大手塾+頑張る子の落とし穴   

「サクラサクまでの1000日戦争」の太郎くんは、こじろうより一学年下なのですが、このブログを書いていた世羅さんは、大先輩ブロガーです。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「合格力は家族力」とあります。
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
* 現在「在庫あり」になってます

私がブログを書き始めたのは6年秋と遅かったのにひきかえ、世羅さんは四年生から書いていたので(だから1000日戦争)。自分がブログを書くようになってからは、ずっとリアルタイムで追い続け、ついにクライマックスへ。

でも、本では読んでませんでした。先日思い立ってアマゾンでポチッて、ようやく読みました!!(絶版になってるようですが中古で買えました)

…感動しました~(;_;) やっぱりブログで読むのと一気に読むのはかなり感じが違いますので、改めて。

それで、思ったことはいろいろあるんですが、特に、ひとつのポイントを挙げるとすれば。
この受験は、わが家とぜんっぜん、根本的に違う!! ということ。

だってね。太郎くんは、がんばりやさんなんですよ!! 自分から勉強するんです。自主的にゲームとかも封印して、宿題がこなせなければ深夜まで。
わが家で頻発していた「やる気スイッチはどこ~(答え: そんなものはない!!)」みたいなバトルが皆無なんですよ。

そりゃぜんぜん違う世界になるわなー(遠い目)

塾通いが本格化するまでは、水泳を選手コースでやっていたようですが、そういうことで培った気力体力があって、競争する心も持っていて、それを生かして受験勉強に突入していった感じ。

ただ、「がんばる」のは美徳なんですけど、それと大手塾の特質が重なったときに、ボタンを掛け違うと、大きな落とし穴が待っています。

要領のいい、何をやらせてもすばやい子はいいんです。同じ宿題が出ても、短時間でこなせて、頭にもしっかり残ります。テストをやれば高得点。こういう子は、大手塾に通い、親は月謝を出しお弁当と送迎をがんばるくらいで、すんなり難関校に行けますね。

やることがのろくて、やる気も「そこそこ」しかない子は(誰とはいいませんが)、宿題が全部こなせませんから、テキトーに間引くしかありません。なに、最初は宿題を出せないことに抵抗があるかもしれませんが、人間そのうち慣れるものですから、平気です。取捨選択ができていれば、パフォーマンス的にはそんなに問題ないでしょう。

しかし、時間はかかるけど、いわれたことはちゃんと頑張る子は、結局深夜までやるしかなくなります。睡眠不足が続けば、体調も崩れます。頭も冴えません。すると勉強の効率も落ちます。がんばってるのに、勉強してるのに、成績は伸びない。あるいは、下がる。どうすればいい??

塾の先生に、「○○ができないんです」と、得点の低い科目や分野について相談に行けば、それを補う勉強法を指示してくれるでしょう。でも、すでにオーバーワークなところに、課題を足せば、成績は上がるのではなくさらに落ちる可能性が大です。

大手塾には、カリキュラムとノウハウとデータが詰まっているのですが、子どもの生活をトータルに把握して調節してくれるわけじゃありません。

太郎くんの場合、土壇場のタイミングになって、小規模塾に相談に行きます。この先生は、幸いなことにちゃんと見るとこ見ていて、たいへん的確なアドバイスをくれました。

「難問の宿題を捨てること」「睡眠時間を最低8時間、確保すること」

それで太郎くんは負のスパイラルから抜け出し、目の下のクマも取れ、元気に六年後半を過ごし、実力から考えるとかなり厳しかった(のかな?)合格をもぎ取ったのです。

「疲れない」ことが受験成功の鍵です。勉強時間はかなり減ったけれど成績は落ちなかったと書かれています。当然だと思います。むしろもっと上がってもよさそうですが(^^;; 小規模塾に転塾するにあたっては、通塾がものすごく遠くなってしまったそうですし、それなりにデメリットもあったのでしょうね。

というわけで。がんばるお子さんをお持ちの方は、がんばりすぎにお気をつけください。あら、決して負け惜しみじゃ…ちょっとしかなくってよ(^^)

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

実用書じゃないけど文句ナシのおもしろさ↓ 売れても私には印税一銭も入りませんが。
ブログやってなかったころのこじろうの様子がちょこっと載ってます。
中学受験 叫ばせて! (地球の歩き方BOOKS) ←アマゾン
* 何冊か売れたらしくて「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」になってますが、中古はすぐ買えます。

by an-dan-te | 2013-07-17 13:24 | 中学受験 | Comments(12)

Commented by chie at 2013-07-17 17:45 x
頑張るお子さんをお持ちの方、、、います!!

