女の子は後半伸びない!?   

はなひめが六年生の夏休み中に、夫婦喧嘩というか見解の相違というか、とにかくちょっとした諍いがありました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←そういえば、中受は男女別枠、大受は混合枠がほとんどですね。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

六年前期のはなひめの成績は、いいときもあり悪いときもあったけれど、全体として、こじろうのこの時期ほどの安定感はありませんでした。でも、そのふらふらした成績を単純に平均とって考えれば、わりと余裕のある(と塾ではいわれる)志望校選択だったのですが。

よしぞうは、「このままじゃ危ないのではないか」と言い出したんです。

その根拠は、(1) 「女の子は六年後半伸びないから」というか、「男の子がここからぐぐっと上げてくるから」相対的に地すべりし、たとえば平均偏差値を数ポイント下げたとすればR4ぎりぎりになってしまうじゃないかと。

一般的な男女差のことだけでなく、(2) 私がわりとはなひめを(こじろうのときよりも)びっちり見るスタイルでやってるので、伸びしろがないんじゃないか、下げていくんじゃないか、というわけです。

それと、志望校決めではよく平均偏差値で考えますが、(3) 幅が大きいというのは悪いときは悪いということであって、悪いときに当たればそりゃ落ちるだろうと。

私は、すごく「むっ」としまして、反論したのですが…
まぁ、反「論」といいましても、実際のところはやってみるまでわからないんで、リクツってほどのことでもないんですけど、そんなことをいえばよしぞうのいってることだってたいしたリクツじゃないですからね。

まず、(1) 「男子は後半ぐぐっと」とかいっても、そういう子もいるだろうってくらいで、現に男の子であるところのこじろうは別に上がりゃしなかったじゃないか(爆)。まぁぶっちゃけ、今までろくすっぽ勉強しとらんかったのに突然本気になって急上昇するような子は男子に多いかもしれないが(←なんとなく)、男子ははなひめの第一志望校を受けないんだからいいのだ。つまり、現時点で、偏差値というより男女別順位や志望者内順位で特に危なげがなければ男子がどうあろうがほっとけばよい。

(2) については、どう影響するかわからないけれど、何をやってて何をやってないか、何ができて何ができないかよくわかっているので、「基礎工事の思わぬ手抜きが発覚」とか「こんなところに大穴があった!!」とかいう突然の(驚愕の)急降下などはかえって起きにくいと思う。

(3) については、はなひめの実力は現在見えている「平均」なんぞよりずっと上なのであって、ちょっとばかりテスト中に「ぼーーっ」とする癖があるからそれがうまくアウトプットできていないだけなのである。むしろここから本気になれば(なればだけど)、見かけ上、激伸びするのははなひめじゃないかと私は思う、と(親ばか全開モード!!)。と、私は主張した。

理屈としてどっちがどのくらい正しいとか、そんなことは知らん。だいいち仮に、理屈や一般的統計事実でその時点の決着をつけたところで、これから起こるただひとりについての現実の前には空しい。

実際のところ、それから秋に入ってはなひめの成績はやや上昇したので、六年前半と後半で平均偏差値がどう変わるかということでいえば「私の勝ち」だった(笑)

要因としてはやっぱり、ぼーっとしたタイプは集中が難しくて普段は実力をいかんなく発揮しているとはいえない状態だからこそ、六年後半は(というか、典型的には本番だけは)改善するというところが大きい。相対的な実力からいえば、大雑把にいって「ステイ」だったのではないかと思うけれど。

それにしても、「男の子はぐぐっと後伸び」伝説とか、どこから来るんでしょうね?

中にはそういう子もいるだろうけど、勉強はなんといっても積み重ねのものなので、それまでさぼってきて急にリキを入れても、勉強の仕方や基礎知識からいろいろ欠けているのでなかなか成果が出ないとか…
気合だけ無理やり入れたけど空回りしたとか…
ともかく、そんなに急上昇するとも限らないのだ。

急上昇がほんとにできる子はほんの一部なので、偏差値として表される相対的得点力というものにも大して影響が及ばないというのが実感です。これまで地道に勉強してきて、これからも地道に勉強する女子は、やっぱり急上昇も急降下もなく、偏差値も大きな変動なしというのが、いちばんありそうなことなんです。幻影におびえなくてよろしい。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-09-20 17:48 | 中学受験 | Comments(20)

Commented by りりんば at 2013-09-20 22:27 x
「男の子はぐぐっと後伸び」伝説、あるかもな〜と思うのは、
やってもやっても(ちゃんと地道に積んできたのに)ミスに無頓着で成績不振。そんな男の子が、過去問、模試で「こりゃやべ〜」とやっと気づいて意識が変わって得点力をつける。

