入試問題に表れる各校の本気   

要するに、どういう生徒を確保するかに学校の未来がかかっているわけですから、入試問題には各校の本気が表れます。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「入試問題は学校の看板です」
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

当日、受験しに来た中で、どの子を合格させるのかが鍵なのですから、
ほしい素質と学力を持っている子を見分ける精度がとことん高い問題を作らなくちゃいけないわけです。

また、いったん入試に出された問題は、過去問集として次年度以降の潜在的受験生の手に渡りますから、これは学校のアピールでもあるのです。

こんな入試問題を出す学校にぜひ行きたい!!
問題を解いていて楽しい!!
と、ほしい人材に思ってもらえれば成功。さらに、実際に入学することになるであろう子たちの、ほしいスキルをあらかじめ育ててもらえるような題材を提供できたら尚可ですよね。え? そこまで欲張るのかって?

いや当然考えていると思いますよ。熱烈志望校の過去問を解いていて、これは難しいけどおもしろいね、となれば、それが解けるように補う努力をしてきてくれるのですから、スムーズに入学後につながります。

そんな具合に、問題とじっくり向き合えば、いろんなことがわかるものです。でも、私がしっかり味わった問題なんて、はなひめの第一志望校ほかいくつかくらいで、あとはね。そんな、手が回らないし。ブログでいくつかの学校の算数解き比べ記事を書いたりしましたけど、その程度。そのくらいの表面的なお付き合いでも、わかることはいろいろありますけど、結局学校側の意図はどこにあるのかとか、想像でしかないので。

そんなわけで、先日、おおたとしまささんからいただいた「名門中学の入試問題を解けるのはこんな子ども」(日経Kids+)という本を見たときは、ヤラレターって思いました。私、こういう本を書いてみたかった。できないけど。

この本は、おおたさんが各校の入試問題を解いてみた感触を書くだけじゃなくて、各校に取材して、入試問題にかける思いを語ってもらっているんです。

「知識量より、科学的に物事を捉える姿勢を試しています」(武蔵)
「便利なものが発明されると、その利点にばかり目がいきがちですが(略)利点があれば必ず欠点もあるということに気づける生徒になってほしい」(豊島)
「コツコツと地道な努力ができる生徒を求めている」(聖光)
「少し長めの、ヒントがたくさん詰まった問題文を読んでもらい、あたかも出題者と対話をしているような気持ちで、『私はこう思う』を表現してほしいと思っています」(鴎友)
などなど。

私がなんとなく想像していたとおり、入学後につながる入試問題ということについても、たとえば
「この問題では、経済合理性や効率主義が蔓延する現代社会へのアンチテーゼとしてのアグロフォレストリーを紹介したかった。そして、私たちも、そのような社会の風潮に流されるのではなく、たとえ微力でも、個人として抗うことができるということを伝えたかった。本当はさらにその先を議論したいが、入試ではそこまで。続きは入学してからのお楽しみということ」(海城)
…こんなコメントもありました。

取り上げられているのは13校なので、受けたい学校が含まれているかどうかわからないけれど、具体的な入試問題と、解いた感触と、それに込められた思いがセットになってたくさん示されているので、あらためて志望校の過去問と向き合うときに、含まれたメッセージを読み解く助けになると思います。

「入試問題は学校の看板です。入試問題をどのように作るかというノウハウは、学校の無形財産です。毎年の入試問題作成を通して、その無形財産を若手教員に受け継ぐことは、入学者の質を担保し、学校の質を守るための生命線なのです」(ラ・サール)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2014-11-06 12:35 | 中学受験 | Comments(5)

Commented by gura at 2014-11-06 19:24 x
ごぶさたしています^^その本、今私のかばんの中に入っていますよ~。

秘密、公開しちゃったのね~と思いました。アンダンテさんとも、こういうお話ずいぶんしましたね。なつかしいなあ。

この本の第二弾を期待しています。この本でも十分に志望校に当てはめられるけど、やはりずばり志望校のことを書いたものが読みたいです。自分の子も、皆さんのお子様も、ぴったりのところに入学して欲しいです^^
Commented by an-dan-te at 2014-11-09 12:59
guraさん、
おぉ、既に読んでいらっしゃいましたか。

> やはりずばり志望校のことを書いたものが読みたいです。
まぁそれはそうですよね。リクエストしてみたら!?(^^)
ある学校が書けるかどうかは、おおたさんが書こうと思うかどうかのほかに、学校側がOKするかどうかだから…学校次第かな。この本には東京のいわゆる男女御三家六校のうち武蔵しか載ってませんが、当然ほか五校だって申し込んだと思うんですよね~
Commented at 2014-11-15 11:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2014-11-15 21:20
***(2014-11-15 11:54)さん、
はじめまして(^^)
そうですね、別に日能研が早実を得意としていないということではないと思います。むしろ、サピが本気狙いであんまり来ない学校なのでいいぐらいじゃないですか??

ただ、男子の早実ならいい(?)けれど、女子で早実を狙える持ち偏差値の場合は、塾の立場としてはぜひ御三家を目指してほしいという営業的思惑はあるかもしれません。先生によると思いますけど。

入試問題については、確かに算国ともに女子校とは違う傾向だと思います。癖があるというより、どちらに向いてるかはタイプによります。ただ女子で早実の算国のほうが解きやすいと感じる子はやや少数派かもしれません。

過去問を解く時期になったころ、早実の問題に向いてることがわかればそれでよし、もしとことん合わないなら練習して突破するのか、方向転換するのかを考えて決めればいいんじゃないでしょうか。でもおおまかにいって、早実ラブな女子は自分をしっかり持っているお子さんなので、ご自分がこうと思ったところで力を発揮するように思います。
Commented at 2014-11-15 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 読書好きは国語が得意になるのか... 過去問は出題意図まで汲み取って... >>