国語読解は個別塾で伸びるでしょうか?   

国語の漢字と語句は、もう親が腹くくって毎日チェックしてやらせていけば、なんとかなると思うんですが、残る問題は読解。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←読解のテコ入れは一対一向き

大手塾のカリキュラムってほんとよくできてると思うし、大勢でわいわいと切磋琢磨していく授業スタイルも、基本的には好き。でも、その流れに漠然と乗っていても、国語の読解が画期的によくなることって、わりと少ないような気がするんですよね。

できる子はもとからできる…(国語って勉強する必要がない科目だと思っていた私)
できない子はやっぱりできない…(こじろうとかまたろうとか)

ところで、はなひめの場合は、こじろうと違って、元から文章を読むこと自体は抵抗ないし、ボキャブラリーもそこそこあり、漢字の読み書きもふつうにできます。行間や空気の読み方も並以上、ということで、なんにも勉強していなかった中学受験勉強入り口あたりでは国語が得点源でした。

そして、五年前半はひたすら算数で日が過ぎて、国語は大手塾カリキュラムになんとなく乗るどころか、授業を受けるのみ、栄冠への道も解かないでテストを受け、テスト直しをさらっと。そんな調子でやっていたらば五年の終わりごろに国語急落。「なんとなく」では解けない問題になってきたからですね。

それでまぁ、国語もやらなきゃねってんで心を入れ替え(笑)、何をやったかというと「週にひとつは読解問題をやろうキャンペーン」。本科テキストか、栄冠への道から問題ひとつ選んで、できれば音読、それから問題を解いて、答え合わせをしながら親子でびっちり話し合いをして、答えを導き出す道筋を確認する、という、たいへん疲れる作業をするようになったわけです。これは効果絶大で、比較的短期間で持ち直すことができました。

単に、答えはこれかな~?? あ、当たった、というのでなく、設問で求められていることを確かめ、本文中に根拠を探し、この選択肢はここが違うから除外、というようにすべて解答プロセスを言語化していきます。

塾授業でも、全体に対して、根拠を持って解答するすべを伝授しようとしているはずなのですが、それでは弱いんです。子どもひとりの、読解と思考の流れに寄り添って、いっしょに曲がりくねった道を辿るところが重要です。

読解を伸ばす方法がこういう性質のものである以上、「個別塾にテコ入れしてもらったら?」というのも自然な発想です。

「ユリウスで国語がすごくうまくいった」という話を聞いたことがあります。こじろうが通う学校のリアル知人から直接聞いた体験談です。そこは両親ともたいへん忙しく、子どもの家庭学習は結局ユリウス丸投げになったので、どう勉強したからうまくいったのかはよく知らないようでしたが、ダメダメだった国語が、ユリウスに通うようになってからぐんぐん伸びて、最終的には牽引するくらいになったそうです。四教科の偏差値は、こじろうより数ポイント上になり、余裕の合格でした。

先生は、大学生のお兄さん固定で、ほんとうに親身になってやってくれたそうです。

たいへんいい話なのですが、これはまったく個人依存の話で、ユリウスに国語を頼めばこのお兄さんが出てくる(^^)ってわけではない以上、あとは当たり外れです。というか、この「読解ガイド役」、子どもにつかず離れず寄り添うという作業ができる大学生がいることのほうがむしろ僥倖です。

週イチ読解でいいんだったら、腹くくって親がやるほうが手っ取り早いです。ただし喧嘩になりやすいという欠点があります。うちでもしょっちゅう、「だってここにこう書いてあるんだからこの答えじゃおかしい」とか、「この書き方でもわかるじゃない」とかごたすかやってましたからね。

でもね…ほんとに、喧嘩にエネルギーと時間を割いてる場合じゃないんで。

子どもにも、そこんとこよーく説明して、「お母さんを説得しても、答えは変わらないよ。お母さんだって出題者がどう考えたかすべてはわからないけど、いっしょに考えて答えにたどり着く方法を探そう」と説得してみてください。「入試当日、採点に対する反論は聞いてもらえないんだよ!?

親が人格者であれば、早めの四年・五年のうちからきっちり筋道だった読解を伝授するのも理想的なのですが、我が家の場合は、もっと切羽詰ったところへこのスタイルを導入したので、この「説得」がなんとかうまくいったという気がします。そうでなかったら、喧嘩別れで終わるとか、あるいは逆に、しっぽりうまくいっちゃって、長期に渡って親べったりの読解スタイルから抜けられないとか…

たぶんですが、お奨めは六年生前半です。数ヶ月でびしっと正しい読解の態度を身につけて、過去問の季節に備えましょう。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-04-16 12:53 | 中学受験 | Comments(21)

