出来杉くんがいるクラスを生かす   

昨日書いたように、こじろうやはなひめも、出来杉くんたちがいるクラスであることがよかったのか、マイナスだったのか、微妙な感じなんだけれど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←いろんな子がいる、というのも集団塾のよさ
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

「受験BIBLE」によれば、荘司氏の娘さんはもっとたいへんで、「みんなについていくのがしんどい」ということから成績も急降下、登塾拒否も始まったということがあった。

こじろうの場合、どうあってもかなわない子がいるということで、「なにくそ」とがんばる方向じゃなくて、「ぼくはこのへん」みたいなポジションに安住する方向になり、勉強のモチベーション的にはなんかちょっとナンなのだけれども、メンタル的には平和(*)。

荘司氏の娘さんは、もっとガッツがあったんでしょう。だからがんばりもしたし、疲れもしたんだよね。

荘司氏の賢いところは、この事態に至ったときに、サピの最上位クラスにこだわらず、はたまたクラス落ちしてそこから気分マイナスの再スタートを切らせるのでもなく、早稲アカに転塾をスパッと決めたところ。

娘さんは、転塾で息を吹き返して、着実ペースに戻れたし、その後、NN桜蔭からNN雙葉に移ったことでさらに生き生きしてきたようだ。本で早稲アカ→サピックス→早稲アカというせわしない転塾のいきさつを読むと、メンタル面が弱いのかな? と思うかもしれないが、ここから本番に向かってさらに順調に伸びた感じで、土佐塾→浦和明の星→渋谷幕張→雙葉と全勝を決めている。

弱いとか強いとかいうことでなく、性格の違いであって、出来杉くんがいるときに必死についていこうとするタイプと、気にならない/あきらめるタイプ(-_-;; がいるのだと思う。ついていこうとしてがんばることで、ぐぐっと伸びることもあるし、燃え尽きてしまうこともあるし、まぁ両方ありますよね。

ちなみに私はぜんぜんついていこうと思わないタイプ(^^;; で、だから、こじろうもはなひめもヘタレでなんの不思議もないのだけど、あえて自己弁護をするならば、受験的には「出来杉くんなんて関係ない」というのでまったく正しいと思う。別に同じ学校を受けるわけじゃなし…あるいは、同じ学校を受けるとしても、そこが一人しか取らないわけじゃないんだから。

出来杉くんを超えなきゃいけないわけじゃなくて、合格者最低点をクリアすればいいのだ。

人は人、自分は自分。そこさえハッキリつかめていれば、突き抜けた人がいる環境というのはいい。

話をしても、ちょっとほかの人とは一味もふた味も違う視点がおもしろいし…
息をするようにあまりにも自然に勉強に集中できる様子に感銘を受けるし…
ソコとソコがつながって、強固な「理解のかたち」ができているのねと納得できるし…
すばらしく美しいノートや作品にほれぼれ感動し、そこから何かのヒントがもらえることも。

すごい人ってのはとにかくすごい。でも、それを乗り越えようとあがく必要はないし(あがいてみたければそれもいいかもしれないけど)、そういう人となんとなく付き合う中で、自分なりに価値を出せるポイント…それがほんの「ピンポイント」でしかなくても…はどこなのかってのも見えてくると思う。

そうやって、出来杉くんのいる環境に、飲まれすぎないようにしつつ、出来杉くんにインスパイヤされる自分を楽しめるようになれば、私学に行く価値というのもまた、ぐぐっと増してきますよね。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 8点在庫あり。(なんか、見るたびに4→5→8→9とじわじわ在庫が増えていくのってどういうわけ??)

