■脳みそ活用法(記憶、スピードなど)   

中学受験では、暗記しなきゃいけないことがたくさんあるから、いわゆる「記憶力」がいい人がうらやましくなることもあるかもしれませんが、案外、「記憶力」も「使いよう」ということがあります。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←鳥頭の自覚があるだけに真剣に考えます。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

暗記力ってなくちゃダメ?? その1:経験でバックアップ
暗記力ってなくちゃダメ?? その2:理解でバックアップ
暗記力ってなくちゃダメ?? その3:回数でかせぐ
暗記力ってなくちゃダメ?? その4:忘却曲線を味方につける
つまり、「生」の記憶力の良し悪しはさておき、その運用で実用的なパフォーマンスはぜんぜん違ってくるものなんです。

五感を使った記憶術??
顕在記憶と潜在記憶
潜在記憶的アプローチ「マイクロステップ学習法」

脳みそのかたちは人それぞれなので、
きょうだいを比べちゃいけないっていうけど
それで「地頭」って、磨けるものなの?
最適な記憶法も人によって異なります。
暗記モノに勢いをつける(またろう編)
暗記モノに勢いをつける(こじろう編)

自分でしっかり考えて、試してみて、ベストな方法を見つけられるといいですよね(親が考えるんじゃなくて…)。
頭を使って勉強する
自分流の暗記術を身につけよう

ところで、「忘れる」ということも人間の脳の中で非常に重要な働きなのです。忘れてばっかりいる…ということを嘆くより、ほどよく忘れることを利用して理解を深めましょう。
覚えてもすぐ忘れるのよ。とお嘆きの方に。
記憶力の強すぎる人って危険なのかも

「紙と鉛筆」は脳の働きの延長ともいえます。これを上手に使うかどうかでパフォーマンスは大差になります。これまた、人によって「合う」使い方が違ってくるものですけど…
外部記憶/演算装置「紙と鉛筆」
理系脳と「美しいノート」
ノート見る派vsノート見ない派
きれいなノートは好きですか
ほんとうに美しいノートの条件
汚字は受験の妨げですか?

処理スピードについては、はなひめの受験の間ずっと悩まされました。いや過去形じゃないんだけど。
この処理の遅さをなんとしよう
速読と自習室、見学してみた
速読のゆくえとテトリス
「速読」を試してみたこともありました。狙いは悪くなかったような気がするんですが、「速読」が効果を上げるほど十分な時間を割くことができませんでした。なにしろ、処理が遅いもので(爆)

それより、実際の役に立ったのは、基礎基本の徹底です。しっかりはっきりした理解の核があると、はなひめのパフォーマンスは飛躍的に改善するので。
苦手こそ やることしぼって 二回転
基本問題を、繰り返し。

テストで実力を発揮するために
テストじょうずへの道
緊張と解放
ちょうどいい緊張はどこにある
本番に強い子

早期教育について
早期教育のよい面、悪い面
早いことは、いいことなのか?? 中受的に。
神童も、二十歳過ぎれば…

脳の活性化、男女差ほか
将棋はやっぱり「生」ですね(^-^)
将棋部の中で
ピアノをやると頭がよくなるの?
算数や数学に男女差はない!?
集団の差と個人差と

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-11-25 13:21 | 中学受験 | Comments(9)

Commented at 2013-11-25 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-26 00:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-11-26 07:42
***(2013-11-25 22:22)さん、
おぉ、テトリスやパズルや探し物!! 探し物も洞察というかヒラメキというか、右脳なんですかね(笑)
なんか、強引に結論に飛びついていける勢いみたいなもの。

自分の「脳みそのかたち」は、自分とはあまりにも違う夫や子どもたちとの比較で否応なしに把握できてきました。子ども三人産んでよかったです。
Commented by an-dan-te at 2013-11-26 07:45
***(2013-11-26 00:08)さん、
あ、それはね。私的にはあんまりヒットしなかったんです。積読になりました。

毎日ノートは毎日できる気軽さがミソなので、おっくうになるほどの量じゃまずいんです。少なすぎるくらい少なくして始め、増やすときはビミョーに「盛って」いって抵抗がない程度に。

国語は、結局こじろうのときは「収束」感がなかったですけど、過去問に限って収束させて終わりにした感じです。最後はもうその手しかないね(^^;;
Commented at 2013-11-26 16:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-26 23:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-26 23:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-11-27 18:49
umaumaさん、
お、Nデビューですか。
受験しない場合のNの活用というのは、やったことがないのでよくわかりませんが、よほど自分をしっかり持っていないと(受験へ)流されてしまいそうです。上手に活用してくださいね~

カリキュラムや教材はしっかりしているので、内容としては得るところが大きいと思います。
Commented by an-dan-te at 2013-11-27 20:09
***(2013-11-26 23:29)さん、
んーそうですねぇ、さすがに四年生から過去問傾向を考えて勉強カスタマイズしてる人も少ないのでは!? とかくマニアックに調べては先走って段取りそうな私ですらそんなことはしてません(^^;;

まずは四年・五年、しっかり塾カリキュラムに沿って進めればいいでしょう。

まぁ五年の途中で、どうしてもできないことがあるときに、親が過去問を見てみて、「詩は出ないから捨てよう!!」とか「記述のない学校だからいいや」と諦める(笑)ときの材料にはなります。

記述が多い学校になりそうということなら、とりあえずはテキストにある記述の問題をさぼらず丁寧に取り組むということでよいと思います。

<< ■入試本番編(こじろう・はなひめ) ■中学入ってみてどう? >>