■入試直前一ヶ月の勉強   

本命入試直前の一ヶ月間というのは、たいへん「濃いぃ」期間です。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「踏み切り」を合わせてしっかり飛び越えたい
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

コツコツ「積んでいく」という意味での実力の「伸び」でいえばたかだか一ヶ月分なのですが(まぁそれだって決して小さくはありませんね)、本番での時間の使い方、ミスの抑え方などの調整、あるいは実力が発揮できるような気分の持っていき方など、けっこう本番でのパフォーマンスが大きく違ってくる要因が詰まっています。

本年は、一月校の過去問ラッシュから始まりました。
新春過去問祭り: 一月一校目
意図しない採点ミスで知る二点の重み ←一月の二校目

科目別、一ヶ月間の勉強方針まとめ
残り一ヶ月の勉強-算数編
残り一ヶ月の勉強-社会編
残り一ヶ月の勉強-理科編
残り一ヶ月の勉強-国語編
入試前日泥縄勉強やるなら、国語!?
入試の場合、ふつう「一夜漬け」とかしても意味ないですけど、「ドロナワ」なうならあえて国語かなと。けっこう効いたような気がします。

一月校入試が済んだところで、いよいよ
本命校にモードチェンジ!!
問題文の読み取り方・考え方・答えの表現ポイントなど、急に焦点がぴったり合ってきた感触がありました。
よしぞうの強み
「ダレる」でなく「リラックス」。「緊張」でなく「集中」。ここぞというときに実力を発揮する気合の入れ方(?)はよしぞうの得意技です。子どもたちにどれほど伝授できたのかは??

直前に通しで過去問する怖さ
算数でスベる怖さ
算数は、力みすぎずちょうどよく集中して、テンポよくミスなく解きたいもの。跳び箱の「踏み切り合わせ」に似た調整で、実力以上のものが発揮できる(というか実力が発揮できない事態を回避できる)ように思います。

歩みをとめないこと。
準備は万全に、そして淡々とその日を迎えるのがよいと思います。


ところで、こじろうのときは…
あと一ヶ月でできること
こじろう完オフデー!?の顛末
こじろう版一月計画表
完オフデーのやりなおし!?
穴が残っちゃいけないの??
Xデー前日
とにかく淡々と「計算」「漢字・語句」「再チャ」「メモチェ」してせっせと穴ふさぎにいそしんでいるのはいいんだけど、本人はまだなんだか本気なのかどうか、テレビゲームとかのほうに関心があるみたいだし、急に「ピントが合ってきた」というような体験も特になく。そして前日にはつるりと滑って大ハズし。

いいのかねこんな流れで!? と思うけど、結果はがつんと決めてくれたので…まぁ、テストに強い子だよね…

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-11-20 13:07 | 中学受験 | Comments(2)

Commented at 2013-11-20 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-11-21 09:48
***(2013-11-20 21:04)さん、
男子の受験はたいへんなのかな? またろうの受験はそりゃたいへんだったけど…こじろうの受験よりははなひめの受験のほうが大変だったような(単に喉元過ぎてるからかも!?)。

こじろうの本番強さは受験以外の場面でもわかってたけど、またろうやはなひめが本番強いのは確信持ててなくてちょっとドキドキ…「本番強い」というより「ふだん弱い」という気もするけどね。

<< ■自律・自立への長い道のり ■コツコツ算数のゆくえ >>