個別塾の落とし穴~自学自習時間は取れてる??~   

前に、「個別塾の落とし穴」という記事を書いたときは、ビジネスモデル上の危険な点について触れました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←結局、自分で頭と手を動かさないことにはね
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

お金ではなくて勉強のほうで注意すべき点というと、これはもう、「自学自習の時間は取れているか??」これに尽きます。

「受験BIBLE」で、庄司氏の娘さんはサピとトーマスを併用していた時期があったのですが、それはどうもうまいほうに働かなかったと庄司氏は感じたようです。「「依存症」気味の娘は、TOMASの先生に算数の問題を頼りきってしまうきらいがあった。そのため、「自分で苦労して問題を解く」ことをしなくなっていた。」

もちろん「自分で苦労して」といっても程度問題で、手も足もでない問題の前で「だるまさん」になって長い時を過ごしてもしょうがないのだが(というか、自分の頭で考えるどころか、ただ頭が真っ白になっているか、宇宙と交信しているんでは役に立たない)、とにかく自力で読んで考えて自分の頭から何か取り出すという作業をしないとそれは勉強をしたとはいえない。

個別塾なり家庭教師なりを頼む場合で、特に、大手塾と併用してという場合は、その残りの時間というのが非常に少なくなるはず。塾では先生の講義を聞き、また、個別塾あるいは家庭教師の先生から説明を聞く。聞くばっかりでアウトプットしないのでは定着するものがなくなってしまう。

個別塾あるいは家庭教師でも、よい先生であればそのことを配慮して、子どもからアウトプットさせる時間の作り方を工夫するだろうし、ただ一人でほっておくよりも、子どもが実のある「頭と時間の使い方」ができるように組み立てるだろう。

しかし、一介の学生アルバイトの身としたら、そうやって子どもが自分の頭を振り絞るための「間」を取るのはけっこう怖い。区切られた時間いっぱい、誠心誠意、わかりやすさに心を砕いて「説明」していれば、少なくとも勤務怠慢のそしりは免れるが、黙って子どものやることを見守っているのは、どう思われるか(子どもが親にどう伝えるか)と不安になってしまうとしても、責めるのは気の毒だと思う。

先生が「まじめに」時間いっぱい説明をして、定着のための宿題は出しても、それをやってこなかったときにとりあえず平和を重視して叱らず…となると、先生の勤務態度として悪いところがなくても(そして説明は決して下手でなくても)、学習の成果がまったく上がらないということが起こりうる。

仮に、説明を半分にして、残り半分の時間を自分で考える時間にしたらまだしもうまくゆくとしても、先生の一存でそうするのは勇気がいる。さぼってるみたいに取られたら嫌だものね。

はなひめをユリウスにお願いしたときは、家がなかなか勉強する環境にないので、集中して勉強をすることができるように見守ってほしいということを強調していた。それと、ユリウスは1対2が基本なので、そんなにびっちり説明だけということはやろうにもできないってのがあるけど。それに、コマをとるときは自習室利用もセットにしていたしね。自習時間をきっちりとるための個別塾。こちらがそれを望んでいることを、塾側にも認識してもらえれば、失敗は少ない。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-09-24 12:59 | 中学受験 | Comments(8)

Commented by gura at 2013-09-24 15:00 x
自分で考える時間って大事なんですね。うちの子供たち、宇宙と交信していることが多かったので、宇宙語が話せるようになったみたいです。たまに面白い事を言ったり、書いたりしているの。芸術面ではよかったけど、勉強が進まないのはこまりもの。

家庭教師をしているときは、入塾試験に落ちるような、集団が苦手なようなお子さんが多かったんです。いずれ一人で勉強できるように、一生の財産になりますから見守ってください、とお家の方にお願いしていました。実際お世話した方は、自学できるようになり、その後の進学や就職もうまくいったそうです。どんなに勉強が苦手なお子さんでも、自分で学ぶ喜びを知ったら、力がつくんですね。という感動的なお話なんですが、なんでわが子は宇宙を旅したり、面白い工作を完成させたりしてるんでしょうね・・。

