中学受験と高校受験で迷った時は…(アクセスラボ最新記事のお知らせ)   

アクセスラボの記事は、月初めにアップされることになってるんだけど、「一月分」は一月一日に会社か動いてない関係で早め掲載されたそうです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←中受か高受か。けっこう大きな分かれ目。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

というわけで「中学受験と高校受験で迷った時は…」という記事が載ってますが、これがね。

こんな大テーマを1500字で書けとかってどんな無茶ぶり(^^;;

というか私のこのブログ全体が「中学受験と高校受験で迷った時は…」テーマみたいなもんですよね。私自身は公立中と私立中の両方に通った経験があるし、子どもは一人が公立中、二人が私立中で。それについてはすでにいろいろと書いてますから…

(総合インデックスの中でいうと「■高校受験ってどう?」あたり)

発達凸凹ちゃんは高校受験のほうがいいか(例: またろう)、といえば、そうともいえるしそうでないともいえる(例: こじろう)みたいなもんで、そんな簡単にYes/Noチェックとかで結論出るわけがない…

…のではありますが、いちおうできる範囲で基本事項をコンパクトにまとめてみたのでもし迷ってる方がいらしたらご参考までにご覧ください。

ひとつはっきり言えることは、
この子どもならばこう
みたいな決まった一つの答えはないってことです。

現状の子ども自身のありかたはもちろんのこと、
その子ども自身が向かおうとしている方向性、
親の経済状況、
親の子育てポリシー、
自宅から通える範囲にどんな塾があり、
自宅から通える範囲にどんな学校があるのか。
あるいは、引越しまで視野に入るのか。

いろんなことに左右されますからね。

またもうひとつはっきり言えることは、
どちらに行ってもそこで幸せは見つかる
ということです。

あれこれ考慮に入れて、検討に検討を重ねて納得の選択をしようとして努力するのはもちろん価値のあることですが、そうやって選んだあとは、

その場で得られる状況を最大限生かすということが大事です。迷いに迷った選択肢は、たぶんどちらも正解なんです。ただし、どこに行っても不幸になることもできてしまうので、とにかく「不幸上手」(どんな状況の中にも不満の種を見つけ、それをしっかりじっくり大きく育ててしまう人)にならないことですね。親子で惚れた学校(それが複数あってもかまわない)に行くというのは案外、大きくポジティブに効きます。


今さら隠しても、長く読んだ人にはきっと明らかなことだろうと思うので書いちゃいますが、またろうの中学生活は親子共非常に不満が多く、しんどい三年間であったのに対して、こじろうとはなひめの中学生活は快適そのものです。

それは、私立と公立の状況の差というののほかに、こじろうとはなひめの学校は親子で惚れた学校だからというのがけっこう大きいんだと思うんです。つまり、私自身が、こじろうとはなひめの学校に関しては「幸せ上手」で、またろうの学校に関しては「不幸上手」であったということです。というわけで、私と同じような性質の人(?)にとってはかなり必然的に、私立中(中学受験)のほうがお得になりやすいんです。

だから裏を返していえば、私と違う性質の持ち主であれば容易に逆の結論になるだろうってことでもあります。その場合、私のブログ記事をあまり素直に読んで「やっぱり中学受験よね!!」と思ってしまうのはミスリードかもしれないわけで(^^;; ソコはしっかり裏読みしていただきたいと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2014-12-29 17:57 | 中学受験 | Comments(0)

<< 難問との付き合い方 伝統校のような新興校のような(鴎友) >>