タイムマシンで四年夏に戻れたら   

セロリさんから、四年の夏はどうするよ、というお題をいただきましたので、考えてみました。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←「たられば」をいっても始まらないんだけどね

条件としては、
・いちおう塾にはいっていて、ちょろっと夏期講習あり(短い)
・親は日中家にいない
とします。

参考として、はなひめが当時どうだったかがわかる記事→「はなひめ、公文のあとに

つまり、このころはなひめは、地元小規模塾に通っているので夏期講習はあるが、その中身について家では完全放置。私はテキストを開いてもいないし、宿題もほとんどない、通っているだけの状態。

公文は7月までで終わりにしたので、その代わりというかなんというか、
・「計算と一行問題集(四年上)」四谷大塚
・「漢字の学習(四年上)」四谷大塚
・「最強ドリル図形」ディスカヴァートゥエンティワン
を各1ページ、全部で30~40分やるようにしたとある。

今振り返って思うことは…

基本的にはまぁいいと思うんです。親のいない間でも、時間どおりに塾へ行く練習。計算と一行題、漢字は毎日。ごくスタンダードに基本線ですね。「最強ドリル図形」はどっちでもいいというか、役に立ったのかどうか判断しようがないんですが、これまで公文という計算方面しかない路線で来た関係上、図形を見慣れておくという部分を少し補えたような気がするからいいかな。

でも、これじゃかなり「暇」なのね。そりゃそうだろう。このとき、私は始めたばかりのバイオリンに熱中していたのもあり、あまりこれ以上フォローしたくなかったからこうなっちゃった。

もしタイムマシンでこのときに戻れたら、追加でコレをやりたいというものを並べてみました。

(1) 時間のめりはりをつける練習。
毎日やる3アイテムについては、開始時間と終了時間を記録して夜に確認。勉強をすることになっている時間にさっと始めて、短時間に集中して終わらせることを「良し」とする習慣をつける。

(2) 演習ノートの作り方を身につける。
日付を書く、問題番号を書く、インデントや余白、計算スペース、読める字など、使いやすく見やすく間違えにくい演習をするためのノート作りをぜひ四年生で。これは、事前に気をつけるポイントを本人にリマインドしておかなきゃいけないし、夜に確認するとき、単に答えのマルバツじゃなくて、書き方についてチェックして、目標だったポイントがクリアできてればほめ、できてなければ直してという作業が必要。目標はスモールステップで。(あーめんどう)

(3) 物の管理の練習。
使った教材、文具などを自分で取り出す、自分で片付ける。これも目標はスモールステップで、できてればほめ、できてなければ直してという作業が必要。(あぁこういうの苦手)

(番外) 勉強をする場所を固定。
リビングのテーブルでもいいんだけど、「ここでやる」というのを決める。気分で、ソファーに寝そべってとかしない。(ただし、これは親が留守だと確認できないので番外としました)

どうでしょう。現実からはなれて理想を並べてみましたが、そりゃもちろん「時間のめりはりがつけられて」「適切な美しさの演習ノートが作れて」「物の管理ができて」「ちゃんと机で勉強する」…ということができてから五年になったらそりゃ楽だ。勉強の中身なんかこれに比べりゃすぐだよ。

さてどんなもんだろう…人材がよければすぐにでもクリアできそうな四項目、でも人材が悪いと泥沼化しそうなんだよね。せめて親は冷静さを失わず、できることからできる分だけ進めましょう。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-06-26 13:12 | 中学受験 | Comments(18)

Commented at 2013-06-26 13:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みさまま at 2013-06-26 13:53 x
こんにちは。

四年生の夏にもどれるなら・・・・
もっとうんと遊ばせればよかった・・・ですかね。
バイオリンも一日三時間くらい練習させればよかった・・・かな。
四年の夏休み終わりの一週間、発表会に向けて難しい曲を本人が弾きたいといったので、先生に認めてもらうため一週間で一応仕上げたときの集中力ややりきった感が忘れられません。
楽器って勉強とまた違った達成感があってやめられませんね。

