併願校の過去問はいつ、どれくらい?   

夏も終わりが見えてくると、過去問が気になる季節ですね。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←相性確認は、なるべく九月中に
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

nanaさんから、
----
第一志望校の過去問はできるだけたくさん解くとして,第2・第3志望校の過去問は,どのくらいのタイミング・スケジュールで入れていけばよいとお考えですか?
----
とリクエストをいただいたので、今日は併願校の過去問のお話を。あ、第一志望の過去問は、できるだけたくさんというより(まぁ多めなほうがいいと思うけど)、すごく丁寧に取り組んだらいいことあると思います。その話はまた別の機会に。

過去問を解くといっても、いろいろな目的があるわけで、問題演習としての過去問だったら、それはもう状況に応じていつからでも、いくらでも。夏に「有名中」を解きまくっているという方もいらっしゃるでしょう。日能研ではあまりそういうことをしませんが、前期日特なり、夏期講習で扱う問題でも過去問をアレンジしたものが取り上げられたり、結局同じことです。

この場合、どの学校を受けるかということとは関係なく、練習したい問題のジャンルや出題スタイルに合わせてってことですね。男子でも、「オールラウンドに理科の復習をしたい」と女子学院を解くとか。

それなら、そうではなくて、受験するつもりがある学校の過去問にどう取り組むか。

まず、「相性」「距離感」を確かめたいというならこれはもう早いほうがいいです。偏差値表だけつらつら見て、「○日はココ受ければいいや」とか思っていたのが、過去問を解いて「えー、こんなんじゃ滑り止らない!!(o_o;; 変更しなきゃ」ということになったら、時期が遅いとたいへんです。他の学校を探すにも、学校説明会もいろいろ終わっちゃったりね。

わけあってそれなりに惚れての第二・第三だったら、問題相性が悪かろうがここから練習するわってこともあるかもしれませんが、それならそれでやっぱり早く知りたいですしね…

こじろうの場合、国語の実力が足りない分、相性を選びますから、ここは特に重要なところです。国語が特に気になるわけですから、国語だけまずやってみるのもありです。一回やれば「相性最悪」な場合は明らかです。「うーん、どうだろ。戸惑っただけかな?」と未練があれば、せいぜいもう一回ですかね。相性がわかればいいので深入りはしません。

こじろうの場合、あまりにも解けなくて併願から外した学校がありました。第二志望校の候補に考えていたところは、相性は特に悪くなさそうだったのでそのまま第二志望校に。第一志望校はめちゃくちゃ相性がよくてこれは好材料でした。と、ここまでの確認はなるべく早い時期、秋が深まらないくらいで済ませてしまいましょう。

そして、併願ラインナップはもう固まったとして、第二・第三志望の合格を確実にしたいという位置づけの過去問演習であれば、状況に応じて様々です。

こじろうの第二志望校は、癖のない出題で、こじろうの大嫌いな記述もなく(^^;; 決して相性が悪いわけではなくて想定の範囲内くらいの出来なのですが、なにしろ第一志望校より偏差値がやや上だったので、なかなか「どかん」と安心な点数が出ないんです。なのでしつこく何度もやってみましたけど、点は上がっていかず(ほとんど変動なく)、合格者最低点+2 とかそういうきわどい線でした。

これは、慣れの問題ではなくて単に実力に余裕がないのが問題なので、過去問を深追いしても何も出てきません。もうちょっとさらっと離脱するべきだったかもしれません。だいぶ何度もやっちゃった…

はなひめの第二志望校は、スタンダードで素直な出題、はなひめにとって嫌なところがありませんでしたから、夏ごろに確認した初回から余裕で取れてました。夏のうちに相性が良いことが確認でき、実力的に余裕がある(←偏差値で10くらい)併願校だったら、もう秋冬はほとんど開かなくてもいいでしょう。

…実際、冬になってもやらないまま、第一志望校の合格(2/1)を見たので結局やらず。もし受験することになっていたら、前夜に最低限チェックしようとは思ってましたが(形式を思い出してもらう程度)。

というわけで、これは二つとも、あまり時間をかける必要がない併願校の例です。次に、もっとじっくり時間をかけるべき併願校の話を。(つづく)

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 8点在庫あり。(なんか、見るたびに4→5→8→9とじわじわ在庫が増えていくのってどういうわけ??)

by an-dan-te | 2013-08-22 12:45 | 中学受験 | Comments(7)

Commented at 2013-08-22 18:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gura at 2013-08-23 01:02 x
過去問、どこまでやればいいか迷いますね。時間があったら沢山とくのに、時間無いんですよね。

第一志望校の過去問、興味本位で本屋さんで見たとき、すでに相性がいい!と思っていました。まだ塾に入る前でした。そんなこともすっかり忘れた一年後、やはり相性抜群でした。国語の問題が好みだったのと、他の教科も子供が好きそうな感じだったからです。

塾では秋から色んな学校の過去問をしてくださっていたので、色んな学校はやらずにすみました。結局一校受験だったので対策は楽でした。

幻の第二志望校では、記述の相談をしましたが、うちは記述が少ないから大丈夫です、過去問を見てください、と言われました。ちょっとぐっときました。

実質第二志望校になりそうだった第三志望校では、本番そっくりなテストがありました。その試験を受けに行くバスの中で、過去問の本を読みました。偏差値にも余裕があり、あまり癖もなさそうだったし、全体の感じと国語の感じがつかめたらいいと思って。この短い対策の効果はありました。もしも一度も過去問を解いたことのない学校を受験することになったら、めげずに過去問を読むことをお勧めします^^
Commented by gura at 2013-08-23 01:07 x
今日は遅ればせながら、第二第三志望校の資料を片付けました。お盆休みに終わらなかったので、夜な夜なすることになってしまいました。なんかさみしいです。

この前、読まない雑誌や新聞などを古紙回収に出したら、160キロにもなりました!重さをはかってくれるので、やりがいがあります。でも見た目はちっとも減っていないので、まだまだ頑張ります。
Commented by an-dan-te at 2013-08-23 06:45
***(2013-08-22 18:55)さん、
そうですね~国語苦手男子は、併願校について、偏差値だけでみて「ここならとれるでしょ」とかしないほうがいいですよ!! 早速解いてみましょう。

あー。ご本人の自覚を待っていると、受験が終わっちゃう可能性もけっこうありますから、自覚があろうがなかろうが、やるべきことはやらせましょう。
Commented by an-dan-te at 2013-08-23 06:49
guraさん、
うちも、結局かなり第一志望中心の過去問対策でよかったので、混乱しないですみました。

過去問を解く時間がなかったら、見て、こんな構成だね、こんな指示があるね、ここは難しいね、とか、これは変な問題だから(笑)後回しにしようとか計画を立てるだけでも違いますね。

でもまぁ一回くらいは解くといいかな(^^;;

160kg出しましたか、すごい!! それで見た目は減ってないの!? どんだけ(o_o)
Commented at 2013-08-23 23:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-08-26 14:27
***(2013-08-23 23:40)さん、
すごいー広いー
納戸をリフォームした、趣味専用書庫(o_o)
まだたくさん入りますね~

<< 本気で取り組む併願校過去問の効用 汚字は受験の妨げですか? >>