伝統校のような新興校のような(鴎友)   

初めて鴎友に行ったのは、四年生のはなひめを文化祭に連れて行ったとき。初めてなのになんか懐かしい気がしたのと、元気かつ自然体の生徒たちを見ていると、あぁここは「自由に息ができる」場所だなと思ったことを覚えている。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←畑のある学校。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

* * *

「中学受験注目校の素顔 学校研究シリーズ」も七冊目となり、今回は「鴎友学園(おおたとしまさ著、ダイヤモンド社)」。このシリーズは、どの学校の本も大まかな構成を揃えてあることが特徴なのだが、その第一章の、卒業生インタビューが…

すごく上の世代だったからびっくりした(o_o)
だって、学童疎開で大変な目に遭ってから東京に戻ってきて…という話から始まるんだもの。ほかの学校の本はみんなもっと若い人だったんだけど。

若い(近い)世代の人のほうが、これから入る人の参考にはなりやすいのでは? と不思議に思った。それと、鴎友って、それこそ「偏差値38からの」学校改革で今の姿に変化してきたので、そのずっと前の話と今では、そのままつながらないのではという気もしたのだ。

でも、この本を読み終わったら、あえて昔の鴎友の体験談からスタートしたことを深く納得した。

今の鴎友学園の特徴というと、まず文化祭でも説明会でも情報公開でも入試でも、その行き届いた細やかなサービス。こんなに親切丁寧な伝統校というのはふつうない。だってそんなことする必要ないものね。

それと、リトミックや園芸みたいないわゆるお勉強以外の活動から、もちろん大学受験につながる学力方面の施策(オールイングリッシュの授業やら、きめ細かい課題確認やら)も充実、あれかこれかではなく「あれもこれも」盛りだくさんなところ。

大学合格実績を急激に伸ばしているところ。

そういうところって、新興校っぽいよね??

でも、中にいる生徒たちはなんだかのんびりしてて楽しそうで、全体が「板についている」。もろもろの施策も、取ってつけたような感じはなくてしっくりと馴染んでいる。そういう部分は、追い付け追い越せの新興校的あり方ではなく、やはり伝統校的というふうに見える。

その、一見不思議に見えるギャップを繋いでいるものが、昔の鴎友がすでに持っていた理念や教育方法であったというのが、この本を読んだらよくわかった。リトミックや園芸は元からずっとあったもの、今でいう総合学習的な考えである「合科」「人を自由にする技芸・学問(リベラルアーツ)」も創立当初からつながっているもの。あるいはもっと根底にある「自由」「表出」の原則。

良さがあまり言語化されていなかった「ふんわりした校風」も、もっと意識的に言語化され、でも元の精神を生かして捉えなおされた。教職員の中でも徹底した議論を積み重ね、やるべきことを気の遠くなるほど積み重ねながら、結果として大学合格実績も伸びていく。

自らも鴎友の卒業生で、今は娘を鴎友に通わせている人に、「昔と今と比べてどうですか?」と聞いてみたら、「なんかあんまり変わらないわね。のーんびりしてて、楽しそうで。(世間的ポジションはずいぶん違うけれど、雰囲気は変わらないのは)なんでかしら??」…
どんどん改革を続けながら、ある意味留まりつづけるという不思議。これを支えている膨大な努力があることにちょっと、思い至った。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン

by an-dan-te | 2014-12-18 22:50 | 中学受験 | Comments(0)

<< 中学受験と高校受験で迷った時は... うっかりミス体質は治せるのか!... >>