汚字は受験の妨げですか?   

大学生になって初めてのお正月に、私のところへ来た年賀状を見て母は言った。
「あんたの男友だちってどうして字がすごく下手な子が多いの?」

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←そりゃ下手よりは、うまいほうがいいけど
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

いや別に、字が下手な子を選んで付き合っているつもりはないのですが(^^;; でも男女差ってかなりあるよね。女子校から男子大(みたいなもん)に行くと字のうまさのギャップはでかい。

その中でもとりわけ下手な人と結婚してしまったもので、今でもよしぞうはリビングに掛けてあるカレンダーに自分で記入した予定を見ながら「んー?? なんて書いてあるんだ??」なんてやってますが。

しかしあれだけ「下手な字オンパレード」ってことは、字が下手だからって受験に特別不利ってことはないんじゃないのかなぁ。

とは思いますが、まったく支障がないわけでもないのかも、と思った出来事がありました。大学で同じクラスだったNくんは灘から理三ストレート、しかも、駿台模試を受けた人なら知らない人はいない有名人(いつでも目立つところに名前が載ってたからね)で、入学して初めてクラスで集まって名前を呼ばれたときにみんながどよめいたほど(笑) しかし彼は字が下手でね。

私を含む女子のあらかたがサボっていた一般教養科目の、なんだったか忘れたけど社会科系の科目で、Nくんは完全出席でノートを取っていたので、みんなでコピーさせてもらいました。それで、コピーを一夜漬けして期末を受けたところ、女子は全員(コピーさせてもらったのは5人くらい?)Aをとったのに、コピー元のNくんだけBだったんです。

そのとき、先生も人の子だから、やっぱり汚い字だと読む気が失せて採点もテキトーになっちゃうのね、って思った。

けど、それは大学の定期テストだからであって、入試のときは記述の採点ではあってももっと「観点」を明確化して、採点者で共有して、おそらくは互いにチェックしながらやると思うんです。そうすると、汚字の影響はだいぶ少なくなると思われます。

あと、下手は下手でも、けっこう書き方によって読みやすさは変わるもの。大学の定期テストは、細い行があってびっしり長いのを書くからほんとに読みにくかったんじゃないかと思うけど、中学入試だったら、桝目があることが多いし、長いといっても100字とかね。大きくて濃いだけでも読みやすくはなるから、与えられたスペースをしっかりフル活用してしっかり書くのは大事ですよ。それは採点者への誠意でもあるよね。

はなひめの字はわりと上手だけど、薄くて小さくて走り書きだったりすると、「ちょっとお、老眼が進んできたお母さんに喧嘩売ってんの!?」とかいいたくなるし(-_-;; そういうのってよくないです。

そして、字が下手ならフォーマットが大事です。算数とかで式や図を書いて/描いていくとき、問題なのは字のうまさ、線の美しさというより、揃うべきところが揃っているかどうか。たとえばイコールがちゃんと縦まっすぐに並んでいるかどうかとか。

あと、まとまりごとにスペースがきちんと取られているか。字が下手なら、スペースはたっぷりめが吉です。スペースの空け方が適切だとそれだけで、字が下手なままでも美しさ五割増しです。

字も練習すれば少しは上手になるだろうけど、そんなに急にはうまくならないだろうし、まさかその練習だけにあんまり時間を取るわけにもいきません。でも、フォーマットの工夫は比較的単純な技術なので、上達は字そのものより早いです。

先生の説明を聞き書きしたノートが美しくなるのはハードル高いけど、算数の演習ノートが読めるものになるように、読みやすいノートのフォーマットを盗むのはお勧め!! 日能研生だったら、自分が出席した日でも、あのコのノートがほしいと思ったら、「ちょっと今日、写しきれなかったところがあって」とかいってノートコピーもらうのもいいと思うよ(^^)

あと漢字の書き取りね。これも、うまくなる必要はないから、桝目を大きめに使って濃く書いて、トメ・ハネ・ハライとかのチェックされるポイントだけは文句つけられないようにきちんと押さえよう。

ということで「技術」で入試は切り抜けられると思います(ラブレター書いたときに、ドン引きされないかどうかはまた別の話)。受験に不向きな特性っていくらでもあるけど(不注意だとか、ロングスリーパーだとか、幼いとか、数に馴染みが悪いとか)、その中で、「汚字」って比較的克服しやすいものだと思うから、腐らずに対策してね!!

