自分視点で書く読書感想文!!   

子どものころ、作文も苦手だったけど、最悪なのは読書感想文というやつ。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←感想文の宿題ある?
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

あれはほんとにキライで、「感想」…私、いったいどう感じてるんだろう!? 考えれば考えるほどわからないや(^^;; みたいな。ま、テキトーにでっちあげて出してはいたように思うんですが、書いててもつまらなかったし、読むほう(先生)もそりゃつまらなかっただろう。ロクに読んでなかったかもしれんけど。

しかし月日は流れ(ウン十年)、人は変われば変わるもので、今や読書感想文というか本の紹介文というか、そんなものを自主的にブログ記事として書くようになりました。

私が本を紹介するとつい買ってしまう!! という声を聞いたこともあります(笑)。

というわけで、書いて楽しい、読んでおもしろい読書感想文の書き方(先生が気に入ってくれるかどうかは知りません)をご紹介します。

「感想」という言葉に引きずられると、つい「おもしろかったです」とか書かなきゃいけないような気がしてしまいます。ここは「感想」という言葉から離れて
・自分はこの本をどう読んだのか
・この本は自分にどう響いたのか

の二点を書くものだと割り切ってみてください。

例を挙げてみましょう。「のだめカンタービレ」の感想文として私はこんな記事を書きました:
もう一度読む「のだめ」-音楽でつながる瞬間
この漫画は二桁巻数ある長大なもので、ストーリーを「要約」していったらそれだけでいくらでも長くなっちゃう。そんなもの知りたきゃそれこそ自分で漫画を読めばいいんです。誰が漫画の要約なんか読みたいかね(^^;;

そこで、ズバッと自分にとって一番印象的なシーンを紹介してしまう。要するに、自分にとってこの作品の価値がどのポイントにあったのかということです。

この漫画を読んで私がいちばんわくわくするのは、なんといっても「音楽でつながる」ということなので、のだめと千秋の出会い、そして関係の深まり(音楽シーンを通じて)のことを書きます。本の紹介としてはこれだけで、あと全部割愛しちゃっていいんです。

それで、そういう本(この場合漫画ですが)を読んで自分にどう響いたのかというと、音楽でつながる人間と人間の響き合い、その「濃さ」と、その一方で、その濃密さがかえってあやうかったりもする男女関係というものに思いを馳せてしまうってことです。だから後半はその話。最後はまさに感想で「おい大丈夫かよ」でまとめます(笑)

…ね。簡単でしょ(^^)

あ、なんだか子ども向けじゃない例を引いてしまいました。では別のもうちょっとまじめな例を…

「ゴミにまみれて」(坂本信一著)

この本は、清掃作業員(市のゴミ収集車に乗っている人)が書いたものです。私はこれを読んで、とにかく、あれもこれも「もったいない」と思ったんです。
捨てられるゴミのもったいなさと、
ボロきれのように擦り切れていく人間関係のもったいなさ。

この両面で切り取るところが私の読み方、視点ですね。そして、そのどうしようもない状態から、プラスの面を見つけて進んでいこうとする著者に対する賞賛の気持ち。

どうしようもない状況の中でも人間としてやれることというのはあるものだ、とか、そのへんどんどん言葉にしていくと、わかりやすくもなり、クサくもなり。だから私はここで「私も、置かれた状況の中でやれることをがんばろうと思いました。」なんて書かないけれども、まぁどの程度の表現をするかは各自のセンスでやるとして、とにかく自分にとってどう響いたのかを書く。

この記事に対しては、後日、著者自身がコメントをくださいました(検索で見つけたそうです)。ものすごく喜んでくださって、このコメント自体感動モノです。私もほんとうに記事を書いてよかった!! と思いました。感想文書くと、ちゃんといいことあるじゃないですか(^^)


その他
体育会系音楽集団「すいぶ」
「オウムからの帰還」を読み、帰らない級友を想う
IT翻訳者に向くのは理系?文系?

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 3冊在庫あり。
[PR]

by an-dan-te | 2013-07-26 13:35 | 中学受験 | Comments(6)

Commented by gura at 2013-07-27 00:50 x
そう、つい買ってしまうんですよね^^上手なんだもん。

感想文、いいことありましたね^^いいですねえ。私も、子供も、感想文でいいことあったんですよ。本の主人公たちに会って、作文を掲示してもらったり、グッズを貰ったり、新聞に載ったり、色々いい事があったんです^^書いてよかったです。

でも親子で書く文には同じ欠点が。それは書きたいことが次々出てきて、枚数を超えたまとまらないものになってしまうことです。教えてもいないのに、何で似るんでしょうか。

うちの感想文のこつは、本人が書きたい!と思うものがある本にすること。とにかく読み込むことです。私には人生の一冊があるので、子供にも出会いがあるのを待っています。夏はチャンスですね^^

ところで、本屋さんのポップを書いてみたくなりませんか?先日すごいポップを書く人の本を読みました。学校めぐり中の図書室で読んだので、タイトルは忘れました。面白かったのになあ。アンダンテさんがポップ書いたら売れると思う!!

Commented by nonchan at 2013-07-27 16:54 x
私は読書感想文が得意で、中高時代何度も学校代表でコンクールに出してもらい、賞をいただいたりしたんですが、読書感想文というのは「感想(面白かったとか感動したとか)」を書くのではなくて「その本と出会った結果、自分の心情や考え方や生き方がどう変化したか」を書くものだと思っています。
本について(あらすじや内容紹介など)書くんじゃなくて、本を読んだ自分のことについて書くものだ、というのがポイント。
アンダンテさんのおっしゃるところの「この本は自分にどう響いたのか」ですね。
それが表現出来れば、ちゃんと先生にも気に入ってもらえるし、コンクール入賞もできるはず(^_-)
Commented by an-dan-te at 2013-07-29 07:51
guraさん、
> 本の主人公たちに会って、作文を掲示してもらったり、
> グッズを貰ったり、新聞に載ったり、
おぉ、すごいですね(^^)

書き出すと止まらないのね。私は、「1000字ぴった」とか得意技です(笑) つまんないものでよければ(^^;;

本人が書きたいと思わないものを書くってのは、また別の技術ですかねー、それはそれで大人ならできたほうがいいかなとも思うけれど。せっかく若いうちは「いい」と思ったもので書いてほしいですね!!

ポップを書くというのはまた違う切り口ですね。私はたぶんえらく下手だと思いますが(ほら、短い文章が書けないでしょ)

Commented by an-dan-te at 2013-07-29 07:59
nonchanさん、
> 「その本と出会った結果、自分の心情や考え方や生き方がどう変化したか」を書く
なるほどなるほど。

> それが表現出来れば、ちゃんと先生にも気に入ってもら
> えるし、コンクール入賞もできるはず(^_-)
そうだったのか…
しかし小学生に戻って試すこともできないし(^^;;
Commented at 2013-07-31 02:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-07-31 21:43
***(2013-07-31 02:43)さん、
課題図書で、ちっともおもしろみがわからなかったなんて場合は、「どう響いた」といわれても困りますよね(^^;;

ま、感想文の最大のコツは、「つまんなかった本の感想文は書かない」ってことのような気もしますが(爆)、おもしろさがわかるようにってところは大人がヒントを出したり話し合ったりしてもいいかもしれないですね。ほら、子どもだと、体験や知識や理解が足りないためにつまらないだけで、何かわかればおもしろいかもしれないでしょう。どう読んでもつまらない本のときは…ま、あきらめましょう(笑)

<< 見直しの「技術」を磨く 他塾教材を併用するメリット >>