中学受験と公文、高校受験と公文   

公文教材の大きな特徴は、
・スモールステップ
・習うより慣れよ
・計算に絞っている
ですが、このうち、「計算に絞っている」というのが非常に興味深いところです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←苦悶式になったら撤退~
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

算数・数学は別に計算だけできればいいってものじゃないので、この捨象は非常に大胆なことです。単に、算数・数学の基本的なことをスモールステップで、自学自習的なプリント教材体系にまとめるということを考えたときに、計算だけにする必然性はないですよね。というか、「それでいいの?」とふつうは思うでしょう。

この発想は、おそらく創始者の公文氏が高校の数学の先生をやっていた経験と深いつながりがあるのだと思います。ご存知のとおり、高校数学というのは、非常におもしろくかつ実用的なものでありながら(ですよね?)、たくさんの人に嫌われています(^^;; そりゃもうかわいそうなくらい。

「何やってたか忘れた」「わけわかんなかった」という大人が大量にいます…

高校教師として、この現状を「どうにかならないだろうか?」と考えたときに、「計算さえできればもうちょっとなんとかなるはず」というところに思い至ったのは慧眼だと思います。この一点で私は公文氏をリスペクトしてもいいと思えるくらい。

実は同じ理由から私は、小学校算数より、中学校数学より、高校数学が好きなんです。小学校算数は、ちまちまコマゴマして全体がつかめた気がしない、どうせ私はヒラメキがありませんよ~的な感じ(笑)、中学校数学は、当たり前なことで時間食いすぎて、何がおもしろいかわからない感じ。高校数学は、すっきりきれいな少数のツールを使って、幅広い世界を見せてくれる感じがするんです(はぁと)。

「幅広い世界」には図形的な要素もたくさん含まれています。でも、それを鑑賞するために必要な「少数のツール」のほうはぶっちゃけ計算ができればなんとか、という部分が非常に多くて、三角関数だってベクトルだって複素平面だって関数のグラフとかだって、図形っちゃ図形だけど計算ができれば困らないでしょ。

難関大の入試数学とかはまぁとりあえずおいとくとして、おおまかに高校数学を楽しむくらいだったら、才能がなかろうが、ヒラメキがなかろうが、地道に計算ツールさえ身に着けておけば、相当遠くまで分け入っていくことができます。

その状態までの最短ルートを考えたときは、中学受験算数でいうところの、ナントカ算がどうこう、というのはいらないし、図形がらみの比の問題で必要な、スパッと補助線を引くセンスもいらない。

だから、落ちこぼれないで高校数学までたどり着く、ということ。その最大多数の最大幸福的なものを求めたメソッドとして、公文算数・数学というのはすごく納得できるんです。

でも、それを「幼児から」とかやって超~先取りさせる話はたぶん後付けなんじゃないかな?? 上記の話とのつながりに必然性がないもの。公文さんも、息子さんに手作りプリントさせたのって、幼児からじゃないですよね。

たとえば、小学校高学年くらいから、算数の四則計算のおさらい~文字式の導入とやって、一年かそこらの先取りで中学校に突入し、中一か中二でI教材(中三相当)をしっかり(=速く正確にできるように)終えて高校入試の勉強をしたとすれば、スムーズに高校数学につながると思います。

これは、公文教材の基本的な発想、成り立ちからいって、とても素直な道筋です。

一方、公文を中学受験につなげようとするのは、素直じゃありません。公文教材の眼目というものが、中学受験で扱う算数の中で、高校数学に取って不可欠でなかった部分(カントカ算とか図形とか)を飛ばすところにあったわけなので、それをつなげるというところになんの必然性もありません。

もちろん、中学受験には分数や小数の四則計算「も」必要なので、だからこそ私は中学受験をする場合としない場合を両方にらみつつ、低学年ではとりあえず公文をやらせたわけなんですが、その結果が四年生に入ってもD教材(四年生相当)が乗り越えられないという…orz ほんと、ウマシカじゃないだろうかと悩みましたが、そのわりに中学受験算数に移行すれば最終的にはなんとかなったわけで、合わないってのはオソロシイことです、ほんとに。

理解、納得が先にこないとテコでも進まないはなひめのようなタイプには、低学年のうちの「習うより慣れろ」公文算数は向かなかったらしいです。たいていの子はもうちょっとこの点に関してマシだと思いますけどね。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 6点在庫あり。

by an-dan-te | 2013-08-29 18:56 | 中学受験 | Comments(31)