-----------
うちの子どもたちの中で、「汚字」といえばまたろう(^^;; 受験のときには、本人も読み間違えるレベルの数字を徹底分別。たとえば「4」と「9」が似すぎてたんで書き癖を変えて練習させたり。イコールを揃えるとかスペースを空けるとかの指導もしてました。

面倒でしたけど、受験が終わってからも絶対必要なスキルなんで、つきあってよかったです。微妙~にマシになっただけだけどね(-_-;;

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 8点在庫あり。(なんか、見るたびに4→5→8→9とじわじわ在庫が増えていくのってどういうわけ??)
[PR]

by an-dan-te | 2013-08-20 11:41 | 中学受験 | Comments(18)

Commented by みさまま at 2013-08-20 18:42 x
娘が年長のとき、娘のお絵かき帳を見て
お友達のお母さんが「しっかりした字かくね~」って。
私いわく「いやー、40代の成人男性がかいたんだけど・・・・」

夫は、字が下手です。コンプレックスもあって、ご祝儀袋とかは必ず私が書きます。
娘はそんな夫には似ず、書道もしていたので、早くてしかも美しい字を書きます。(ちょい自慢)
私も父の影響で、書道をしていたので字は書くのも好きです。

受験にはそんなに不利とは思いませんが、やっぱり美しい文字を書く人が好きです。特に男性。
文字を丁寧に書く人って、なんとなくものに対しても丁寧な気がして。まあ、勝手に持っているイメージですけど。
Commented by みさまま at 2013-08-20 18:48 x
あっ!でも、娘、数字が結構悲惨です。
なんか、ちまちま、筋が通ってないというか。
性格的に、なんとなく母は許せないのですが、今のところ、支障もないのでほっておいてます。
Commented by 21vertex at 2013-08-20 19:50 x
字の巧拙と試験の点数は無関係です。むしろ字が下手でも丁寧に読みやすく書こうとする意思を感じる答案の点数がそうした意思の感じられない答案の点数より高くなる傾向になることが知られています。(多分)

ということで、N氏の点数が低かったのは字の下手さとは無関係だと思いますよ。ノートを借りた方よりの貸した方の成績が低くなることって、古今東西ごくごくありふれた現象なので。その原因を字の下手さに求めるのは無理があります。ま、実際はどうかは今になって外野がどうこう言っても分かりませんけど。
Commented by an-dan-te at 2013-08-20 20:41
みさままさん、
あーうちなんて、よしぞうがプール休みの連絡帳書いたら、子どもが書いたと疑われたことがありますよ。いや、はなひめのほうがうまいですから(-_-;;

きれいな字はいいですよね、やっぱり。採点はともかく。そういえば、書道では「(洋)数字」の練習なんてしませんね!? でも、数字がきれいに書けると、使用頻度も高くてお得感が(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-08-20 21:03
21vertexさん、
試験でも、漢字の書き取りを汚字でバツになってる男子ならよくおりますが(笑) それを除けば、よほどでないかぎり字の巧拙と50字程度の記述の採点は影響ないような気がします。

でも、大学のテストみたいな、一問が答案の半分をだーっと埋めるレベルになると、字のきれいさを入れないで採点しようとしてもやっぱり左右されちゃうって研究結果のほうが主流らしいですよ。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110001892831
の5ページあたりをご覧ください。

まぁ、さすがに内容を理解していてかつ頭脳明晰なN氏の書いた内容が我々より劣っていたとも思えませんが、そりゃ今となっては確認しようがないです。

関連するyahoo知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1024539625
Commented by 21vertex at 2013-08-20 21:30 x
↑ほう。こんな研究があったとは。ただ、essay testの特徴の1つに、「専門家でも解答を正答・誤答に2分することは普通できない」とあり、そのexampleとして数学の証明が挙げられていたのはちょっとびっくりです。もちろん、部分点が与えられることがあり、そのさじ加減は評点者の裁量なのでessay testに分類されるのは、ま、しょうがないかとは思いますが。

えーと、はっきり言って偏見と言われても文句は言えませんが、私は文系の学問分野の価値をこれっぽっちも認めてないので、この論文も(その引用文献も)それほどは信じません。

もっと短くしろと言われたので続く
Commented by 21vertex at 2013-08-20 21:31 x
あと、yahoo知恵袋の方ですが。レポートを見せてあげたと言うのは剽窃の一種なので、見せた方も写した方もカンニング扱いで0点になっても仕方ないところでした。で、広く行われているのは(私はそれが正しいとは思いませんが)、レポートの元原稿のみを合格とし、他の写したと認定したレポートは不合格とすることです。(本来はすべて不合格にすべきですが)
推測ですが、採点した教官は字のきれいな方を元原稿と認定し高い評点を与え、字の汚い方を写したレポートと認定し低い評点を与えた可能性があります。つまりこのように、知恵袋の回答者が純粋に字の巧拙と信じていることでも、別の「隠れた変数」が真の理由と言うことがあり得るのです。
Commented by スケルツオ at 2013-08-20 22:21 x
例えば理系の科目だと日本語の部分より式とかグラフ、作図が勝負で、採点者にも自分にも見やすくてわかりやすい解答を過不足なく作るには、ある程度練習が必要なんでしょうね。

