女子学院今昔: コンテンツの充実   

おおたとしまささんの「学校研究シリーズ」、去年は「開成」「麻布」「武蔵」と男子校が三タテで来て、今年は女子校。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←20世紀と21世紀でそりゃ違うよね
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「中学受験 注目校の素顔 女子学院中学校・高等学校」(*)
…たいへん興味深く、一気に読みました。私のいたころ(ン十年前)と驚くほど変わらないことと、そして大きく変わったこと。

毎朝の礼拝、毎週の聖書の授業、学年対抗の体育祭、修養会など、枠組み部分はあまり変化ありません。合唱大会がなくなったことはショックですけど。

でも、中身は、というか考え方が、大きく違うようです。中でもびっくりしたのが、
「聖書」にペーパーテストがある!!(o_o)

昔の聖書の授業というと、先生がたんたんと思うところを述べているというか、生徒はそれぞれ睡眠や休息や英語の予習や、思い思いに憩い(?)のひとときを過ごしていたのですが、今はちゃんと学年ごとに深まっていく学習内容が組まれており、「暗記しなければいけない基礎知識も非常に多いです」とある。

キリスト教の信者になってもらうためのものではなく、自分の頭で考える土台となる知識。「客観的なテストができないような授業をするつもりはありません」。聖書を通して、キリスト教の基本を学び、ヨーロッパ文化や学問の源流に触れる。世界史や、人間そのものについて、キリスト教という切り口から学ばせる教養教育としての位置づけになっている。

聖書の時間では徹底して「知識」を与え、礼拝を通して内省の時間を持たせる。

これまたびっくりしたのが、
「礼拝」で聖書の話をしている!!
ということで、つまり、昔はホームルーム礼拝(各教室で行われ、生徒が持ちまわりで話をする礼拝)だと、生徒が勝手に選んだ聖書の一節を読み、スピーチをするんだけど、スピーチの内容は単に自分の関心のあることで、およそ聖書とは関係ないものが多かった。トーンとしては、真面目から不真面目までいろいろだったけど。

今は、聖書の一節はあらかじめ「割り当てられる」もので、そしてそれに関連した内容のスピーチをする。なんと、あらかじめ原稿を書いて担任のチェックをもらうそうだ。

いやこりゃすごく違うことだね…

もちろん、他教科でも、中一理科では徹底した実験・実習をやるとか、高校では理文問わず一年間みっちり、明治から敗戦までの歴史を学び、「なぜ戦争が起き、そして負けたのか」に迫っていくとか、驚きのコンテンツの充実ぶり。

昔も、それぞれの生徒にとって「心に残る授業」があって、それを目に見えない宝として持って卒業してはいたと思うんだけれど、そういった授業は、先生一人ひとりの思うところに任されて行われていたもので、たまたまその先生の授業と生徒の間にビビビッとチャネルが成立したときだけ、大きなものを受け取ることになる。

今はもっと、学校としてどういう組み立てでいつ何を伝えていくのか、明確な意図を持ってカリキュラムを整えているらしい。

みちっと、中身が詰まった感じ。

ま、いいことなんだろうけど…

私が好きだった女子学院はもっと、余白があって、暇があって、授業とか宿題とかはあまり存在感を主張しすぎず、茫漠たる時間と、多種多様な個性を持つ仲間がいる空間と、自由が与えられるところ。何をやってもよく、何もしなくてもいいみたいな、そんなところが心地よかったんだけどねぇ。(つづく)

(*) 10/2発行予定。私の本と同じ編集者さんが担当しているので、見本本をいただきました。

「アンダンテのだんだんと中受日記」総合インデックス

インターエデュ
*みんなの中学受験満足度向上委員会

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2014-09-28 08:03 | 中学受験 | Comments(4)

Commented by yoyo at 2014-09-29 10:56 x
さすがに 30年前のあの教育内容じゃ 今の保護者は(私を含めて)お金を出さないと思います。
子供は幸せかもしれないけれど、
コストパフォーマンスというものが あるものね~(笑
Commented by an-dan-te at 2014-09-30 08:13
yoyoさん、
コスパね~
確かに、何をしてもしなくてもいい自由空間と、受験のための予備校にダブルでお金を払うんじゃね(^^;;

私の親が太っ腹だったことに感謝です。
Commented at 2014-10-01 16:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2014-10-02 20:31
***(2014-10-01 16:58)さん、
そうなんです!! なんか、初めて足を踏み入れたときから、懐かしい~感じで。今のJGの文化祭よりアットホームに思えたくらい(笑) けど、昔のJGと違ってしっかり授業してしっかり勉強させているから、中身はずいぶん違いますけどね。雰囲気は不思議とのんびりゆるゆるしてます。

<< 女子学院今昔: 変わらないこと... 脳の仕組みを味方につけて記憶力... >>