Commented by ゆーちゃん at 2013-04-16 17:09 x
こんにちは(*^^*)
この間、塾の保護者会で読解は塾でやるので家では漢字と語句をしっかりやってくださいと国語の先生がお話されたので、そっか~(*^^*)と思ったのですが、やっぱり家でも読解やったほうがいいですよねっ!
まさに6年生前半、親子バトルにならないように頑張ってみようと思います!
はなひめちゃんとやっていた時にはだいたい一回につき、どれくらいの時間をとっていましたか?教えていただけると嬉しいです♪
Commented by まめママ at 2013-04-16 18:14 x
私も勉強する必要のない科目だと思っていました~!(^▽^)でも、バイトで国語やれって言われて、教えようとしたら、あ、こうやって論理的に根拠を探すことができるんだ、と発見しました。
娘は読書量が圧倒的なので、そのおかげと思われがちなんですが、記述は塾でピアレビューが始まってから出来るようになったように感じました。最近娘のお友達に3日間レクチャーしたところ、四谷の先日のテストで50点上がったといわれたので、きっと教わればすぐできるんでしょうね。
算数みたいに結果に時間がかからないので、an-dan-teさんが仰るように今がいいように思います。
昨日の記事で、そっかぁ、宿題取捨選択していいんだ、とやっと分かりました。
よく学校と塾は違うというけど、そういうことか、と。納得。
受験初心者はそこからして堅物なのですね、きっと。勉強になります。
Commented at 2013-04-16 18:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by カメ at 2013-04-16 20:19 x
タイムリー!
GWに読解力・記述力強化をやろうと思っていました。
読解力、やるのは「今でしょ」なんですね!?よかった〜。がんばれる気がしてきました。ありがとうございます。
記述のほうは、低レベル極まりない日本語の問題(主語が何度も出てきたり、主語述語がねじれたり、一文が長過ぎたり…)なのですが、これも何かをつかませたいと思っています。

そうそう。聞いてどうするの?っていわれそうですが、やっぱり私も1回あたりの所要時間を教えていただけたらうれしいです。
Commented by gura at 2013-04-16 20:37 x
そうそう、塾でも丁寧に教えてくださっていたんですが、記述はもっと手取り足取り見て欲しいな、と思っていました。記述限定で個別良いな、とも思っていました。

でも子供の思考回路を歩くなら、私が適任でした。結局直前にしか見られなかったので、せめて夏ならよかったなと思います。

中学ではどのくらい教えてもらえるんでしょう。もう自分でできるのかな。
Commented at 2013-04-16 20:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chie at 2013-04-16 21:56 x
私は国語しか出来ませんでした、勉強しなかったので、、、
そんな私が娘に勉強しろというのは理不尽でしょうか

娘も国語は勉強しなくても、そこそこの成績はとってきますが
5年生になってからは、あれれ?という点をとってくることもあります、自己中なので物語の読み取りが苦手、説明文の方が得意です。でもでも、絶対喧嘩になる+国語をやる時間がない、あるわけない!!ので、しばらくは自力で頑張ってもらいます。
こんなに時間がないのに、運動会の応援団になったらしい娘、
朝練や放課後の練習、どれくらいあるのだろうと今から不安、
でも後から応援団も我慢したのに~とかグチグチ言われるのも嫌だし、まだ5年生だし、、、まぁいいですかね
Commented by ジベター at 2013-04-17 09:19 x
おはようございます
まさに私が疑問に思っていたことにばっちり答えて頂いた記事で、と~っても参考になりました
国語の先生はもちろん問題文の読み方、ポイントのつかみ方を教えてくれているようですが、これを娘が授業の中で自分のものにしていると思えず、集団授業では国語は伸びないと思っていたところでした
我が娘はお奨めの時期の6年前半なので、親子で読解のテコ入れ頑張ってみたいです
6年になり国語が3コマになり(5年時はオプションとっていませんでした)、長時間塾で教えてもらっている割に、必要な知識やスキルの定着が満足できるレベルではないので、算数同様、国語も適当に(塾を)さぼらせながらやっても良いかな?と思っています
塾なんだから、必要なサービスだけ利用すれば良い!と考えていますが、意外と真面目な娘が素直に私の言うことをきいてくれることを願います
Commented by ぎんが at 2013-04-18 07:16 x
> 国語の漢字と語句は、もう親が腹くくって毎日チェックしてやらせていけば、なんとかなる…

うへぇ、これさえサボっている親(そして子)からすると、

> 週イチ読解でいいんだったら、腹くくって親がやるほうが手っ取り早いです。

ただただ頭が下がりまする。

> たぶんですが、お奨めは六年生前半です。

ですよねぇ、というか、6年生後半では遅すぎますよねぇ。うーん。
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:05
ゆーちゃんさん、
漢字と語句は、授業で定着させる時間は取れないので家でやるって話ですが、読解はかなり授業でやってくれるのがふつうなんですけどね。それで身につくかどうかは子どもによる。

それと、はなひめの場合、先生が特殊で、テキストに沿って読解問題をやらずに、独自の授業展開をしていたので、ふつうの読解をやる時間が圧倒的に足りなかったのですね。人生とかは学んだらしいけど(笑)

