■何はさておき、計算と一行題   

中学受験をするということは、とりもなおさず、計算練習を毎日まいにちすることだと私は思っています。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←計算と一行題、漢字と語句を「積んで」いれば大きな間違いはない
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

計算が速く正確にできなきゃお話にならないから、ということでもあるし、
毎日まいにち積み重ねることがどうつながっていくのかをわかりやすく体験できる場であるから、でもあります。

だから、はなひめが入塾したときはともかくまず「計算と一行題」という教材の消化を軌道に乗せることを考えました。

計算力向上、まずは「見える化」
スピードと正確さを記録することで、本人に努力の方向が見えるようにします。
計算一歩一歩
まじめにやると、けっこう1~2ヶ月で改善されてくるものです。

数とおともだちになろう

だんだん、数が「ぱっとみえて」来るようになると、見通しがきくようになります。また、計算の「おっくう度」が下がります(^^;;

間違えたものは、その場で修正するだけではなくて、必ず後日再チャレンジして、確実につぶしていきます。
「うっかりするにはわけがある」もので、ミスしやすいものは特に念入りに練習しておく価値があるからです。

計算ミス対策にも、やっぱり穴埋め!!


計算と一行題を重視するのは、簡単な問題を落とさないためだけではありません。ごくごく簡単な問題がすいすいすらすらできるようになると、不思議とはるかに難しい問題がすっと解けるようになるからなんです。
算数苦手女子の霧が晴れるとき
「計算と一行題」で化学反応を起こそう

教材ですが、「計算と漢字」というのが日能研スタンダードでありますが、「一行題」部分が弱いです。はなひめの通う教室ではそれを補う、手作り感あふれる教材が配布されていたのでそれを軸にやっていたのですが。
「計算と一行題」の教材
補足: 「計算と一行題」問題レベル
理想の「計算と一行題」を夢想する

「計算と一行題」重視は、算数苦手女子の専売特許じゃありません。
こじろうも、とにかく毎日計算すること、ミス問は再チャでつぶすことは確実にやっていました。2月1日の朝まで。
算数偏差値70への道も60への道も
ただ、ほんとに「やってるだけ」で、途中式の書き方までは踏み込みませんでした。踏み込まずに済んでしまったというか。いいことかどうか微妙ですが。
暗算したがる人々

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-10-27 10:12 | 中学受験 | Comments(2)

Commented at 2013-10-28 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-10-28 13:15
***(2013-10-28 00:13)さん、
検算の時間を作るにもスピードが必要ですね。
計算を毎日やるのと、週末一気にやるのと、トータル量が同じでもたぶん成果は同じにならないんです。日々忙しくて難しいですけど、なるべく毎日(に近く)やりたいですね。

まだ志望校は決まってなくても大丈夫じゃないですか? 性別が異なると調べなおしでたいへんですよね~

<< ■うっかりミスとうまくつきあう ■個別塾(ユリウス)活用法 >>