Commented at 2013-08-30 01:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-30 01:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gura at 2013-08-30 01:37 x
合うか合わないかって大事なんですね。アンダンテさんにしても、昨日ご紹介した先生たちにしても、見極めが上手ですごいなあと思います。自分の子のペースや相性を、冷静に見るのは難しそう。公文や学研だからこそ、ペースが良くわかるのかな。

私は中三まで、算数数学はものすごく得意でした。でも高校数学、入学してすぐ挫折。それまで、ちらっと見聞きすればわかったので、学習習慣がなかったんです。予習復習用の教材がどっさりあったんですが、きれいなまま。当然やったよね?って感じで猛スピードで進む授業に、ついていけなくなりました。どんどん知らない記号が出てくるし。今でも、夢で見るんです。自分が高校生になって、今度こそ勉強頑張るぞって奮起している姿を。やり直したいなあ。子供が高校数学をやり始めたら、こっそりやろうかな。きれいなままの高校教材、とってあります^^;
Commented by とんび at 2013-08-30 08:53 x
うすうす感じていた「公文」のことを言葉、文字にしていただき、「おーそうそう、そういうことね~」感動してます。

理解、納得できた。って気持ちの良いことですね。
ありがとうございます。

次回は、「通塾前の習い事」のお題はいかがでしょうか?



Commented at 2013-08-30 09:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by モモ at 2013-08-30 10:16 x
おはようございます。

公文は習ったことないのですが、先生の進め方によって親の満足度も違ってくるようですね。

初歩的な質問なのですが、毎日ノート(算数)の作り方の記事はどのあたりを検索すればよいでしょうか?

毎日ノートで算数をやりつつ、塾で新しく習う(娘は四年生です)算数の分野も勉強するとなると、時間が足りなくなりそうなのですが。勉強するうえでのポイントって何でしょうか?毎回、初歩的な質問でお恥ずかしいです(>_<)
Commented by an-dan-te at 2013-08-30 12:02
***(2013-08-30 01:04)さん、
あぁ~あの先生は、合う合わないというより、すごい大規模教室で、この子にとってどうとか考えるゆとりがないって感じかな。

その、2レベル併用で宿題を出す案とかなかなかよさそうだと思うけど。はなひめのときは、私が「すらすらのところに大きく戻して、勢いをつけて今の『壁』を越えたい」と提案しても、それはなんかしらんけどやりたくなかったらしくて(マニュアルと違うから?)、同一のプリントを出し続けるんだもの。

公文のD~Fあたりで「壁」にぶちあたったときって、ほんとにつまらない。ふつうに家庭教師やってるんだったら、別教材との併用を検討できるでしょう? 公文は逃げ場がないから、先生として提案できることのバリエーションは限られているよね。
Commented by an-dan-te at 2013-08-30 12:07
guraさん、
私の場合はせっかちだから、苦痛だったり効果がなかったりすることを「しばらく様子をみるか」ってことがなかなかできないんですよ。それを「見極めが上手」と呼ぶかどうかビミョーなところだけれど。

> それまで、ちらっと見聞きすればわかったので、
> 学習習慣がなかったんです。
そういうのってありますね。
飲み込みのよさで乗り切ってきたのに、突然それが通用しなくなる時期が来て。

> 子供が高校数学をやり始めたら、こっそりやろうかな。
今やってみたらおもしろいかもしれないですね~
私も歴史とか勉強してみたい。

人生、いつになっても遅すぎるってことはないと思う!!
Commented by an-dan-te at 2013-08-30 12:10
とんびさん、
「すっきり」に貢献できてよかったです(^^)
公文って、よくも悪くも気になる存在ですよね…

「通塾前の習い事」ですか? あ、いいですね~私もちょうど気になってたところなんです。
Commented by an-dan-te at 2013-08-30 12:13
***(2013-08-30 09:49)さん、
そういえばそうですね、またろうが公文再開した中二なんて、まさに中二病とよばれる時期に、よく素直に公文をやったなという(^^;;

でもたぶん、本人も今、自分にとって必要なことというのがわかったと思います。それに、すらすらできることが「快」であるということもあったんじゃないでしょうか。

***さんのお子さんも、ふつう中学受験をやるのに六年夏になって百マスとか遅いだろうと思うでしょうけど、そのときにはご本人が必要性を理解していたからこそうまくいったということがあるんでしょうね。
Commented by an-dan-te at 2013-08-30 12:21
モモさん、
マクドナルドのハンバーガーはどの支店でも味に違いがないかもしれませんが、公文はプリントに違いがないだけで、運用は教室によってけっこう違いがあるようですね。

