他塾教材を併用するメリット   

かるらぴぃさんから貸してもらった教材の中に、「年表トレーニング帳」(サピックス小学部、代々木ライブラリー)っていうのがあったんだけど…

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←社会、苦労したよねほんと
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」で立ち読み感覚

これが、たいへん優れもので。パラッと見て、ひと目で気に入ってしまいました♪

何がいいかというと、まず前半は、タイトルのとおり書き込み式の年表で、
・左ページが年表。たとえば、「【   】が征夷大将軍になる→江戸幕府を開く」のように、覚えるところが空いている。
・右ページはその関連項目について、簡単な記述の練習になるようにまとめてある。
---
江戸幕府がキリスト教を禁止したのはなぜでしょう?
1. キリスト教の教えが、_____________と合わなかったため。
2. キリスト教の布教を通じて_______________おそれがあったため。
3. 信者が_________________おそれたため。
---
というような。
(後半は、政治史、外交史、文化史など別のページ。これがまた、よく練れた内容です)

それで、一回書き込みして、答えを見て補足修正したら、ブランクページがなくなってしまうわけですが、そこでですね。はさみこまれている解答の別冊子は、ページの縮刷に赤で答えを記入した形になっていて、赤シートで隠すと何度でも練習できるんです。

書いてある内容は決して欲張ったものではなくて、確かにそれは必要だろうというものによくまとまっていると思います。とにかく、レイアウトがぱらりとしていてしつこくなく、やる気の出る密度のページデザインになっているところがたいへんよいです。

かるらぴぃさんのところは、これと、メモチェ社会を両方やったのですよね。ところでわが家の場合、社会は苦手で余裕がなくて、結局、メモチェ社会もあまり覚えきらなかったのですが、それなら他塾教材に手を出さずにしぼったほうがいいかというと…

必ずしもそうではないと思います。

社会で何が問題だったかというと、覚えてもまた忘れる、なんかしっくり来てないというか話がつながってなくて、自分の中で徹頭徹尾無価値で無関心で納得がないから定着しないわけですよね。それで、ようやく第一志望校の過去問をやるようになって、歴史や地理もほんのちょっと覚えやすくなったというようなことがありましたが。

角度を変えてまとめてみるというのは、その、べらぼうに足りない「納得」をベースアップするのに役立つと思います。そう、私が「歴史スペシャル」の日を設けて、はなひめといっしょに大汗かいて手作り年表を作ったように。

あれは「特別感(イベント)」という意味ではまぁよかったかとは思うのですが、費用対効果(^^;; として考えればいまいちで、こんなよく出来た書き込み式年表があるなら、これを使った同趣旨のスペシャルデーのほうが効率はよいですね。

これをひととおりやってからメモチェ社会をやったとすれば、二冊だから二倍の時間がかかるというものではなく、むしろどんよりした時間が減って、頭の中の整理も進むでしょう。イメージ的には1.5倍の時間がかかって2.5倍の理解が進むというような(勝手な想像でいってます)。

これに対して、算数で教材を絞ることにこだわるのは、難しすぎる問題に手をつけないことのほかに、ピンポイントで繰り返す効率を求める意図があるからです。新しい問題集に手をつけたら、また解ける問題も含めて全部やるハメになりますが、繰り返しだったら怪しい問題だけを個別撃破できます。そのために、全分野で漏れがなく、バランスよく、できるだけコンパクトで、難易度的に無理がなく無駄がないものが一冊、ほしいわけです。

ただし算数の場合も、どうしてもそれで理解できない分野が残ったとすれば、別の教材で同じ分野の問題のところからやってみることが突破口になるかもしれません。

ということで、歴史が苦手で全体が「ぼやややーん」としているならば、あえて社会メモチェの前にサピックスの年表教材で一気におさらい。お勧めです。

さらに、かるらぴぃさんは、「日能研とサピの両方で取り上げられているものは超重要事項」という推測のもと、重複するものに印をつけて念入りチェックしたりしていたそうですよ。行き届いてますね。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 何冊か売れたらしくて「通常1~4週間以内に発送します。」になってます。古本…あらだいたい売り切れちゃった。

by an-dan-te | 2013-07-25 13:28 | 中学受験 | Comments(20)

Commented by milktea at 2013-07-25 13:50 x
>全分野で漏れがなく、バランスよく、できるだけコンパクトで、難易度的に無理がなく無駄がないものが一冊、ほしいわけです。

そうそう、そうなんですよ!

