理科実験教室ってどう?   

今、ネットで探すと、小学生向けの理科実験教室っていろいろあるんですね~

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←実験は好きかな?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

…昔からこんなにあった??

探してなかっただけかな?? とにかく、うちは三人のうち一人の子どもの送迎にそんな長時間かけるのは論外だったから、通わせたことないけど。

私自身は、子ども(小三~小四半ば)のとき、それに近いことをしてもらったんです。うちの子たちのピアノの先生のだんなさん…えーと、当時は、私の母の元生徒のだんなさんということになるけど、しょっちゅううちに来てたので、プラネタリウムに連れてってもらったり、ラジオ作ったり、楽しかった。私が(あんまり向いてないっぽいのに)理系に転んだのはこの方のおかげ。(参考過去記事:「革表紙のノートと万年筆」)

でも、その「楽しい」体験って、実用的(? 少なくとも受験的に得意分野というような)な意味ではぜんぜん根付かなくて、電気も星もよくわからないまま。単に、気持ちの上でやや親しみがあるとか、そんなもん。

ところが、「プラネタリウムやラジオ」ではなくて、紙に描いて・書いて説明してくれた物理の世界が私的には大ヒットだったんです。ものの浮き沈みとか、てんびん・てこ、滑車といったような。質点(質量があって大きさがない)とか、重さがない糸とか、摩擦のない台とか、そういう、リアルには存在しない初歩の力学の世界が、紙の上の矢印で、生き生きと感じられました。

実験ではないです…ただ、紙の上で説明されただけ。でもこれがものすごくわかりやすくて、このまま東大二次の物理まで、力学ではまったく困らなかった。実物を触るおもしろさにごまかされることなく、紙の上で自分のイメージを膨らませ、考えるから定着しやすかったのかなと思います。

小学校の授業でも、昔と違っていろんなキットとか購入して実験をしてくれたりしますよね。はなひめがずっとつっかかっていた電池関係も、なんか電池で走る車の競争とかやって、ずいぶん時間使ってたはずなんだけど。逆に、実験で時間が押して、「まとめ」の時間はあまり取れなかった様子。そうするとどうなるかというと、「誰ちゃんの車が勝った」とかそういうことは楽しく覚えていても、肝心の中身の理解はあやふや(^^;;

またろうのときにはかろうじてあった「○年の科学」的なものも、はなひめのときにはなかったから、はなひめに関しては、実験系のことは完全放置でした。家では。

でも苦手分野としてせっぱつまってきたとき、重い腰を上げて実験しましたよ。またろうの机を漁ったら、電池ボックスとか豆電球とかいくつか出てきたので、急遽。

電池いっこ豆球いっこで、これを標準の明るさとして…
電池いっこ豆球2個を直列につなぐと、電圧半分。それは感覚的にわかるけど、そしたら明るさが半分になるのかなって思うらしくて、それじゃ電池の持ちはさっきと変わらないような気がする、っていうのがはなひめのつまづきポイントだったようです。

でも実際につないでみると…半分には見えないや。めっさ暗い。電圧半分になると電流が半分になって、光らせるおしごととしては1/4くらいなのかなと(見た目なのでてきとーです)。そしたら二つ分のおしごとでも1/2なので電池はそりゃ持つかな、とようやく納得できました。

逆に、電池2個を直列につないで豆球いっこつないでみると…うわ、まぶしーい(^^) これも二倍じゃなくてもっと明るいね。調子に乗って3個をやってみたら、一瞬まばゆく光って電球切れた(^^;;

これは、実験に主眼があるわけじゃなくて、実物を見たあとすぐに、つっかかっていたあたりの問題演習をやるわけです。実験やって演習やれば、理解と定着には最強です。

小さなうちに漠然と実験教室にいっても、「なんとなくイメージ」で終わってしまって、そこから広がらない/定着もしないってことが多いんじゃないでしょうか。紙の上での勉強と混ぜながらやったら効果は大きいと思うけど、かといって塾で超~忙しくなってからじゃなかなかいけないし。やっぱりピンポイントの苦手分野をおうちで。

豆電球を切らしちゃったんでアマゾンとかで見たら電池と豆電球のセットとかお手ごろ値段で売ってました。苦手分野といっても、あんまり手軽に実験できないところもあると思うけど、電池のところならね。滑車とかは難しいかなぁ??