というか…。
「要因としてはやっぱり、ぼーっとしたタイプは集中が難しくて普段は実力をいかんなく発揮しているとはいえない状態だからこそ、六年後半は(というか、典型的には本番だけは)改善するというところが大きい。相対的な実力からいえば、大雑把にいって「ステイ」だったのではないかと思うけれど。」
「ぼーっとした」を「落ち着きの無い」に変えたのが男子後伸び伝説の出所なんじゃないでしょうか。もしかすると。
Commented at 2013-09-20 22:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gura at 2013-09-20 23:25 x
たしかに、後伸び男子いますね。私の周りでは、中三から高校生になって、落ち着きが出てとか、意識が変わってとかで伸びる男子が多いです。でも、もともとの力があるお子さんという場合が多いから・・。希望的に使うフレーズという気もします。

うちの子には、あなたは後伸びするから、信じてこつこつやりましょう、と言っていました。性別は関係なく言っています。ついでに人の成績は気にならなかったです。周りの子が伸びて、わが子の成績が下がっても関係ない。わが子が行きたいところに受かればいいだけ、と思っていました。特に女子校受けるときの男子、男子校受けるときの女子は気にならないです。

でもでも気にしてくれる人がそばにいるっていいですね^^私はときどき、気にしないといけないことを見落としている気がします。
Commented by りんりん at 2013-09-21 10:23 x
男の子は、、、って本当なんでしょうかね?といつも思ってました
刷り込み効果ってあるので、そういわれてみるとそういうこともあったわと伝説になる程度じゃないでしょうか
うちの娘は後のびタイプでしたが、これは親ばかながら、成績には出てこないけど実は頭が悪くないタイプだなとは思ってました
高校生になってようやく安定的に成績に出てくるようになった系です
Commented by くまっ太 at 2013-09-21 11:15 x
こんにちは、自分は女子二人の親ですので男子の後伸びは自分しか検体が居ません。w

以下 仮定と妄想なんですが。

男子の難関校の場合算数の難問が合否のポイントになることが多いじゃないですか、女子と比較して。
以前アンダンテさんがおっしゃってた知識が繋がって閾値を越えて急激に理解度のステップが上がるのが6年後半の算数で出現して目に付きやすいんじゃないでしょうか。

女子はキーポイントは難問算数!みたいな学校は少ないです。
JGや吉祥みたいなスピード&正確性が主題の形式で爆発的な伸びって想像しにくいです。
国語が爆発的に伸びるってのもあんまり聞きませんし(安定してくるってのは聞きますが)。

まあ、ボーとしてた子が本気になる時期ってのもあるのでしょうが。
Commented by an-dan-te at 2013-09-21 12:35
りりんばさん、
> 「ぼーっとした」を「落ち着きの無い」に変えたのが男子
> 後伸び伝説の出所なんじゃないでしょうか。
おぉっ(o_o)、説得力ある

男子っていうと、おバカなイメージしかないけど(失礼)、塾で前のほうに座ってる男子って、別に「六年後半伸び」じゃなくて最初っから座っていたしね(^^;;

どっかどたんばで「こりゃやべー」と気づいて突然まともなパフォーマンスを出すやつがいる。けど、全体の偏差値の相場感覚に影響を及ぼすほどの数じゃないってあたりでしょうか。
Commented by an-dan-te at 2013-09-21 12:36
***(2013-09-20 22:31)さん、
はい、了解しました(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-09-21 12:43
guraさん、
希望的に使うフレーズ…
まぁ確かに。個々の子どもがこれからどうなるかってのはほんとに、何も確定したものはないわけで。やってみなくちゃわからない。

偏差値相場のベースの変動っていうのは、集団の統計的なものだから、別に年々そんな大きく変わらないんですよね。

ほかでもないわが子についてはもう、「後伸びするからね」と信じておくのが吉かと(^^)
Commented by りりんば at 2013-09-21 18:58 x
ってあたりだと私も思います!
Commented by an-dan-te at 2013-09-21 20:35
りんりんさん、
> 成績には出てこないけど実は頭が悪くない
> タイプだなとは思ってました
男女いずれでも、後咲き系の子はいますよね(^^)

もちろん、「男子は~」「女子は~」とくくれるほどひととおりじゃないってのはあるのですが、数からいって、before/afterの「変身以前」がどうにもこうにもバカすぎるってのは男子に多いような気はします。ただそういう意味の変身って、どのみち中学受験には間に合わない、中学生以降に来ることが多いんじゃないかな??
Commented by an-dan-te at 2013-09-21 20:54
くまっ太さん、
ほんとうに(統計的に)存在する男女差と、迷信と、どちらにも算数/数学が深くかかわっているんでしょうね。

> 男子の難関校の場合算数の難問が合否のポイントに
> なることが多いじゃないですか、女子と比較して。
まぁ…そうですね。女子校でも、男子校ほどの難問ではないにせよ、やっぱり算数は点差がつきやすい科目です。

というか、男子校の難問を想定して…六年後半、算数で難しい問題が模試で出るようになると、難問解ける子の偏差値が伸びます。つまり、男子トップ層は偏差値を伸ばしてくると思うんですが(たとえば70ちょっとだったのが80近くなってくるとか)、まぁぶっちゃけうちくらいにはあんまり影響ないですね。
Commented by an-dan-te at 2013-09-21 20:55
りりんばさん
(^^)
Commented by りんりん at 2013-09-21 23:43 x
たしかに中学受験という時期をスポットショットすると、いろいろありそうですね。before/afterのBeforeのレベルが違うというのはな~るほどと思います