下娘の場合、基礎がぼろぼろ抜けていて、算数で難易度ちょうどな感じのがなかなかなくって。
とりあえず、説明を思い出すために旺文社の「わかる算数」を買ってみたところです。
Commented by かるらぴぃ at 2013-07-25 20:24 x
この本は主に5年生の後期に毎日1ページ、夜寝る前の「毎日ちょこちょこ」と名付けた時間(5~10分くらい)にやってました。
暗記が苦手なので、毎日寝る前にちょこっと書いて覚えるって感じでした。

N本科の歴史は詳しい説明文が長々と載っています。詳しくて良いけど、一生懸命読んでも大量の知識がごちゃごちゃしている状態で・・・(^^ゞ
そこへこの本を利用すると、まとめに一覧性があり、内容がスッキリ整理整頓されてとても助かりました。記述の書きぶりも何をどの程度書けばいいのか凄く参考になりました。
Nオプ説の記述はかなりこの本の記述とも重なっていて、カリテ・実テで出題されることもあり「ここ凄く重要な部分なんだね!」と真剣になったり。

後半の「文化史・政治史・重要な資料」などの部分は6年になってから埋めましたが、前半の歴史の通し部分は5年のうちに(2月めざして)全部埋めました。
子どもも、間違えながらでも「全部自分で埋めた」という達成感が持てたみたいでよかったですよ(^^)
Commented by かるらぴぃ at 2013-07-25 20:32 x
あっ!アンダンテさんに御礼を書き忘れてしまってます!!!すみません~(T_T) 
Commented by chie at 2013-07-25 23:13 x
アンダンテさんも、かるらぴぃさんも、受験は終わっているのに
迷える後輩のために、ありがとうございます。
あれもこれもと欲張りたくなりますが、かるらぴぃさん親子と私たち親子の出来が違いすぎるという悲しい現実が~
でも理科と社会5年後半からサピの教材で、夜寝る前の毎日ちょこちょこくらいなら、まねっこできるかな~
Commented by みやこ at 2013-07-25 23:29 x
>アンダンテさんも、かるらぴぃさんも、受験は終わっているのに

↑ほんとうですね。頭が下がります。

うちは親がもうぶれぶれなもんで、あの教材がいいらしいとか聞くとすぐ買って、結局使わないで終わったりとかよくあるパターンなので、娘はサピで与えられた教材と、兄たちの残骸教材だけで乗り切ろうかと思います。社会……歴史が始まるかと思うと、また暗記物が増えて、頭が痛いです……。
Commented by gura at 2013-07-26 00:59 x
その本、アンダンテさんの年表作りのお話を聞いたとき、買いました。つくる時間ないなあ、と思って。でもできなかった。日能研のも買いました・・・でもできなかった。持ってると言う安心感はありました^^;

みやこさんのお話にすごく共感しています^^

年表はできなかったけど、サピのコアプラスなら読みました。入塾前に、塾ってどんなことするのかな?だいたい全体像が見たいなあ、と思って買ったんです。四科のまとめが配布されるまでは、これがあるって安心でした。結局塾で四科のまとめをするよう指示が出たので、最後は四科~をしました。

5年からちょこちょこはいいですね。うちの二番手さん、一つだけ(現時点では)すごく得意な科目があるんです。ちょっと四科の~ができるか試したい。でも他の教科の基礎をするほうが先なんですよね・・。
Commented at 2013-07-26 06:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ママガール at 2013-07-26 10:23 x
いつもこちらでいろいろ情報をいただいてありがたいです。

次男の歴史はアンダンテさんのいう「納得」まではなかなかつかめなかったです。ただただ暗記。よくわからないまま暗記。
私のほうが「なるほど~、これがこうなったのね!」とひとりで「納得」したりして(笑)
「納得」しながら歴史が学べたら苦行のような暗記から
楽しい学習にもなりますね。末娘はそうあってほしいです。
だってひたすら暗記したものって、中1次男はすでにもうもやもやしてきてます(T_T)
Commented by an-dan-te at 2013-07-26 13:41
milkteaさん、
うちは、日能研六年前期の教材で、「強化ツール」というのをその目的で使いました。時間を計って、しつこくつぶしていきました。あれでだいぶ目処が立ったかなぁ。

