大学受験昔々: 数学、何がマズかったのかなぁ   

子どもたちの科目間格差について、自分のことは棚に上げてさんざん嘆いてきたけれど、まぁ私もけっこうあった。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←数学ができたら人生変わってたかっていうと、よくわからないけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

社会がぶっちぎりでダメだったのは、共通一次しか関係ないのでとりあえずおいとくとして、二次試験で必要な科目の中で、東大実戦とかの偏差値順に並べるとこんな感じ:
物理>英語>国語>化学>>数学

理系なのに数学苦手とかナニソレ。だって社会はもっと嫌いなんだも~ん(^^;;

幸い、東大は科目数が多いので、数学が零点近くてもほかでカバーすればいいとして(え?)
私大は数学の存在がでかいよね。

いくら英語で稼いでも、国語はないし、数学があんまりダメじゃさすがにやばい。

そもそもなんで数学が苦手になってしまったのか…

そんなに嫌いなわけではない。社会と違って。むしろけっこう好き!?
話としてはおもしろいじゃないですか~いろいろと。物理も得意だし、数学そこまで苦手じゃなくてもよさそうだけどね。駿台に通うようになってからの勉強スタイルはといえば、予習のとき自力でなるべく解いて、授業聞いて、復習する。その他の教材には手を出さないで駿台テキストに集中。特におかしなところはないと思うが…

そのころのダメダメな数学の答案とかあったらちょっと「貸してみろ!!」といって見てみたいけど、そこまで物持ちよくないので想像でいうと、計算力がないために霧がかかってる状態だったのではないかと。たぶんね。

そういうふうに思い当たったのは、後に、そういうタイプの女の子の家庭教師をやったときの体験から。
(参考: 「算数苦手女子の霧が晴れるとき」)
あー私もコレだったんじゃないだろうか、と思い至ったのだ。遅いって…

私の性格の根本を支配しているのは「面倒くさがり」ということで、英語の勉強でも、数学の勉強でも、ミニマムセットをもって良しとするみたいなところがあった。英語は前回書いたように、非常にヒットして、少ない勉強で英語が取れているという、コスパでいえば誰にも負ける気がしなかったくらいなんだけど、これは数学にはまずかった、らしい。

おそらく、一般的に、英語にはよく、数学にはダメということではなくて、あくまでも「私の素質」に対して合う合わないの話。私の場合、英語は「少量みっちり」で発火する素地があり、数学にはないということ。

私が若気の至りでバカにしていた、瑣末な演習をえんえん繰り返すようなことっていうのは、私が数学を解けるようになるためにはたぶん必要だったのです。

…ということがわかっても、後の祭り。というわけで、大学受験の本番まで、結局数学はお荷物なままでした。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-10-02 21:57 | 大学受験 | Comments(7)

Commented by 21vertex at 2013-10-03 20:15 x
何をいまさらという面もあるし、アンダンテさんなりの答が出たので付け加えるのも野暮ですが。非常にラフに言って、共通一次(あるいは私大の数学)は無問題だけど、東大の二次が苦手だったと言うことですね。

東大の入試問題は定型もあるけど、かなりの部分、つかみどころのない問題で構成されている。空間図形、整数問題、確率、微積分が頻出分野と言われており、特に最初の2分野に苦手意識がある?とか。

あと、隠れた主題として試行錯誤と論理がある。試行錯誤は、n=1,2,3くらいを小手調べで計算して問題の本質をつかむ技。そうした泥臭い作業を厭わない精神力が求められている。論理とは、「○○が存在する(あるいはちょうど○個存在する)ための××の存在範囲を図示せよ」的な問題。この種の論理にほとんどの文系受験生はお手上げだし、理系受験生でも相当怪しい。でも頻出しています。この辺りが数学の苦手感が払しょくできなかった理由かと。
Commented by gura at 2013-10-03 23:02 x
物持ちの良い私も、ダメダメ答案は処分したと思います。物持ちが良いというより、高校卒業後一人暮らしをしていたので、部屋がタイムカプセルのように残っているだけなんです^^今や物置。