とある計画に便乗して、アンダンテさんにお会いできる計画を
練っていたのですが、元の計画が無くなってしまいました・・。別のことを考えて見ます^^本と腕輪が行き来したみたいに、人間も気軽に行けると良いな。
Commented by スケルツオ at 2013-09-25 07:29 x
個別指導では、指導時間内に問題を解かせることから始めるのはNGなんですって。
じっくり考えさせるような宿題を出しておいて、そのフォローを授業時間でやるってことのよう。
理解できていない部分を先に把握した状態で指導を始めるのが原則っていうことらしい。

でもそんな理想通りに進むってのはかなり困難なわけで。
生徒が宿題をやってこないとか、適切な宿題、課題を設定するのも難しいし・・・。
とにかく教えるセンスも大事なんで、試行錯誤が続いているようです。
Commented by an-dan-te at 2013-09-25 12:18
guraさん、
えー、宇宙と交信派なんですか…
じゃ、そこ経由でまたろうともお友だちかも!?

> なんでわが子は宇宙を旅したり、面白い工作を完成させたりしてるんでしょうね・・。
なかなか、他人の子に接するようにわが子に接することはできないもんです。よくも悪くも愛なんだな。

> 元の計画が無くなってしまいました・・。
あら残念。。
Commented by an-dan-te at 2013-09-25 12:21
スケルツオさん、
> 指導時間内に問題を解かせることから始めるのはNGなんですって。
え、そうなんですか。なんかそんな雰囲気は感じたのですが、明示的にそういわれているのですね。

でもねー、よく中高一貫に入ったあと、英語とか数学とか苦手だと個別塾に入れるじゃないですか。それで、丁寧に説明してもらって、宿題はやらず、やさしい先生は怒らないし、そのペースでいくら通ってもまったく成績は向上しないという…

時間の半分を削って宿題するとこ見張ってもらったほうがいいじゃん、と思うんですけどね。あるいは、家と塾ではさみうちにして宿題を強制するか。どっちも、商売的には難しいんですかね。
Commented at 2013-09-25 13:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gura at 2013-09-25 13:55 x
普段は活発でひょうきんで運動好きな子なんです。休み時間は、沢山の友達と外で駆け回っているリーダータイプの子です。でも家で一人になると、読書と工作。いないかのように静かです。実際、呼んでも返事しないから、家中を探すのに苦労します。勉強するときは、宇宙人が個別指導についている様子です。宇宙人は何を教えてくれているんでしょうか。

この話は、つきないので、またろう君のページへいかなくちゃ^^

やんちゃな子達と生傷を作りながら遊び、またろう君な子達とまったり遊び。中学選びに困りそうです。
Commented by an-dan-te at 2013-09-26 12:50
***(2013-09-25 13:42)さん、
おー、久しぶりです。迷いは晴れましたか!?(^^)
英単語って、綴りを覚えるコツをつかむまではなんかたいへんみたいで、はなひめは早かったしこじろうはふつうだったしまたろうは超遅かったけど(^^;; まぁいつか…たぶんそんなにかからずに乗り越えてくれるんじゃないでしょうか。

何か教えてもらうというより、家の中だと勉強する雰囲気じゃないというのが問題だったりしますよね。

うちもけっこうそれが問題だわ…リビングはいつもざわざわバタバタしてるし個室は狭いし。
Commented by an-dan-te at 2013-09-26 12:51
guraさん、
でも「動」と「静」を兼ね備えているんですね。バランス取れてていいじゃないですか?

> 実際、呼んでも返事しないから、家中を探すのに苦労します。
(^^;; うちは狭いから大丈夫でした(笑)

<< 大学受験昔々: 中学時代は遊ぶ... 受験ママ友って楽しい!!(ネット編) >>