毎日ノートについての記事はたとえば
「毎日ノート」作りのHint&Tips
http://dandanto.exblog.jp/20162799/
とかにありますが、あまり四年生の勉強のことを想定していないです。正直いうとそんな時期から毎日ノートを作っていたら三年間「夜なべ」するのか(^^;; と思うとやる気がしないというか…

よかったら、現在の教材構成とか、どのくらい時間がかかってるとか、お知らせいただけますか? それを見たら、私ならこうするかなとか書けると思います。具体的に書きにくかったら非公開コメントで書いてもらって、記事にするときはぼかして書きます。
Commented by ももんが at 2013-08-30 17:16 x
息子は小学1年から5年前半の間公文をしていましたが 算数は学校で困らないものの そんなに得意ではなかったです(進度は最終的に学年相当) 
今回 アンダンテさんの記事を読んで そうかぁ 公文は「習うより慣れろ」なんだな と改めて思いました 
親が上手くリードできれば違う形で計算力をつけてもよかったのかな でも私にはなかなか難しそうです

同時にやっていた国語はずいぶん先に進んだんですが…

理屈っぽい息子にはちょっと気の毒だったかな と思いましたが 自分の子ができたらやらせたいと言ってますから 意味があったと思っているのが幸いです(その後中学3年から独学に限界を感じたのか 高校数学をやりたくて自分から行ってました)

彼は中学受験の算数ではパッとしなかったですが 大学受験の数学は得意で 随分楽しそうにやっています 公文で大して進めなくても数学が伸びないとは限らないんだな と感心しています
Commented at 2013-08-30 18:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-30 18:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-08-30 21:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まる at 2013-08-31 10:22 x
私にとって言葉はとても大切なものです。
数学が好きな人にとっては数字は特別なものなのかもしれません。

早くは小学生の時に算数につまずきますからせめて計算問題だけでもできるようになるのはいいことだと思います。

私は英語最終教材までやり、子供は小学校6年間行き中学生になり本人の希望でやめました。
成績には全く寄与しませんでしたがやったことは良かったと思います。

ピアノでいうと受験はコンペのようなもので特別な勉強が必要だろうと思います。

そういえば毎日かあさんに出てくる息子さんは百マス計算が嫌で、それをやるよりは本を読むと読書好きになったそうです。

今ピンズラーにはまっています。
やっているのはイタリア語なのですが何度も同じフレーズが出てくるので一つの課を完璧にやらなくていい、でもすぐに答えられなくてはいけないと、これは勉強のあり様を教えてくれると思います。
英語版はユーキャンのサイトで試聴できます。
Commented by kkkk at 2013-08-31 14:15 x
ウチは現在小6で関西日能研に通っています。公文は日能研と平行して5年夏まで3教科(英数国)をやっていました。I教材まで終わったところで終了して日能研のみで通塾をしております。数学はあまり中受や日能研公開模試には役立っておりません。文章題を方程式を使用して秒殺でかたづけることのみ役立っているようです。意外に国語の縮約(要約の練習。国語力をつける特効薬なんですが、面倒くさくて誰もやりたがらない)が素晴らしく、これが、一番中受に役立っているような感じがします。国語の教材(I教材あたり)が中受にレヴェル的に丁度あっていて、よかったようです。
Commented by an-dan-te at 2013-08-31 14:55
ももんがさん、
「わかる」と「できる」のどちらを先にすべきか、という議論にはあまり意味がなくて、基本は両輪となって進んでいくものだと思うのですが、子どもによって最適なバランスには大きな違いがあるように思います。私は「わからないことが怖くない」タイプで(たぶんこじろうもそう)、はなひめの気持ちをあまりちゃんとは理解してないと思うんですが(-_-;;

息子さんには部分的に合っていたんですかね。

小学生のときに公文算数に乗り損ねたからって、馬○の証明ってわけじゃないので(笑)その先はいろいろだと思います。道はいくらでもありますからね~
Commented by an-dan-te at 2013-08-31 15:00
***(2013-08-30 18:36)さん、
むしろマニュアルは思い切って戻すんですね。なるほど~
Gに入ると復調するというのは、よくわかります。ぜんぜん違いますもん。私だってEとかFとか絶対解きたくない(笑)