六年生の夏を前にうんと理想論述べてみました。
Commented by のりー at 2013-06-26 14:11 x
次男坊、四年の夏です。

あれもこれも(野球、水泳、ピアノ、学校の特別早朝クラブ)やりたくて、やめたくない彼は、大好きなお兄ちゃんと同じように「受験もしたい」と。
「でもね、人には平等に24時間しか与えられてないのよ」と説明していますが、どこまでわかっているのやら…。
みさままさんの「もっと遊ばせれば」というお言葉は、私自身が長男の時に後悔したものと同じですので、今年一年は通信教育で様子を見つつ、好きにさせてやろうかと思っています。

あと、高学年になって苦労した字の汚さ!
最低限のトメハネ、離すべき箇所と付けるべき箇所をハッキリ書くなど。
男の子には案外大変な課題であり、6年生ともなると余裕がなくてイライラしましたので(^_^;)
Commented by chie at 2013-06-26 18:09 x
終了組のママたちは、ほとんどの方が
4、5年生の時あんなにガミガミ言わなくても良かった、あの時もっと遊ばせておけばよかった。。。とおっしゃいます。
確かに今の娘、あんまりやってない筈なのに中だるみって感じです。親も4年生の時の方が一生懸命だった気が、、、

娘中1の時に息子が小4になるので
休み無しは、正直きついなぁ~と思っています。
小4は、個別とかでゆるゆる~とやって、
小5からの通塾にしようかな~、まだ1人目が終わってないのに
サボることばかり考える母でした。
Commented by gura at 2013-06-26 23:29 x
上の子の4年の夏は、習い事と遊びに夢中で終わりました。悔いなし。強いて言うなら、五分でいいから、学校以外の勉強をやる習慣があればよかったなあ。

下の子の夏休み、色々考えはありますが、理想通りにしようと思ったら、とっても面倒です。人材が悪いのね。母の根気もないのね;-;五分で良いから、ノートに書き散らしても良いから、だったらできそう。でもそんなんじゃだめだ~。

(2)(3)、できるといいなあ。母がさぼっててもできる方法ないかな?
Commented at 2013-06-27 08:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-06-27 12:50
***(2013-06-26 13:41)さん、
ありがとうございます。
サイン…!? しちゃうと中古で売れなくなるからやめたほうがいいよ(^^;;

週六日おけいことは、すごいですね~がんばってますね!! でも三年生ならそのままでいいんじゃないですか? うちの場合は三年まで学童で、勉強なにもやらないのが「決定事項」だったんですが。生活面では徐々に秩序づけていけると理想的かもしれないですね。
(それについて語れることは何もない…)
Commented by an-dan-te at 2013-06-27 12:55
みさままさん、
おー。
うちは、あまりに野放図だったんで「もっと遊ばせれば」という感想はナイ(^^;; んですけど、そういう方もけっこういそうですね(過ぎてみれば、という面もあるかな)。

> バイオリンも一日三時間くらい練習させればよかった・・・かな。
そりゃまた別の方面でハードですね~

> 先生に認めてもらうため一週間で一応仕上げたときの
> 集中力ややりきった感が忘れられません。
それはよい経験をしましたね。はなひめのときは五年の自由研究がけっこう充実感ありました。親としては、「書かせる」学校に行ってもやっていけるかなぁみたいな漠然とした手ごたえとしても大きかった。
Commented by an-dan-te at 2013-06-27 12:59
のりーさん、
あれもこれもにプラスして受験、と考えるとめちゃくちゃ大変そうですが、今年の「受験勉強」はできただけでいいやと思えばまぁ!? 通信でやっていらっしゃるのですね。

通信は、融通が利きやすくて両立にはもってこいですね。うちには無理だったとは思うけど(-_-;;

> 最低限のトメハネ、離すべき箇所と付けるべき箇所をハッキリ書くなど。
あぁそれは…六年になってからやるとイライラしますね~今年ちょっとじっくり改善できたらいいですね。

こじろうとはなひめはちゃんと判読可能な字が書けるのでその点は大丈夫でした。またろうはひどかったけど、高校受験ってあまりそのへんうるさくないんですよ♪
Commented by an-dan-te at 2013-06-27 13:14
chieさん、
終了組の方は四年(五年)のときもっと
> あんなにガミガミ言わなくても良かった、
> あの時もっと遊ばせておけばよかった
ということが多いみたいですね。

