。校長先生によると都立中一本の家庭が増えたそうです。

さて、同じマンションに都立中を受験したお子さんがいるので、結果は気になったけど聞いたからといって娘の受験とは関係ないと思って何もいいません。ましてや子供には聞けないですね。
娘は習い事があるので5年からのN通いを検討していますが、いろいろ言われるのかなあ。その時はアンダンテさんがお嬢さんにおっしゃったように、話してみようと思います。


Commented by an-dan-te at 2015-02-28 07:51
みけさん、はじめまして。
> 保育園の年長時には中学受験考えてる?なんて聞かれました。
うひょー気が早い(o_o)

都立中一本でいくとすれば、倍率や入試形態からいって、鉄板で合格する対策というのも難しいですから、やはりどうしても公立中進学を現実のものとして想定しておく必要がありますよね。そうすると地域人脈の重要さはいうまでもなく。

ともかく、地域にしっかり根をおろして生活し、受験に関しても堂々としていれば別に怖いことは何もありません。

ところで、Nに通っていると、どうしても私学受験をしたくなるように気分が乗せられちゃうと思うので、「そうなったらそれもまたよし」と思うならもちろんそれでいいけれど、「子どもが私学受験したいとか言い出したら困る」とまで思う場合は最初から都立用の塾に行くほうが吉です。
Commented at 2015-02-28 10:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2015-03-05 21:01
***(2015-02-28 10:34)さん、
そうですね、私立にまで範囲を広げて探すことができれば、「合う」ところも見つけやすくなります。

授業が簡単そうだから、地元中は嫌だ、とおっしゃるお子さんであれば、都立にせよ私立にせよ、何かもっと興味を引く授業をやるところに行かれるといいですね。

家庭教師の順送り、素敵ですね(^^)

<< きょうだい間でお金の公平とか(... 中学受験向きでない部分があっても >>