■やる気スイッチを探す旅   

うちの子の「やる気スイッチ」はいったいどこにあるんでしょう!? って…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←ほどほどの「やる気」でもなんとかなります
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

もし、「やる気スイッチ」の入った状態というものが、本人の意思で寸暇を惜しんで勉強に邁進している姿だとすれば、そんなものにお目にかかったことはありません。我が家では。子どもたちの話だけじゃなくて、自分でもそんなことは一度もない(^^;;

そこまでじゃなくても、「ほどほど」のやる気があれば十分受験できます。
ほどほどの本気をつないでいこう
たとえば、「やることさっさと済ませて、遊ぼうか」っていうくらいの。
やる気スイッチはどこにある…はなひめ四年生

まぁでも、その程度のやる気でさえ見られないときが多くてイライラするわけですけど。
受験ストレス・マネジメントとブログ
ストレスマネジメント実践編: イライラを分けて考える
ストレスマネジメント実践編: イライラの元を個別撃破
過去のことより、未来について語ろう

「ゲーム権」を「アメ」にして勉強に向かわせるやり方は、便利な面もありますが逆に難しい面もあり…
勉強済んだらゲーム時間?
「アメとムチ」の考え方、ゲームの場合
ゲームの誘惑と戦う(^^;;

こじろうは「アメ」が効くタイプではあったのですが(それはそれで貴重なことです。またろうやはなひめにはほとんど効きませんので)、だからそれに依存してしまった面がないとはいえません。
スキー条件設定

そういう…本物ではない(外的な)「やる気」は、ある日折れることもあります。たぶん、本物のやる気はそれよりは強いんでしょうけど、でもやっぱりそれだけにショックなことがあれば本格的に折れてしまうこともあるかもしれません。
こじろうのストライキ
こじろうのストライキ、その後
子どもがストライキを起こしたときどうする
ストライキからの回復
それでもまた、そこから、どうすればいいかを考えて、それまでよりちょっと深く納得して、動き出せたらそれでいいかなとも思います。

目の前に「勉強」と「遊び」があるときに、つい「遊び」に流れちゃうというくらいのことは、子どもならごく自然なことで、その程度の「やる気のなさ」であれば、親がうまく「あるかなきかのやる気」をつないで受験まで持ち込んでしまっていいと思うんですけど。根本的なところで「やる気(受験の意思)」がないといけないので、そこだけはよく確認しておく必要があります。
「受験やめなさい」って禁句ですか?
はなひめは「アメ」「にんじん」が効きにくい分、いい感じの「やる気」が後半に出てきたように思います。こんなのでも十分アリです。
勉強意欲の源は、チャレンジ校とは限らない

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-11-18 13:18 | 中学受験 | Comments(2)

Commented at 2013-11-18 20:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-11-19 21:08
***(2013-11-18 20:51)さん、
やる気スイッチがない時間帯(^^;;
比較的誘惑や障害の少ない「とき」「場所」を選んで勉強の「枠」を設置するというのがやっぱり継続しやすいですよね。

その「枠」が無理なく設置できる範囲内で受験勉強して、あとはふつうの生活をする…という、そういうぬるいのでもそこそこいけると思うんですよね。もっとがむしゃらにやることで「あそこまでがんばった」という体験をするという考え方もあるけれど。

<< ■コツコツ算数のゆくえ ■苦手の国語、得意の国語(読解) >>