タイムマシンで五年夏に戻れたら   

先日、「タイムマシンで四年夏に戻れたら」を書きましたところ、「タイムマシンシリーズで五年のもやってください」というリクエストをいただきました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ←五年の夏もやっぱりアツい
はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
*「なか見!」機能で「立ち読み」できます♪

えと、これってシリーズものだったの!?

ま、いいや(^^;; それで、五年夏はどうだったかというと、実はあんまりタイムマシンに乗っていってもどうということはなく、今振り返っても「ま、あんなもんだろ」と思う、大まかには悔いのない夏でした。

(1) 日能研の夏期講習に行きました。復習とか、ほとんどできなかったから、行くだけ。
(2) 毎日、「計算と一行題」「漢字と語句」それと地理まとめプリントほんのちょびっと。こつこつ。
(3) 記述の練習。

夏期講習はね、まぁみんな行くよね。せっかく行って、それをモノにするなら、マメな復習とかそういうことが必要だろうけど。それはあんまりできなかった。ベタにやったら、時間がかかりすぎるし、ピンポイントでやれるほど、本人気が利いてないし、親もそこまで見るの面倒だし。だから、行っただけ。

ベースとしてどうしても必要なのは(2)。これはわりとちゃんとやってました。ただ、やり方は、そんなに上手じゃなかったと思います。六年になってからのほうが、はなひめの能力も上がっていたし、こちらもコツをつかんでいたからうまく噛み合っていました。

今から思うと、毎日分をもっと厳選して減らしてしまって、その代わりに日々再チャレンジを入れこんでいくような、もっと畳み掛けるようなやり方がよかったと思います。わりと、夏期講習テキストにあるものや、教室でもらった宿題の計算を、最後までこなせるようにすることを考えちゃったんですよね。そんなことどうでもよかったのに。

だから、五年生夏の計算モノは、夏の最後になってまとめて再チャやったりしてるの。今ならそんなやり方はしません。とはいえ、ともかく「こつこつ」基本をやってはいたので、やり方が多少ぎこちないぐらいは大勢に影響なかったでしょう。

そして、夏休みのメインテーマは「広島旅行」でした。広島で明暗両方の世界遺産を見てきて、それを自由研究にまとめるという…このプロセスの中で、調べたこと、考えたことを文章でまとめるのが本人の中でつながったようなので、これはほんとによかったと思います。

塾で出た理科の宿題に「前期テキストのオプ説」があったのもよかった。これは、理由を聞かれたりして記述で答えるもので、ふだんは面倒すぎるから(^^;; 宿題になってなかったんですよね。それをまとめて夏休みにやったら、内容としても復習になったし、わかるように説明するという意味でも「こんなふうに書けばいいんだ」というのがつかめたようです。

そんなこんなで、記述に関してはすごく手ごたえがあって、夏の終わりの記述模試も、記述以外のテストでは見たこともない順位に食い込めて、これで(記述の多い学校でも)やれるという気がしてきたんだよね。

でも、こういう、新たな領域立ち上げってずいぶん時間のかかる作業だから(特に、はなひめがやると)、五年の夏はラストチャンスだったような。人によっては、テーマが「記述」じゃなくて別のものになるだろうけど、とにかくぐーんと飛躍が必要な分野。まとめてやれるのは五年夏ってラストチャンスだよね。

だから、「コツコツ+飛躍」の夏にしよう!!(^^) 五年の夏休み。
夏期講習テキストを仕上げて穴埋めするのもそれはそれで「宝」だけど、そのチャンスは六年夏にもある(のかな…)

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。


はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと ←アマゾン
* カスタマーレビューが1個ついたよ!! 誰かに頼んだわけじゃないけど、ずいぶん「ヨイショ」してくれてるから、なんか知ってる人のような気がする→知人でした(^^;;

* 今朝見たら、アマゾンが「2~4週間で配送」から「在庫あり」になってました!! 入荷したらしいです。

by an-dan-te | 2013-07-03 21:32 | 中学受験 | Comments(11)

Commented by ママガール at 2013-07-04 08:55 x
飛躍のラストチャンス!
ほんとにそうですね。次男の5年夏休みを思い出すと
なるほどと思います。
講習の毎日をこなすだけでぐったり。でもひとつそういう
テーマを作って一緒にやったら、本人も
達成感があるかもしれません。Nの講習終わらすだけでも
立派なんですが、+アルファですね。

おととし広島旅行、ステキだなと思って読ませてもらって
いました。うちも3人めの末っ子だし、ちょっと私も余裕あります。
母娘2人で何かトライしてみます!

でないと、塾だけの夏休みという印象しか残らないみたい。
5年生、まだもったいないですね。

本の発売、おめでとうございます。ずっと読ませてもらって
つたないコメントにもいつも丁寧にお返事いただいてて。
これからはもっとたくさんのお母さんの助けになりますね。
Commented at 2013-07-04 13:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ハナミズキ at 2013-07-04 14:24 x
夏の頑張りが秋・冬に出ますね。習い事のコンクールやら発表会やらで盛り沢山だったうちの娘。5年夏休みを境に習い事を減らし、生活環境を整えたら、精神的に余裕が出来ました。

後期ユリウスに通い始め、データを見ながら苦手分野の穴埋めをすることが重要と気づき、自宅とユリウスで集中的につぶしていたら、徐々に偏差値が上がり、6年初めからいいスタートが切れました。