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 4点在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-09-11 12:40 | 中学受験 | Comments(16)

Commented at 2013-09-11 16:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-09-12 00:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gura at 2013-09-12 00:40 x
実験好きそうなわが子を見て、実験好きな友人が、教室に誘ってくれました。たまに行っていました。楽しい!と言っていたけど、受験に生きたかは不明です。でも、これから生きてくるかな^^

私はなんでも実物を見せるのが好きなので、中受実験実物セットが欲しいです。受験本などでも、実物を見せたというお話を見かけます。ハンズでも色々売っていますね。算数のは今年発売になりましたね。(去年欲しかった!)受験期は忙しくて結局いけなかったけど、知人の職場の実験室をチェックしていました。なんかあったらお世話になるつもりでした。実験教室、うちは楽しい感じのでしたが、結構本格的なのもあると聞きます。最近は学校めぐりで実験するのを楽しみにしています。


Commented at 2013-09-12 10:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-09-12 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-09-12 10:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-09-12 12:07
***(2013-09-11 16:19)さん、
えー、そうですね…
実験って、そんなに得意な分野じゃないんですけど。

まぁ、でも、電池とかのあたりで、実験+演習だったらできるかな? メールしてください。
Commented by an-dan-te at 2013-09-12 12:10
***(2013-09-12 00:14)さん、
確かに~虫眼鏡で「焦がす」話は、ちびまる子ちゃんにも出てきたくらい(?)子どもにとっては心ひかれる実験ですよね(^^)

あの分野も、実像だ虚像だって、紙の上だけではわかりにくいですね。ほんとは、やってみて→問題でどう扱われているか確認ってできたらいいけど。はなひめのときは実地確認なしで済ませてしまいました。

時間が限られているので、「これはやったほうが」と思ってもなかなか入りませんね~
Commented by an-dan-te at 2013-09-12 12:13
guraさん、
記事にも書きましたように、やってみたり触れたりしたらそりゃ楽しいけど、案外受験とかには直結しないものです。

でも、楽しいんだからそれだけでもいいんですけどね(^^) 検索していたら、ずいぶんいろんな教材セットとかあって、やる気(と時間)さえあれば家でもいろいろできますね!! でも教室にいけばみんなでできるものね。
Commented by an-dan-te at 2013-09-12 12:17
***(2013-09-12 10:32)さん、
まぁ時間はいくらあっても足りないという感じですよね。
メモチェの小テストといえば、こじろうのときもうクラスのぶっちぎりでひどくて、毎回「お残り」でしたよ。それで追い立てられてなんとか覚えたからよかったですが…

はなひめのときは結局覚えきらなかったんだから、同じ調子でやられてても困ったでしょうね(爆)

でもとにかく算国放置じゃまずいでしょう~
暗記は親が手伝ってやったら(口頭チェックとかちょうどいい繰り返しとか)少し効率よくならないですかね? もしそれで改善するならやっちゃえば??
Commented by gura at 2013-09-12 21:26 x
時間とやる気がない人用に、塾でやってくれたら良いのになあと思います。色んな植物と動物を育ててあって、帰りに皆で星を見るの。鏡も滑車もバネも教室にあって、立体の切断もできて、水槽に水を入れたり底から出したりできるの。教室の窓からはトンネルと公園の池が見えて、電車が追い越したり、人がぐるぐる回るのが見えるの(ジオラマでも可)。言い出したらきりがないですね^^そういうことしてくれる個別もあると聞きました。いいなあ。
Commented by an-dan-te at 2013-09-13 08:25
guraさん、
え、そんなテーマパーク的行き届き方をしている個別があるんですか!? いったいいくらかかるの(o_o;;

まぁ、実際に触ればそれはわかることも多いし、楽しいし、でも時間には限りがあるしねぇ。難しいですよね。
Commented by gura at 2013-09-13 22:49 x
すみません。上記はほぼ願望です。そこまでじゃなくても、個人の塾で、体験を大事にしたとこがあると何度か聞きました。星を見たり、電車に乗ったり、立体を切断して見せたりするんですって。大手塾でもオプションでやってくれたらいいなあ。
Commented by an-dan-te at 2013-09-14 07:07
guraさん、
あぁ、そうなんだ、びっくりした(^^;;
そういえば、昔(私が通ってたころ)の四谷大塚に実験教室があったと思います。オプションで。行ったことある。
Commented by ママガール at 2014-07-31 15:54 x
次男からお世話になり、今日小6娘で引っかかることがあり久しぶりにお邪魔したら、なんと1年前のコメント返信が。ありがとうございました。

理科でずっと苦戦しています。さっき理由が判明しました。
「生物が進化したとか血管が酸素運ぶとか言われても、よくわからない。みんなはサッと覚えてしまうのに。」 強烈なコンプレックスとなっています。横について人体の勉強しても明らかに不明な表情をします。百科事典なども見せてるのですが。
力学は得意ですが、それ以外理科はダメです。理科教室、もう行く時間ありません。
読ませてもらって「紙の上の説明」ができる人を探すべきな気がします。
Commented by an-dan-te at 2014-08-01 22:57
ママガールさん、
ほんとすみませんでした!!

実物を見て云々といってもあれもこれもやっている時間はないですし、悩ましいですね。

私自身は、理科ってあんまり暗記科目というイメージがなかったんですが、それって、小さいころから「学研のひみつシリーズ(当時)」を山のように持ってて全部熟読してたとかそういうベースがあるからかもしれません。

> 読ませてもらって「紙の上の説明」ができる人を探すべきな気がします。
そうかもしれませんね。私が小さいころ「物理」を語ってくれた人みたいな人が現れたらばっちりなんだけど。
http://dandanto.exblog.jp/9544190/
皮表紙のノートと万年筆

<< 灘の国語授業「銀の匙」 できることしかできないの >>