家でやるとき、まぁ30分から長くても一時間ですかね。適当に設問を飛ばすとかしてもいいから、あんまり長引かないようにしたほうがいいです、家庭の平和のために。
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:08
まめママさん、
自分のためだけだったら、あまり筋道立てなくてもできる人はできちゃいますけどね。人に教えるとなればそうはいかない…

ピアレビューって、私はよく知らないんですが、人に説明しようとするというシチュエーションを使うのかな? 確かに効きそうです(うまくやれば)。

> 昨日の記事で、そっかぁ、宿題取捨選択していいんだ、とやっと分かりました。
あれ、不真面目なの私だけかなぁ??
だんだん心配になってきた(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:10
***(2013-04-16 18:41)さん、
別に、すべて親の頭の中に組みあがっていて、立て板に水で説明できる必要はなくて、いっしょに探していく(行きつ戻りつがあったり)、こうじゃない? でもここにはこう書いてあるよ!! というのでもいいと思うんです。そのほうがわかることもあるかもしれないですよ。親子ピアレビューですね。

あぁ、消しゴムかけるの面倒ですよね。あれ、なんとかしてほしいなぁ~
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:13
カメさん、
時間については、ゆーちゃんさんへのお返事をみてね♪

記述は、「AがBだから。」程度のシンプルなやつも書けなかったこじろうのときはもちろん、はなひめのときも「どう書けばいいかわからない」なんてときは「視写」させていました。さらっとポイントを確認したら、あんまりごちゃごちゃ文の組み立てについては説明しないで、ただ写す。平和的解決ですが、けっこう効くんですよ。
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:14
guraさん、
中学での国語って、どうなんでしょうね??
まったくわかりません。先生によってぜんぜん違いそうですね。私、学校ではあんまりピンと来たことないんですよね~
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:15
***(2013-04-16 20:41)さん、
あぁ、作文用紙の使い方流でやっちゃったんですね。でもそんなの、いっぺんやらかせばすぐ覚えるし、別に気にしなくてOKでしょ。
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:19
chieさん、
応援団ですか~よい記念になるでしょうね!!
まだ五年だったら、「親子しっぽりピアレビュー型読解練習(今、勝手に名づけた)」は先の楽しみにとっておいて、算数とか算数とかやっておけばいいんじゃないですか。

> 5年生になってからは、あれれ?という点をとってくることもあります
まーひょっとしたら急落することもあるかもしれないですが、慌てないでそのときテコ入れで!!
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:23
ジベターさん、
そうですね。授業でも、いいポイントをいろいろ教えてくれているはずなのですが、なぜかほんとうに問題文と設問を読み解いて辿っていくところに落とし込めないでいることが多いんですよね。個別対応でそこをすいと越えられることは多いと思います。

国語は、算数と違ってそんなに時間をかけない範囲でテコ入れしたので、授業をサボる動機にはならなかったんですけど。

でも、旬のころには社会のスペシャルをするために塾を休んだり、いろいろやっていましたね。そういえば、はなひめも意外とまじめなタイプだったのですが、差し迫ってくるとさすがに優先順位を自分でも考えて納得したというか。
Commented by an-dan-te at 2013-04-18 21:25
ぎんがさん、
六年後半にもつれこんでも、今度は過去問使っていっしょに「辿って」みれば数ヶ月でぐっとつかめるかもしれないですよ。

私も、はなひめの第一志望校の国語はほんと勉強になりました。楽しかったです。
Commented by dekita at 2016-01-14 23:46 x
はじめまして。
小5の息子が国語がダメダメでして…国語を伸ばすなどで検索していたらたどり着きました。
親子で読解…よさそうですね。
このときの文章は初見のものですか?
塾でやってきた問題の解き直しは…宿題なのですがさぼりがちです。
答えを覚えていて意味がないような気がしています。
Commented by an-dan-te at 2016-01-16 00:00
dekitaさん、
そういえば、我が家では初見の問題を使うことが多かったですが、授業で解いた問題というのもいいかもしれませんよ。
「親子で読解」の趣旨は、答えが何か、というよりは、どういう道筋を辿れば確実に答えに到達できるか? を探るものなので、いちおう答えは知っている、という状態で、それに理屈がつけられるように考えるというのも役に立つと思います。

でも、先に答えがわかってると気合が入らない(^^;; という性格であればまぁ初見のほうがいいかも…

国語がダメダメな場合はまずは丁寧に漢字・語句を毎日積み重ねてくださいね!! 読解はそれが軌道に乗ってから…にしたほうが取り組みやすいと思いますよ。
Commented by dekita at 2016-01-20 00:24 x
アンダンテさん、アドバイスありがとうございます!
塾の国語の先生がまさにアンダンテさんのおっしゃる通りのことを
先日お話されてました。(理屈が付けられるように考える)
でも、授業の問題は答えまる暗記しているので、やはり初見がいいかもしれませんね。
語句も漢字も確かにかなり弱いですので、まずそちらをしっかり取り組んでみます!

<< 国語の解答が納得できないとき 算数授業カスタマイズの考え方 >>