数学、もっとゆっくりじっくり勉強する高校へ行けばよかったなあと思います。中学数学は、もう少し短い時間でできたと思います。中高一貫なら無駄が無くて良いな。

スパイラル学習も良いけど、体系的に学習するのも良いですよね。体系的にやると、一気につながる感じがいいと思います。いくらスパイラル学習をしても、積んでなければ一からやるようなもの。私にはものすごく細かいスパイラルが必要だったと思われます。

Commented by スケルツオ at 2013-10-04 07:08 x
大学受験のレベルで考えると、物理に比べて数学ってものすごく時間がかかりました。
でもね、数学をかなり当てにできるくらい引き上げても、大学の教養では数学で落ちこぼれたわけだから、あの受験勉強ってなんだったんだろうと思ってしまうわけです。

アンダンテさんの場合、物理や国語、英語の実力ですでに合格圏に入っていたんでしょうから、結果オーライですね。

東大が理系に国語や英語リスニングを二次で課すのは、文系の基礎知識や能力、外国語の基礎的な能力を要求しているからなわけで、まさにアンダンテさんのような人材を大学は求めているんですよね。
Commented by an-dan-te at 2013-10-04 08:04
21vertexさん、
いやもうほんとにおっしゃるとおりです。
早稲田と東大の間に壁があって。

定型でない。試行錯誤も必要。
> 泥臭い作業を厭わない精神力
私にいちばん欠けているものですね(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-10-04 08:08
guraさん、
タイムカプセル(^^;;
それはそれで財産かもしれないですね~
今はやりの断捨離の逆を行く。

> 数学、もっとゆっくりじっくり勉強する高校へ行けばよかったなあと思います。
> 中学数学は、もう少し短い時間でできたと思います。
中高一貫校の数学は、基本的にこの発想ですね。

JGの数学は非常にふつうで工夫がない感じ。はなひめの学校は、「積む」ところを目配りして、みんながちゃんとやるように気をつけてる感じ(^^;; これから先どうなっていくのか興味津々です。
Commented by an-dan-te at 2013-10-04 08:10
スケルツオさん、
数学って、ほんとはもっとずっと時間をかけなきゃいけないものだったはずなんですよね。特にそっちに冴えてる人じゃないんだし。

> 数学をかなり当てにできるくらい引き上げても、
> 大学の教養では数学で落ちこぼれたわけだから、
あぁ確かに…そういう話はよく聞きますね。
なんというか、大学の教養の「教えるスキル」が低すぎるような気もするんですけどね。今はちょっと違うのかな。

> まさにアンダンテさんのような人材を
えっ、それはどうだろう(^^;; 数学がもっとできるほうがいいんじゃない?? やっぱり。
けど、理系にだって言語能力が必要だとは思っているでしょうね。
Commented by 21vertex at 2013-10-04 10:27 x
>大学の教養では数学で落ちこぼれた
大学教養の数学の二本柱は微積分と線形代数(大学によっては幾何)ですが。今にして思うと、これらの科目は数学科あるいは理論物理などを専攻する人向けの数学だったんですね。だからその他大勢にとってはできなくて当たり前だし、できなくても困らない。むしろ指導要領の改訂時に、工学出身で結構数学はできるけど教養数学に痛めつけられた人によって、数学の内容削減されたりとか、親の因果が子に報い的な展開になってます。梯子外されてあわてて「分数ができない」キャンペーンを張っても遅いんです。

私自身はε-δは数学の世界遺産的なもので、その精神を学び理解するのは意味あることだと思ってます。あるいは証明のための一手段と割り切るか。線形代数は数学科に行っても次元とか基底とかで困らないように基本概念をまとめたパッケージ授業の趣があると(後で)思いました。だからジェネラル・ナンセンスでその他大勢には面白くないんですよね。

<< ミスも含めて実力です…けど 外部記憶/演算装置「紙と鉛筆」 >>