その、公文挫折して中学受験にいって戻ってきて、計算がめたくたな子は間違いなく、中学受験塾でまじめに計算やってませんね。どの中学受験塾だって計算をコツコツやることはカリキュラムにしっかり組まれているはずですが、それをほんとに実施するかどうかは本人…というかぶっちゃけ親にかかっていると思います。テキトーなやり方してたり、あるいはやってなかったりの率はかなり高いと私はふんでいます。

公文だって中学受験の計算だって、やらなきゃ役に立たないわね…
Commented by an-dan-te at 2013-08-31 15:00
***(2013-08-30 21:45)さん、
はい~
いつでもどうぞ。
Commented by an-dan-te at 2013-08-31 15:04
まるさん、
英語、最終教材まで行ったんですね!! すごい。

> 毎日かあさんに出てくる息子さんは百マス計算が嫌で、
まぁ確かに、漫画に出てくる息子さんの様子から想像するに百マス計算が向いているようには見えません(^^;; そこからの逃避で読書好きになったとしたらそれはよい収穫でしたね。
Commented by an-dan-te at 2013-08-31 15:07
kkkkさん、
Iまで行けたんですね!! 優秀なお子さんですね~
中学受験するというと「Iまではやっておいたら」と進める公文の先生もいるようですけど、別に方程式できても難関校算数は解けないし、あまり関係ないような気はします。

国語、特に「縮訳」はそりゃ役立つでしょうね。すばらしい。
Commented by 21vertex at 2013-08-31 15:36 x
子どもの頃自転車はbicycleだったのに今ではbikeになってたり、数学ってmathematicsだったのに今ではmathになってたり。

で何が言いたいかと言うと、日本では算数から数学に変わるけど、英語では(一般に諸外国では)ずっとmathであるということ。算数・数学、あるいはmathが積み重ねの学問なのは論を待たないわけで、中受算数がいかに特殊に思えても、中学数学の部分集合なのは明らかです。高受で主力の公立高受験組にスラスラ解けるかどうかは別問題ですが。

小学校の算数は体系立てて作られています(指導要領に批判も多くありますが)ちまちまコマゴマしているってことはない。これは中受算数の体系も同じ。中学数学は、当たり前なことで時間食いすぎてというのも主に中一一学期で習う負の数とか文字式とかがあまりにも簡単過ぎるように見えるだけではないかと。確かに中学数学のゴールを公立高入試問題を解けるようにと考えるとそりゃ簡単過ぎるわけですが。高校数学になると見通しがよくなってスッキリするかというと必ずしもそうではない部分があります。積み重ねなので少し先に行くと前やってたことの見通しがよくなることは高校数学レベルでもあります。
Commented by an-dan-te at 2013-09-02 13:05
21vertexさん、
算数の体系がコマゴマしてるかどうかではなくて、私のセンスがないせいなのか、教え方が悪いせいなのか(笑)、なんかつかめない感じで終わってしまったという意味です。

そういう、算数や数学に素質がない子でも、文字式計算の基本をおさえていけば高校数学なら楽しめるポテンシャルがあるということで。現実には、教育課程の後になるほど落ちこぼれが多くなって、高校数学なんてめちゃ人気ないですけど、それってもったいないと思うのです。
Commented by ちひろ at 2016-08-06 15:30 x
先日のまたろう族会でお世話になったちひろです。
あの時、公文について相談したい!と思っていたのですが目の前の話に夢中ですっかり忘れてしまい、今頃こんな前の記事にコメントさせていただきます。。。すみません。

公立中1、不注意のカタマリの男子。
いきなり基礎の基礎のこんな時期の中学数学で躓きました。
ほんのちょっと計算がややこしくなっただけで数の操作がスムーズに行かなくなるようです。(そのくせ応用の文章題は方程式を使わずに答えを出すので、完全に算数・数学がダメというわけでもない。。。と思いたい。)
これはアンダンテさんの言うところの後取り公文だ!と思ったものの、公文だけだと足りないでしょと周りに指摘され、塾に行きながら計算もドリルとかでがんばればいいのか?と迷っています。
時間的にも経済的にも塾と公文の二本立ては厳しいので(バイオリンとかの習い事や部活で大変)、中2まではコツコツ公文、中3から塾にと思うのですが、公文「だけ」だとやはり「足りない」」「抜けてる」感ってありますか?
ぶっちゃけ、公文だと先生が答え合わせしてくれるのもいいな〜などと思ってます^^;(答え丸写ししちゃう子だから)
Commented by an-dan-te at 2016-08-06 18:43
ちひろさん、
今中一だったら、公文もいいんじゃないですかね。連立方程式とかすらすらにしとくといいでしょ? 公文も中学数学のところはわりとよくできてるから(高校はお奨めしません)