模試を見ながら2月にピークを持っていくにはどうしたらいいかを考えていました。休み前の模試は悪い方が休み中だらけず頑張る気合が入っていい、というのが実感でした。

我が家の場合、ユリウスを5年後期、6年後期と使い分け出来たことも大きかったです。6年は苦手科目の過去問でしたが、5年の時に色々相談に乗って頂いていたので利用しやすかったです。

国語は6年から量が増え、難度も上がるので国語得意の子も差が出る、と聞いていたので、5年後半は速読と記述力のトレーニングをしてました。
Commented by みさまま at 2013-07-04 15:21 x
こんにちは。

たった一年前のことなのに、親子共々、あんまり覚えていません。
国語と社会はうちでいつもどおり進め、個別に週3時間ほど通い算数は塾の夏期講習のテキスト、理科は単元をどんどんすすめていきました。特に夏だからという感じがなかったです。
よかったのは、理科と社会をかなり先取りできたということですかね。
いつもと変わらずコツコツしてました。旅先でも、5時に起きて勉強していたので、特にペースを乱さずできたのは今でも財産ですね。
タイムマシンで戻れても変わらないかも。
Commented by みさまま at 2013-07-04 15:24 x
付け足しです。

タイムマシンシリーズ、一番知りたいのは・・・・
やっぱり6年の夏です。
Commented by an-dan-te at 2013-07-04 22:51
ママガールさん、
飛躍のラストチャンスというわけじゃなくて、たとえば六年にも大きな飛躍がきっとあると思いますけど、飛躍のためにまとまった時間を使うチャンスというのは「五年夏」かもしれないですね。

広島は思い出深い旅行になりました。前年の秋田は、楽しかったけれどはなひめはそれを自由研究にまとめるというモチベーションはなく(^^;; 無理やりでした。広島は本人が真剣になってましたからね。

お買い上げありがとうございます!!
Commented by an-dan-te at 2013-07-04 22:58
***(2013-07-04 13:59)さん、
タイムマシンシリーズ(もはやシリーズ(^^;;)の六年夏ですか。いや六年夏はいいんですが「家塾なら」という「もしも」はジャンプがでかすぎるんで、参考になるかどうか…

ここまでよくがんばって来られましたね。大手塾でないといちばんしんどいところは五年だと思うのですが、すでにそこを乗り越えてるってことですもんね。
Commented by an-dan-te at 2013-07-04 23:03
ハナミズキさん、
途中まで習い事との両立でがんばってるときって、「時間の使い方養成ギプス」みたいなもので、それをはずすとスッと楽に(^^)

> 自宅とユリウスで集中的につぶしていたら、徐々に偏差値が上がり
いい流れですね~

ユリウスをきちんと活用していますね。うちは、内容まで踏み込んだ信頼関係を築くのをさぼって比較的単純な使い方に留めたって感じで。
Commented by an-dan-te at 2013-07-04 23:07
みさままさん、
> いつもと変わらずコツコツしてました。
結局のところこれに尽きるわけですね。
旅先でも5時起き勉強とかすごいです(o_o)

それがふだんからできて、夏休みでも続けられるならば、タイムマシンに乗っていっても変えるところはないですね。

タイムマシンシリーズ六年夏は、特にあぁすればよかったとか、あんまりないんですよね。ユリウスの助けを借りてだけど、「こつこつ積む」のところができていて、それがまた実を結ぶ時期だったと思います。
Commented by gura at 2013-07-05 00:05 x
5年の夏は、習い事に燃えていました。次々目標をクリアしていき、実を結んでいくのが楽しかったです。だからやはり悔い無し。

強いて言うなら・・・簡単な塾でいいから、基礎をやり始めておけばよかったです。駆け込むための、靴を買っておくイメージです。いきなりはだしで駆け出して、靴は?とならないために。

アンダンテさんちは、広島に行かれたんですね^^うちは長崎に行きました。ハウステンボスも行きましたが、歴史や地理の勉強に、いろいろまわりました。百聞は一見に・・でした^^勉強と思っているのは私だけでしたが^^;あとで習ったとき、少しでも思い出してもらえたらという願い、かなったようです。

オサレなカフェで読書してきましたよ^^大丈夫、そこで赤本読んだこともあります。もう、感想がどんどんわいてきて、感想で一冊書けそうな勢いでした。自分ちのことも、次回のために記録したくなりました。

はなひめちゃんの図形の別解すごいですね!よく思いついたなあ。楽しい!0・00・・1のお話もすごい!子供達でちゃんと決着つけるなんて、素晴らしい!!うちの子を兄弟にしてください!それか私の妄想の、勉強好きな親戚になって!と思いました^^

Commented by an-dan-te at 2013-07-11 13:09
guraさん、
習い事で充実した五年夏だったのですね。それもまたよし。
しかし、靴を買っておく…(^^;;
確かに。はだしでいきなり走るのはたいへんですよね。

長崎も、歴史があっていろんなところに「つながる」からいいですね。

> 自分ちのことも、次回のために記録したくなりました。
よい記念になると思いますよ~

うちの子天才!! と思ったときには(そこまでいかなくてもソコ気づいたらすごい!! と思ったときには)、書き留めておかないと絶対忘れますからね。そして、バトルしたこととか態度悪かったこととかだけ覚えててムカムカしたりして(-_-;; 書いておけば、バランスとれます。

<< 出版記念座談会やります!! 女子校、最高!!(100%ガールズ) >>