失敗のカオを立てる   

一月受験について、こじろう最初の併願面談でお勧めされたパターンは、「三回か四回受けろ」でした。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←本格的に冬到来。去年のことを思うとちょっとドキドキ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

その狙いは、成功と失敗、両方の経験を積ませることです。
受けて受かるのは自信になるし、でもそれだけだと慢心にもつながる。
受けて落ちるのは不安にもなるけれど、でも本気注入のきっかけになるかも。

模試を受けて偏差値がいくつだ、という結果を受け止めることならこれまで何度となく経験しているのですが、のっぴきならない「合格/不合格」をつきつけられる味わいはやはりそれと違います。

両方を経験して一回り大きくなって、本命に向かっていけ、と。

話としてはわかるのですが、チキンハート、かつ、めんどくさがりな私としては結局、わざわざ「落ちる」ような日程は組みませんでした。

不合格のあと、立て直せなかったら怖すぎる。

でも、親の、失敗をあらかじめすべてよけておくみたいな考え方は、いいのか悪いのかわかりません…


私は、なるべく失敗をよけてしまおうとする過保護親でしたし、こじろうもはなひめも不合格を体験していませんが、それでもおもしろいなと思うのは、親がそういうつもりであっても結局、すべての失敗をよけ切れるわけじゃないってことです。

こじろうのときは、1月31日の通し過去問での「算数からまわり」で、ほんとうに冷や汗をかきましたし、
はなひめのときは、最後の公開模試で「ここまではいかないだろう」というラインを大幅に割り込むドボンをやらかしてれました(-_-;;

これらは、落ちそうな学校をわざわざ受けるというような、作りこまれた「失敗」じゃなくて、自然になされた失敗で、事前には「そんなことないほうがいいだろう」と思うような事態なんですが、あとから考えてみれば、その失敗で子ども自身が真剣になった、慎重になった部分があったなと。

こじろうは、満点を目指してざくざく解いていく代わりに、解きにくいところを残して本気の見直しをして、確実に八割取る作戦に出ました(意識的に失敗を生かしている)。
はなひめも、周囲がどうあれ、自分で集中するということを実践しました(こちらはかなり無意識的かも)。

いずれにせよ、きちんと「失敗」の顔が立っています。

ここから入試本番までの限られた期間に、親が仕込みを入れようが入れるまいが、なんらかの失敗はするでしょう。ここはコントロールできなくても、それはそれでいいんです。ただそのあとで、気持ちを整理して、うまく流れに乗るところを、本人がうまくできない場合は大人がサポートしてやるといいと思います。失敗の顔が立てば、きっと本物の成功に手が届きます。

* 日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」第一回 共働きのメリットもある
* 日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」第二回 学童保育の次の居場所
* 日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」第三回 通塾開始時期、4年生と5年生の違い
* 日経DUAL 「共働きファミリーの中学受験」第四回 5年生「わやくちゃ」な中学受験にしないために
* ブックマークするならココ→日経DUAL「受験」カテゴリー記事一覧

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
[PR]

by an-dan-te | 2013-12-18 13:54 | 中学受験 | Comments(7)

Commented at 2013-12-18 16:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みさまま at 2013-12-18 19:13 x
こんにちは。
新しい記事、うれしいです。
なぜなら、アンダンテさんにききたいことがあったから!
それも、記事のテーマにちょっと近いし。

関西の入試本番まできょうで1ヶ月となりました。
出願もすべて終え受験票も手元に届きました。
うちは、前受けなし、一発目が第一志望校の本番です。

結果は神のみぞ知るですが・・・・
最近は、だめだった場合娘になんと声をかけていいのか、そればかり考える毎日です。
アンダンテさんは、考えましたか?

もちろん、娘は合格すると信じていますが、やっぱり心配。
Commented by かるらぴぃ at 2013-12-19 10:49 x
 たしか、はなひめちゃんの最後の模試は、『エアコンの温風が顔に直撃する席で、暑くてぼーっとなってまったく集中できなかった』という事態が発生したのですよね。
 誰の身にもいくらでも起こりえることなのに、それまで全く想定してこなかった私は、本当に戦慄しました。
 それで娘と「こんなんだったら、どうしよう?」と話し合う機会が持てたんです。 そしたら1月校受験の会場で、全く同様のことがあり、娘は1時間目と2時間目の間に日特の友達(たまたま近くにいた)と連れだって「風があたって凄く暑いんです。」と係の先生に言いに行くことができたと言っていました。エアコン、調節してくださったみたいです。
・・・普段の娘なら何も言えずにがまんしてしまうところ、はなちゃんの記事とシュミレーションのおかげで勇気を出すことが出来、「言えた」という満足感から落ち着くこともできたようです。貴重な記事に本当にとても感謝しております。
Commented by an-dan-te at 2013-12-19 13:23
***(2013-12-18 16:06)さん、
昨日も今日も、なんかすごく寒いです。床暖房入れてよかった~けど、その上でぬくぬくすると別の部屋にいけなくなる(^^;;

睡眠ばっちりとったら、直前暗記タイムを取るよりも結果がよかったわけですね。さもありなんと思います。とにかく集中!! やる気!! それがないとぐだぐだなんだもん(-_-;; こじろうは一夜漬け(徹夜に近い)をしても午前中の試験まではアドレナリンで乗り切れるらしいけど。
Commented by an-dan-te at 2013-12-19 13:33
みさままさん、
前受けなし、いきなり第一志望なんですね。シンプル。

> 最近は、だめだった場合娘になんと声をかけていいのか、そればかり考える毎日です。
えー、そんなことずっと考えてなくていいですよ。
悪いほうを考えるのは1日5分までにして、あとは合格するイメージで埋め尽くすほうが健康にも運勢にもよさそう(^^;;

私は…結果が悪かったときにかける言葉は具体的には考えてなかったと思います。ただ泣いて抱き合ったっていいじゃないですか。どうなろうがとにかく春には中学生になるので、最終的に前向きな気持ちで進学を迎えられればよし。ゆっくり、楽しみなことに目が向くように誘っていけばいいと思います。

今晩立て直して翌日の入試に向かわなきゃいけないというような、急な話のときにはその道のプロ(塾の先生)を頼るのが一番です。親もね。
Commented by an-dan-te at 2013-12-19 13:36
かるらぴぃさん、
自分がやらかしたことを生かして次につなげられるならふつうの人、
何度でも同じ失敗を繰り返すのが愚かな人、
とすれば、
よその失敗から学んできちんと生かすのは賢い人
ですね(^^)

役に立ってよかったです。ブログ冥利に尽きますよ。
Commented by みさまま at 2013-12-19 16:27 x
アンダンテさん、。ありがとうございます!!

確かに、今、合格に向けて必死でがんばっているんですもんね。楽しい想像がなによりですね。
まあ、結果が出たら出たで、そのとき考えればいいんですもんね。

気持ちがうんとかるーくなりました。
大体、一番不安なのは、娘のはず。親の私が、どーんとしてなくてどうする!ですね。

<< 連絡用ページ 成績急降下のときは >>