ただもちろん、図形とか応用問題とかないので、公文だけで受験はできません。中二までは公文、中三は塾というのはある線だと思いますけど…

公文の向き不向きは、案外ヨミにくくてやってみるしかないので、試してみて、有効でないようだったらあっさり撤退が吉です。合うなら、またろう族でも有効ですよ。

家で宿題分をこなす時間枠(と場所)の確保については、定着するまで目配りしてあげてね。
Commented by りり at 2017-02-09 14:37 x
公文について悩んで調べているうちにこちらを見つけ、ぜひアンダンテさんにご相談させていただきたいです。
(「弊害」や「使いよう」など公文に関する記事はほとんど読ませていただきました!)
小2(もうすぐ小3)の娘はで算数Gが終わりそうです。
単純な問題で先取り(このままだと小3でIが終わりそう)することにあまり意味を感じませんし、
せっかく理解力のある子なので、今のうちにじっくり考える問題にも取り組んでほしいと思い、
一旦英語など別の教科に変るのはどうかと思っていますが、娘は続けたいようです。

こちらは地方で中学受験はなく、公立最難関高校もそこまで難関ではないので、
全国的には中堅の高校から難関大を目指したい、というのが今の描く目標です。

今も家で算数パズルや考える問題をするのも楽しそうにしますが、短絡的に答えを出そうとするあたりは公文を丸3年している弊害か?と思いますし、
宿題があるため公文の時間配分が圧倒的に大きいです。

アンダンテさんのように高校数学が大好きになってほしいです。
(主人は得意ですが私は私立文系、まったくできませんでした。二人とも公文未経験です)
高校教材(J~?)はあまりおすすめでないとも書かれていますが、
計算ができれば高校数学でもかなり遠くまで行ける(私は憧れます)とも書かれています。
やめるやめないの判断は個々の判断であることは承知していますが、
もしアンダンテさんならどうハンドリングをされますか??たとえばで結構ですのでおしえてくださいm( )m
よろしくお願いいたします。
Commented by an-dan-te at 2017-02-10 11:08
りりさん、こんにちは。
小2でGが終わりそうって、すばらしく公文に合ってるお子さんですね。公文との相性がよいというのは、勉強に必要な資質の非常に重要な部分を持っているということでもありますから将来有望です。

> 高校教材(J~?)はあまりおすすめでないとも書かれていますが、
> 計算ができれば高校数学でもかなり遠くまで行ける(私は憧れます)とも書かれています。
計算力はもちろん重要なのですが、公文教材の高校数学部分は出来が悪いのと、指導者は高校数学があまりわかってない場合が多いので計算力をつけるのに絞ってもあまりお奨めできません。

I とかぐらいまでだったら教材もよく練られていますし、とにかく公文の価値を最大限受け取る条件てのは、すいすいすらすら進められてて本人が楽しいというのが一番なので、現在は慌てて辞める必要ないと思いますよ…

うまく進めなくなって公文が苦悶になったら辞め時と考えるのがシンプルです。

その他は長くなりそうなのでブログ記事として書きます。しばらくお待ちください。
Commented at 2017-02-12 14:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2017-02-19 16:58
** 2017-02-12 14:16さん、
途中式を書かないで間違うとか、見直しをしないとか、短絡的にすぐ答えを出すとかの傾向については、まぁ問題ではあるでしょうがそれを公文の中で直すというのも難しいというか、公文というシステムには合わないと思います。

そこにはあまりこだわらず放置でもよいと思いますが…

そんなに緻密さを求めるべき年齢ではないと思いますし、それだけ余力があればご自分で必要性を感じた時にスタイルを変えられると思いますよ。よしぞうも、公文用スタイル(見直ししない)、中学受験用スタイル(見直しする)と使い分けていたといっています。たとえば六年生とかになったときに、必要性(この場合中学受験)が出てくればするようになる、ということです。
Commented by りり at 2017-02-20 08:40 x
その通りですね!
娘も公文では筆算の繰上りを書かなくても、学校の宿題では義務のように書いていて(笑)、きっちり使い分けしているようです。
中学受験の仕様がないため、どう持っていこうか不安にもなるのですが、自分で必要性を感じることが一番大切ですね。少し霧が晴れました。ありがとうございました!!

<< 選択肢のニオイをまじめに嗅ぐ 公文(算数・数学)とハサミは使いよう >>