■社会、今からどれだけ追い上げられる?   

■出遅れた社会の立て直し」にまとめたように、こじろうのときに後手後手に回った教訓を生かして、いろいろ改善したはずなのに…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←社会、今まだダメでもここから追い上げ「あり」です
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

地理ってどのくらい覚えてる?
いまさらですが、歴史漫画
公民開始、まずは憲法から

やっぱり社会は低迷(-_-;; 暗記が苦手なのはこじろうもそうなんだけど、はなひめは輪をかけて苦手みたい。とにかく積み重なっていかなくて、成績最悪になったところ、六年カリキュラムが始まるあたりで、「風呂場の社会」(一日2ページのテキスト音読)でなんとか上昇してきたところまでが前回のお話でした。

上昇といってもたいしたことはなく、他科目よりずいぶん苦手なことに変わりはありません。

そうこうするうちに、六年夏になると「メモチェ」も始まります。
社会メモチェを「賽の河原」にしないために …こじろうのときに培われたノウハウはあるはずなんだけど…

それを適用してもうまく回っていきません。
社会メモチェをサクサク進める方法!!
メモチェの進行状況
夜の社会暗記タイム
なんか、頭がザルなんです。

算数の基本や、計算は、日々コツコツとやることが一番のベースになると思うんですが、社会は短期間(短時間)にまとめて概観することで、一気に見通しがよくなることがあります。

はなひめみたいなタイプ(「納得」が出来上がらないと進めない)の場合、知識をばらばら積んでいくことより、見通しが大事なのかな??

と思って、六年秋も深まってから「スペシャルデー」を企画しました。つまり、大まかな「網」を張っておいて、今後はその網の上で適切な位置に知識を乗せていくことで、混乱を防ぎ秩序だった知識構築をしようという意図です。

第一弾は歴史(六年生10月下旬):
一日まるごと歴史スペシャル!!
一万年と二千年前から…現代まで
なぜ、模造紙なのか。

第二弾は公民(六年生11月下旬):
歴史の次は公民スペシャル!?
公民スペシャル!!

しかるのちに知識の仕上げ。いや、「仕上げ」というには全体がまだハラホロヒレハレですけど、「スペシャル」を経てようやく薄く広く網を張れたところへ、なんとか知識をくくりつけていくことができるようになったように見えます。

歴史「早押し」基本チェック
暗記、もう後戻りはしたくない。 ←残り50日!!
いまさらですが地理基本知識確認

こじろうのときは、メモチェ開通がようやく1月10日くらい(入試本番始まりますがな…)で、「ふー、危ないところだったぜ」なんていってたのが、今回はそれどころか、もうメモチェを仕上げることは放棄しました。それは、前回よりよけい話が遠いから(^^;; というのもあるのですが、なにより、志望校の過去問を解いてみて、メモチェを仕上げることはあまり重要でないと思われたからです。もっと「よりぬき」知識にしたものを、つながり・まとまりを意識して「乗せて」いきました。

残り一ヶ月の勉強-社会編
メモチェの代わりに新鮮過去問(社会)

こじろうの場合、「メモチェスピードアップ&開通!!」でようやく手ごたえを得られましたし、はなひめの場合は、いろいろな過去問をやっていくうちにようやく「知識」がどのように必要なのかがわかり、最低限必要な知識がつながって定着するようになった感じがします。いずれにせよ、入試本番には社会が足をひっぱらなかった「気がする」のですが、それっていわゆる模試の偏差値では証明できないわけです(六年一月とかの話だから)。

社会って、あとからでも大丈夫?
…まぁ、できれば後回しにしないほうがいいけど、今からでもかなりいける科目ではあります。

他塾教材を併用するメリット …これは五年後半にお奨め
公民分野お助け教材 …これは公民分野を習い始めるときにお奨め
難関校にはメモチェじゃ不十分!? …社会科攻略に知識は大事だけど、でもそれだけじゃない。当然ですね。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-11-06 13:27 | 中学受験 | Comments(4)

Commented at 2013-11-06 14:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-11-07 19:21
***(2013-11-06 14:28)さん、
ま、子どもが自分の身近なところから認識を広げていくのは当然のことですから…

おばあちゃんの話とかはいいですよね、身近に感じられますから。せっかく旅行にいったら、そこからも話を広げたり…でも、その「語り」がうまくないところがたぶん「素養がない」んだろうなと(^^;;
Commented at 2013-11-13 19:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-11-13 22:02
***(2013-11-13 19:45)さん、
こじろうのときは、メモチェにこだわって年明けまでかかって(^^;; いちおう覚えきってみて、それはそれでよかったかなとは思います。

はなひめのときはメモチェを諦めて最小限の知識の深い定着を図り(上記にある、残り50日から作成したノートです)、あとは過去問練習で知識の活用やネットワークのほうを重視していきました。

目指す学校により、本人の性質により…といったところでしょうか。

<< ■中学受験と公文 ■ブックレビューまとめ >>