市販でなかなかいいのがないですよね。
Commented by an-dan-te at 2013-07-26 13:47
かるらぴぃさん、
あぁ、五年後期の「毎日ちょこちょこ」だったのですね!!
それはよい企画でしたね。

歴史の流れをつかむのに、本科テキストの記述はしっかりしすぎていて、長いし、あれで読みこなして吸収するのはちとつらいですね。年表ものとストーリーもの(漫画とか?)を併用していく感じかな?

> Nオプ説の記述はかなりこの本の記述とも重なっていて、
> カリテ・実テで出題されることもあり「ここ凄く重要な部分
> なんだね!」と真剣になったり。
おぉぉ(o_o) いいですね。

後半の、文化史とかのまとめもよくできていますよね。六年のテストや入試でよく聞かれる部分です。
Commented by an-dan-te at 2013-07-26 13:51
chieさん、
五年後半からの「毎晩ちょこちょこ」はすごくお勧めできますよ~
中身は、状況に合わせてで、なんでもいいので、レベルはちょうどいいものに差し替えればいいんですけど。とにかく、全分野を日割りでスキャンしていくこと(^-^)
Commented by an-dan-te at 2013-07-27 07:54
みやこさん、
> ↑ほんとうですね。頭が下がります。
趣味の世界ですね(^^)
子どもは全部片付いちゃったのに、この積み重ねたスキルとノウハウをどうしてくれよう、みたいな(笑)

残骸教材、うちもたくさんありました。というか日能研で配られたものなのに使われずに残骸になっていたり(爆)
Commented by an-dan-te at 2013-07-27 07:56
guraさん、
おぉ、両方、持ってらして…でも、使わなかったんですね(^^;; 年表は使いやすそうだからこんど試してみて。

コアプラス、四科のまとめは中身を見たことがなくて(ん十年前の四科のまとめなら見たけど)、いきがかり上、中を見ておこうかなぁ(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-07-27 08:03
ママガールさん、
うまく「納得」できると歴史って楽しいですよね。
…とは、子どものころは、わかんなかったんですけどね。
なんか、もったいなかったなぁ。

社会ができたら文系だっていけたかもしれない!!
Commented by みやこ at 2013-07-27 13:34 x
四科のまとめ、次男のときに、狂って買っちゃいましたけど(理科だけ)、最初の生物分野で脱落。日能研のメモリーチェックよりかなりマニアックです。30年ぐらい前の四科のまとめ、私も使ってました。L字型の厚紙つくって、答え隠しながら覚えたっけ。
Commented by gura at 2013-07-27 23:06 x
アンダンテさんが、四科のまとめやコアプラスを見てくださったら、助かる人が沢山いると思います!期待!!

四科~マニアックですよね、やっぱり。私がメモチェに心変わりしそうになったのは、しかたないことだったんだんですね^^;

中1の子は駆け込みで、入塾したと公民だったんです。地理と歴史は、小学校で習ったことと、さっと流した四科でほぼ終わり。今はもう、頭に残っていないみたいです。二番手が、一番東にある島は?とか言うと、遠い目をしています・・・。ああ、したの子に抜かされた!
Commented by an-dan-te at 2013-07-29 07:26
みやこさん、
へー今はマニアックなんだ。大昔の四科のまとめ、薄っぺらなものでしたけどね(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-07-29 07:27
guraさん、
やっぱり気になるから買っちゃおうかなーコアプラス。何しに買うんだいまさら(^^;; って感じだけど。

入塾したとたん公民から、それであとは総復習だけってキツイですね。うちはちゃんと地理授業も受けてるけどぜんぜん定着したとはいえない…
Commented at 2013-07-29 19:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-07-30 12:54
***(2013-07-29 19:25)さん、
あ、ありがとうございます(^^;; 大丈夫です。中古で安く入手しました。ほんとよくまとまっていますね。

<< 自分視点で書く読書感想文!! 個別塾の落とし穴 >>