(*)…一度、カリテがすごくよくて塾全体の順位が60位かそこらだったとき、いさんで教室にいったらクラス4位(^^;; 「ノートもらえなかった…」ってがっくりして帰ってきた。そこからモチベーション的にはますます低迷してたような気がするけど、後期に志望校別の日特が始まって、そこでは気分盛り上がったらしい。
[PR]

by an-dan-te | 2013-08-10 10:28 | 中学受験 | Comments(10)

Commented by gura at 2013-08-10 23:52 x
高校生のとき席替えで、出来杉君出来杉さんたちにぐるりと囲まれてしまったことがあります。OO高ブレーンと呼ばれている人たちでした。出来杉さんたちはすっごく親切で、勉強の教え方もうまかった!その席にいると、誰にも期待されず、勉強がわからなくても許される感じだったので、そのポジションが気に入ってしまいました。

成績的には全然よくない出会いでしたが、すごい人たちを見ているのは楽しかったです。最近上の子に、その人たちのすごいエピソードを聞かせてあげました。よい刺激になるといいなあ。

Commented at 2013-08-11 00:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by けひこ at 2013-08-12 12:05 x
Sは、クラスわけが細かいので、出来杉さんたちと一緒に学ぶ機会は最後までなさそうなうちの娘ですが・・・。でも、ワタシにとっての出来杉さんは、アンダンテさんです!!とっても刺激をいただいてます♪
Commented by an-dan-te at 2013-08-12 20:13
guraさん、
いやーそりゃ貴重な体験をしましたね♪
出来杉くんたちは、余裕があるからたいがい親切ですよね。私もレポートやらノートやら、過去問を解いてもらったりとか、ずいぶんお世話になりました(^^;;

> すごい人たちを見ているのは楽しかったです。
そうそう。楽しいですよね。
Commented by an-dan-te at 2013-08-12 20:31
***(2013-08-11 00:26)さん、
はなひめも四年のときは、クラス人数が二人とか三人で、しかもほかの子は小学校の補習に来てたくらいなので、それこそ出来杉くんもなにもない状態でした。

まぁでも四年生の間はそんなもんでいいんじゃないですか…(^^;; 気がもめなくていいです。平和。

ちょっとゆるんだりしたみたいですけどそれはそれで。まだ先は長いですからね~
Commented by an-dan-te at 2013-08-12 20:34
けひこさん、
クラス分けが細かいと、出来杉くんがいるメリット(やデメリット?)がなくて、でもその分、レベルが揃っている中で授業を受けられるというのは大きなメリットですよね。

> とっても刺激をいただいてます♪
え(^^;; …がんばります。
Commented by セロリ at 2013-08-13 11:00 x
S塾出身のセロリマンは、
中学で初めて「出来杉クン」に出会い、
ものすごい刺激を受けておりました。
(かといって、競争心にはなってないのですが。(^^ゞ)

そして、面白いことにその「出来杉クン」ですが、
数学とか全然できないくせに、あるジャンルの知識が極端に豊富なセロリマンに非常に刺激を受けたらしく、二人は大親友になっております。

私学に行かせてホントよかったと思ったことのひとつとなっています。
Commented by an-dan-te at 2013-08-14 20:37
セロリさん、
競争心は別になくてもいいと思うんですよ~
いろいろ刺激になりますよね。
> 数学とか全然できないくせに、あるジャンルの知識が極端に豊富なセロリマン
そうそう、自分の「売り」ポイントも再発見できたりとか。

> 私学に行かせてホントよかったと思ったことのひとつとなっています。
いいですよね~(^^)
Commented by mimi at 2013-10-08 08:59 x
お久しぶりです。
中三の娘のクラスにも出木杉君がいます。
うちの娘は声をかけるものおこがましくてできないらしいですが
(^^;)娘の友達は出木杉君隣の席になった時に、出木杉君をつぶさに観察していたそうで。(なんでそんなに余裕があるのにそんなにできるのかと)
その結果あまり得意でなかった科目で出木杉君の二人満点を取って出木杉君に並んだそうです!!
まあ、彼女もわりと出木杉ちゃん?に近いかもしれませんが。

同じクラスの今年中に是非出木杉君の隣の席をゲットできるように母は祈っております。
満点とは言わないけど、せめて爪の垢程度は何とかならないかしら。
Commented by an-dan-te at 2013-10-08 22:32
mimiさん、
身近にいると「伝染るんです」ね~(^^)
でもそういうことってありますよね。なんか真似すると、イメージができると、うまくいっちゃう。

> 是非出木杉君の隣の席をゲットできるように
(^^)

<< 「計算と一行題」の教材 出来杉くんがいるクラス >>