大学のテストとかだと、解答用紙の美的センスで採点に差が出ることはありえそうですね。

普段は字は汚いんだけど、部分点の基準とか意識して要所要所だけ(?)はやや見やすい字で、省エネを心がけていた・・・と思われる去年の模試の解答用紙が残ってます。
Commented by gura at 2013-08-21 08:52 x
とある大学の先生が、同じような内容でも、字がきれいなほうが点数がいいと言っておられました。特に沢山の採点を、一人でするときはそうなるようです。

小中学校などでは、いつも汚い字のあの子が今日は頑張っている、と良い点をつけたくなる、と聞いたことがあります。でも入試では、その子の人となりとかはわからないので、字の美しさより、丁寧さが大事なようです。フォーマットならがんばればなんとかなりそうですね^^

洋数字、きちんとかけるよう指導する小学校もあるようです。中1の書道教材で、硬筆、横書きに洋数字が取り上げられているものも。書道は国語の一部なので、地域、学校裁量によるところが大きそうです。

ところでうちの下の子は、習字をならっているんですが、習い事では美文字でも、ノートは・・・あんまりです。テストは消し跡が汚くて、別の文字に見えるからバツになっていることがあります。勉強が得意なお子さんなら、頭脳に手が追いついていないことが多いみたいです。うちの子かしこすぎて、考えたことを書くのにスピードが追いつかないの、と言ってみてください。気が楽になります^^
Commented by nonchan at 2013-08-21 10:04 x
関係ないところに反応しちゃいますが、東大って、理三は理三だけでクラス編成するんじゃないんですね。知らなかった・・・
Commented by an-dan-te at 2013-08-21 12:01
21vertexさん、
元々、私が言いたかったのは「記述テストでは字がきれいなほうが有利」ということのほうではなくて、「汚字なんて中学受験的にはたいしたハンデじゃないから技術を身につけてガンバレ」ってことなんですけどね(^^;;

> 私は文系の学問分野の価値をこれっぽっちも認めてないので、
(笑)

記述テストやレポートの点数が字の巧拙で上下することなんて、証明の必要もない当たり前のことだと思ってました。よしぞうの論文が手書きで提出されたら読むの苦痛だと思うもの。ワープロ提出ができるようになったのはほんとお互いのためにいいことでした。
Commented by an-dan-te at 2013-08-21 12:05
スケルツオさん、
字のうまい下手と一部はかさなるけど、かなり違う部分もありますよね。読みやすいまとめ方というのは。

紙のスペースをうまく使ってわかりやすくできるってのは、その人が内容をよく把握していることでもあり、それとは別にやっぱりまとめる技術もありますよね。

センスが元からある人はそれでいいけど、なくても技術で補えるしそれは身につけられるものだと思います。

> 部分点の基準とか意識して要所要所だけ(?)はやや見やすい字
(^^;; 工夫してますね~
Commented by an-dan-te at 2013-08-21 12:10
guraさん、
まぁね、主観的な評価ってのがどんなものか日々痛感してるからね…
入試は、もうちょっと厳密な基準でつけてると思うからたぶんマシでしょう。それだって完璧とはいえないけど。

消し跡がきたないと困りますね。読めないもの。

数字をきれいに書くということでは、そりゃもう一年生ではきっかり教えているだろうけど、あのスピードのままで数字を書いてる高学年はいないわけで、早く実用的できれいな書き方を教えなおしてもいいかもしれないですね。

> うちの子かしこすぎて、考えたことを書くのにスピードが追いつかないの、と言ってみてください。
お、いい案ですね(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-08-21 12:11
nonchanさん、
理一は別なんですけど、理二三はいっしょでした。
理一は図学があって、理二三は生物実習があるの。
Commented at 2013-08-21 16:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ania at 2013-08-21 22:57 x
私は、字がきれい汚いの話よりも
>ラブレター書いたときに、
の”ラブレター”が気になっちゃって。

ラブレターは今の若者のあいだにもも存在するのか、とか
手書きなのか、とか、
ラブレターそのものにドン引きするんでは?とか...。

娘に聞いてみよう。
Commented by an-dan-te at 2013-08-23 06:38
***(2013-08-21 16:04)さん、
おぉ~。ほんとだ。そういうこともあるかもしれませんね。

私も、ほかの方のブログを読むと、その話題で自分だったらこう書きたい!! と思って書くってことはけっこうあります。
Commented by an-dan-te at 2013-08-23 06:39
aniaさん、
そーいやいまどきラブレターなんて書かないだろうけど(^^;;
それでもまぁ年賀状とか、書類とか、手書きがなくなったわけじゃないからね…

だってさ、汚字だんなと結婚するってことは、書類は主に自分が書くハメになるってことよ。引くでしょ(笑)

<< 併願校の過去問はいつ、どれくらい? 補足: 「計算と一行題」問題レベル >>