もちろん、うちの娘じゃないです、娘の幼馴染み。
宿題が終わらないと、泣きながらでもやり続ける姿に
親御さんが心配して、転塾しました。
出来るお子さんですが頑張りすぎて、体を壊すんじゃないかと、
親が冷静に判断して、早い段階での転塾。
正直その子なら、どの塾でも頑張れるんじゃないかなと思います「頑張りすぎないで、無理に宿題やらなくてもいいんだよ」と声をかけるなんて~「う、羨ましすぎるよ」と言いましたが
それはそれで、心配だそうです。
やることがのろくて、やる気も「そこそこ」しかない子?私も誰とは言いませんが、、、今週も算数の宿題終わっていません、でも焦ってない、、、それでいいのか娘よ~
Commented by gura at 2013-07-18 01:07 x
その本持っています。本を読んで、あれこれ考えるのは大好きなんですが・・・自分の子に還元できません。やる気はあるんですが、実行できない。親子でそっくりです。

うちには、やることがのろくて、やる気だけはあるけど、行動が伴はない親子がいます・・・。

アンダンテさんのブログを読んだら、はっと我にかえることがよくあります。ちょうどいい量をこつこつやるのが一番ですね。

中1の初めての夏休み、どうしたらいいかなあ。考えるのは楽しいけど、やるのは私じゃないし・・・。やはり、与えられた課題をこつこつですか?
Commented by まる at 2013-07-18 09:35 x
やる気スイッチは目標を決めると入るそうです。
月1回くらい家族全員で将来の目標を書くのはいかがでしょうか。
目標が決まれば今やらなければいけないことがわかると思います。

脳が疲れるとやる気がなくなります。
私は7時間寝ないとやる気が出ませんでしたが、小学生ならもっと必要かもしれません。


なんでもさくさくとできるといいと思っていましたが、それだと器用貧乏になるかもしれません。
英語ができる人は辞書なしで速く読めていいなと思っていましたが、翻訳家は辞書を引くのが好きでたまらない人がなるそうです。
入試は速さも要求されますが、じっくりやることはとてもいいことだとお子さんにお伝えください。

難しい問題はみんな解けません。
自分が解ける問題でしっかり得点することが合格への近道だと思います。

Commented at 2013-07-18 10:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-07-18 13:03
chieさん、
> 親が冷静に判断して、早い段階での転塾。
まぁ、よかったですね。転塾までしなくても、やること減らせばよさそうな気もしちゃうんだけど、はじめから、やれる分の宿題を出してくれる塾にしたほうが根本的な解決とはいえるかも。

あぁ、頑張りすぎて体を壊すんじゃないかなんて心配、したことないからなんか実感わかないんだけど…

まったりしてる子は、焦らないんですよね~。焦るのは親だけです。
Commented by an-dan-te at 2013-07-18 13:08
guraさん、
お持ちでしたか~
guraさんちって、本何冊あるんだろ…
相当ありそうですよね(^^)

中一の夏休み、基本的には本人に任せたいですけど、計画を立てるようにくらいは促しておきたいです。でないと、こじろう中一のときの悪夢再来になっちゃう…
Commented by an-dan-te at 2013-07-18 13:11
まるさん、
目標決めたくらいで入る「やる気スイッチ」ならとっくに入れてますけど~

なかなか難しいですね。性格ですから。

がんばりすぎて体を壊しちゃう子も心配だろうけど、スイッチが搭載されてないっぽい子も心配っちゃ心配です。

> 私は7時間寝ないとやる気が出ませんでしたが、小学生ならもっと必要かもしれません。
私も睡眠不足じゃ仕事する気も起きません(^^;;
小学生の睡眠削って勉強とかそりゃうまくいかないでしょう。
Commented by an-dan-te at 2013-07-18 13:12
***(2013-07-18 10:39)さん、
がんばる子にはがんばる子の、
がんばらない子にはがんばらない子の
お悩みが(^^;;

手のかかる子ほどかわいいというのはある程度真実ですね。でももう堪能したからそろそろ楽になりたい。
Commented by gura at 2013-07-18 13:21 x
今アンダンテさんもパソコンの前ですね^^なんか嬉しい。

うちの本、ありすぎて大変なことになってきました。古い雑誌から片付けようかな。子供の本だけで、薄いのも含めて二千冊以上はあります。ちょっとそれ以上は数えられない。気になるテーマの本をすぐ買ってしまうので、今受験本が本屋さんより充実しています、多分。

子供が小さいとき、せなかにスイッチのイラストが書いてあるシャツを着せていました。元気がよすぎるとき、OFF、を押していました。今欲しいのは、ON、のほうです^^;
Commented at 2013-07-19 09:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-07-19 14:06
***(2013-07-19 09:54)さん、
そうでしたか、どうぞお大事に。
夏休みの計画の立て方(特に、ゆるまず無理せずのペースの守り方)については、記事で書いてみました♪
Commented by an-dan-te at 2013-07-20 08:33
guraさん、
やっぱり大量ですね(^^) うちも相当ですが。またろうの本が特にどんどん増殖中です(小遣いは本にしか使わない、本は絶対捨てない!!)。

> 今受験本が本屋さんより充実しています
(^^;;

> 今欲しいのは、ON、のほうです^^;
あ、いぃですねぇ。

<< 夏休み、倒れない計画の立て方 ほどほどに暗記する算数 >>