私の場合は逆に、四年時にほとんど何もやらせなかったこじろう、近くの塾は行ったはなひめ、と推移していますが、今回なかなかちょうどよかったかなとおもってます。

でもちょうどよくって相性のよい「ぬるいとこ」が近場になければ、四年から大手塾にいくけどそこで「ぬるくやる」ってのもあるじゃない? 一人目だったらきっとそんなことできない(^^;; けど、一人目ちょうど終了して脱力してるときだったら、テスト結果見ても「あーそー、ふーん」って、たんたんといけるかも!?
Commented by an-dan-te at 2013-06-27 13:18
guraさん、
あー…結局うちも、人材がこうで私かこうなので、上で書いてる生活面の課題はたぶん、タイムマシンに乗っていっても計画倒れの可能性が大ですね。

四年は遊びきって悔いなし!! というのも潔くていいですね。

> 母がさぼっててもできる方法ないかな?
はは(^^;;
(2)はまだしも、(3)の外注ってないですよね~
Commented by an-dan-te at 2013-06-27 13:26
***(2013-06-27 08:15)さん、
えー。
公文+サピで「ぬるく」って、そんなの「ぬるい」って言わないよ~(^^;;

というかサピに行くなら公文はいらないんじゃないんですか? 計算練習くらいあるでしょうから…知らないけど…

でも確かに、五年からで最難関校というのはほんとにせわしなかったんでしょうね。まぁたぶん、うちとかで四年からやったらダレそうだけど、娘さんは持続力もあって勉強も好きみたいだし、それなら四年からスタンダードに乗せちゃうのが一番楽だったかもね。

時間の「お片づけ」は私わりと得意なんですよ、部屋のお片づけは得意じゃないけど。でも、子どもが似るかというとぜんぜんそんなことないんですよね…
Commented by みさまま at 2013-06-27 14:01 x
うちの場合は、「遊ばせる」ではなく「一緒に遊んでおけば」かもしれません。
4年の夏は、塾も行っていなかったし通信もやっていなかったし、海外に旅行も行ったし、国内も2週間くらい避暑にもいっていました。だから、娘はかなり遊んでいるはずです。
ただ、母として、振り返ってみると、あの夏休みは娘とべったり一緒に過ごせる最後の夏休みだった気がします。
5年の夏から塾が始まり、今年の夏は当然塾漬け・・・来年からは部活や友達と過ごす時間が圧倒的に増えると思います。
だから、母にとっては貴重な夏休みだったかなと。
もっと一緒に遊んでおけばよかったなぁ・・・・・。
Commented by セロリ at 2013-06-27 17:05 x
アンダンテさま。

タイムマシンに乗っていただき、ありがとうございます!
(夏風邪ひいて、ダウンしてました。みなさま、お気をつけください。今年の夏風邪、タチが悪いです。)

正統まったり系女子のパセリ嬢にとっては、
(1)がやっぱり必要かつ難関だと思っております。
ここは(2)のノート作りで釣りつつ、ゆるりとタイムマネジメントをすりこみ、1年がかりで足場つくる覚悟でいくしかないかな~。
セロリマンは足場がないところに、いきなり建物たてちゃったからな。反省。

4年の夏は「楽しく足場づくり」。
あー、ハハは大量に汗かきそうですね。。。(冷や汗よりいいか。(^_^;))
Commented by an-dan-te at 2013-06-28 20:30
みさままさん、
あー、「いっしょに」ね(^^)
そうですね、中学生になると部活にいったっきり帰ってこないっていうか、予定もなかなか合わなくなっちゃいますね。

私は、むしろ中学受験ネタでずいぶんしっぽり関われたからはなひめ高学年のときについては満足、それより一年から三年までがほんとに放置でこれはもったいなかったかもと思ってます。
Commented by an-dan-te at 2013-06-28 20:45
セロリさん、
(1)は難関ですよね。本質というか。
ノート作りは、こちらが寛容と忍耐を持って臨めば、まぁ資質的にそうひどくはないかと思うんですけどね。

> セロリマンは足場がないところに、いきなり建物たてちゃったからな。反省。
はは(^^;; こじろうも足場なしで五年の日能研に放り込んじゃったわね。
まー、過去を振り返ってもしかたがない。

風邪、もう治りましたか? そろそろ飲みたいなーと思ってたところ…
Commented at 2013-07-01 12:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-07-02 12:53
***(2013-07-01 12:16)さん、
おぉっ、平積み…
自分では見てないんです。出不精で(-_-;;

<< 「合格率80%じゃ嫌なんです」... 夏の個別塾使いこなし >>