なんですが、実はこのフレーズ、私が二十数年前に会社に入ったときに上司に面と向かって言われたんですよ。曰く、女性は最初は仕事できるように見えるけど、結局長い目で見ると伸びるのは男性なんだよね、、と。まさか20過ぎて後のびってなんだそれ?ですが。

まあ自分が男の子の親だったら、そうだそうだと信じて花咲くのをじっくり待つときにお守りの言葉にすればいいし、女の子の親だったら、そんなことはない、女の子ものびる子は伸びると思っていればいい、というのが正しい使いかたかなと思います。

集団としての男女差が個人差を凌駕することはないですものね。
Commented by くるみ at 2013-09-22 08:47 x
中学受験の世界でも、「女子は後半伸びない」「男子は後伸びする」と言われるんですね^^;精神年齢的なものなのかな。

高校以降の話ですが、実際経験しました。中学時代にライバルにもならなかった男子に追い抜かれちゃったんです。
女子でそういう子は一人もいませんでした。
自分は後伸びタイプじゃなかったです(涙)

息子の主治医の女医さんに聞いたのですが、医師の世界でもそうなんですって。
「後伸び」と言うことばが適切かどうかわかりませんが^^;
Commented by ぎどん at 2013-09-22 09:07 x
ぎゃははははは(笑)!
「後半ぐぐっと」成績が*落ちた*男子の母です(笑)。「男子は後半ぐぐっと伸びる」んなら苦労しないわー(笑)。結局は個人ですね~って身もふたもないけど。

まあ、女子は精神の発達が比較的早くて、早くからこつこつ積み上げているから最初いい。男子は精神の発達が平均して遅めに来るから、こつこつ型を抜かす「人もそれなりにいる」ってことかな、と思います。
でも、そういうのって高校時代が一番顕著なんじゃないかなー。部活に打ち込んで体力と集中力を付けた男子が勉強に参入してきて伸びていく、みたいな感じ。

上ムスコが後半落ちたのは、社会が得意教科だったので、後半皆がメモチェ回し始めたら社会で差がつかなくなったという理由だと思われます。そんな属性を持つ場合に「男子は後半ぐぐっと」なんて一般的根拠で楽観できるわけもなく(笑)。

あんまり「男子タイプ」に当てはまらん上ムスコを見ていると、まあ一般論では測りきれないよなーと思います。ホント身もふたもないな(笑)。
Commented by an-dan-te at 2013-09-24 08:01
りんりんさん、
あ~
> まさか20過ぎて後のびってなんだそれ?ですが。
そのへんになってくると、社会的なプレッシャーによる性差とか、妊娠・出産とかの影響が大きいですかね。

でも、ひとつ間違いなくいえることは、その上司が「女子は後伸びしない」と思っていれば、現実にも、そうなりやすい、ということですね(笑) んで、上司にはその(自分がつくった現実であるという)自覚はない、と。

> 集団としての男女差が個人差を凌駕することはないですものね。
まったくです。
Commented by an-dan-te at 2013-09-24 08:05
くるみさん、
> 中学受験の世界でも
まぁ、いわれてるだけです。そのわりに、実感ないですけど。

中学高校のどこかで、男子のbefore/afterが劇的であるというのは、ちょっと思いますね。それで勉強できるようになるとも限らないけどね。

中高が女子校だったし、男子に抜かされる感というのはあまりよくわかんないんですよね。強いていえば駿台にいたときか…
Commented by an-dan-te at 2013-09-24 08:08
ぎどんさん、
> 「男子は後半ぐぐっと伸びる」んなら苦労しないわー(笑)。
いやほんと。

「男子後伸び」伝説が少しでも現実味を持ってる部分というのは、算数得意なら…ということであるとすれば、社会が得意な子には厳しいってことになりますね。

いや~。ミもフタもないわ(^^;;
まぁでも結果よかったらすべてよしですわ。
Commented by セロリ at 2013-09-24 11:43 x
私、「後伸び女子」でした。

高2冬に男子校の彼氏にふられ、
それをきっかけに「モーレツに」勉強しました。
だって部活も引退しちゃってましたし、勉強するしかなかったんですもの。
集中力だけはすごかったです。

進路指導の先生に
「うそー、ホントに受かったの!? まさか、○○さんが★★大とか××大に受かるとは思ってなかったわ~。」とまで言わしめました。
元彼は第一志望撃沈で、「じゃ、お先に」って感じでした。
女子って怖い。


Commented by an-dan-te at 2013-09-25 12:16
セロリさんは確かに、パワーありそう♪
> だって部活も引退しちゃってましたし、勉強するしかなかったんですもの。
部活がんがんやってた人は、引退したとたんにそのペースで勉強に振り向けて、すごい勢いがつくことがありますよね~

> 女子って怖い。
はははっ(^^;;
私も、よしぞうがあれでマジ留年したらそのままおいてったと思うわ(笑)

<< 受験ママ友って楽しい!!(ネット編) 受験ママ友って難しい(リアル編) >>