制服美人   

新学期早々、親バカ全開をお許しくださいませ。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←新鮮です

新しい制服を着た娘を見て、まぁなんと似合うこと!!(o_o) 本人の中のきれいさを遺憾なく発揮していて、とっても素敵(^-^) 立派な中学生に見えます。

それで、テンションupして入学式に向かいますと、続々と集まってくる新入生。これがもう…
制服美人揃いっ!!(^^;;

なんと、制服が似合うのはウチの子だけじゃありませんでした(笑) 同じ制服に身を包まれた女の子たちがずらりと揃っている会場内はほんとに壮観です。

考えてみれば、こんな光景をまじまじと見たのは初めてのことで。なにしろ上二人は共学校ですし(そりゃ女子校に行くわけはないんだが)、自分がいた女子校は制服がなかったし。

私自身は、制服がない学校が好きというか、制服なんてないほうがいいと思ってました。寒暖の調節もしにくく、洗濯もしにくく、実用的じゃないし、第一、着るものを学校に決めてもらう必要なんてないし、ほっとけ!! と思ってたので。

しかし、いざ娘の受験校を探そうというときになると、世の中、制服のない学校は圧倒的に少なくて、選択肢は非常に乏しい。しかも、肝心の本人が「制服がある学校がいい」と言い出すものだから。周りの子にどう思われるか? を考えながら服のチョイスをするのは面倒なんですって。まぁ、そういう考えだったらそりゃもう制服のある学校がいいでしょう。それならいくらでもあるから。ってか、そもそもそういう子は少なくともJGだけは向かないね。

制服についてはそんな程度の感触しか持っていなかった私ですが、今回、揃いも揃って制服の似合う、なんだかとっても雰囲気の似た女の子たちがぎっしり並んでいるのを見て、やはり制服の作るこの圧倒的な統一感はすごいとあらためて思いました。考えてみれば、国語の入試問題の性質がその学校の行う選抜の性質の一部を形成するように、制服もある意味、その学校を目指す子のカラーを「やわらかく」ではありますが規定するわけです。たとえば、「セーラー服の学校がいい」といってそれにあてはまる学校ばかり見ている子とかもいますが、そこまではっきりしていなくても、ある制服を着ている在校生たちを見て、受ける印象というものがあり、気に入ったり気に入らなかったりするのですから。

制服が「似合う」ということは、その学校に「似合う」ことのひとつの表現、象徴です(「似合う」ことの必須条件ではありませんが)。そして制服がある学校が大多数である中で、制服がないということもまた、特定の制服があることと同等の機能を果たしているといえるかもしれません。

そして、式のときはその均質性ということがことに印象深かったのですが、いったんクラスごとにばらけて写真を撮ったり話を聞いたりというときになり、ひとりひとりが目に入ってくると、また印象が変わりました。

全員が同じ服を着ているだけに、それぞれの微妙なフィット感の違い、あるいは動作、表情の違いというものが際立って見えてくるのです。

これはまさに、「均質性の中の多様性」が私学の価値である、ということと合致している。

四十ウン年生きてきて、今更といわれそうですが、ようやく制服の効用というものに思い至りました。私学がそれぞれのカラーを作り、空気の教育力を発揮する中で、制服というのも重要なひとつの要素なのですね。

こじろうが入学式で学ランを着たときには感じ取れなかった感慨です(^^;;

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-04-09 08:37 | 中学受験 | Comments(20)

Commented by みさまま at 2013-04-09 08:58 x
おはようございます。

この記事、娘を持つ母親としてとても面白かったです。
特に、うちの娘は、はなひめちゃんとは正反対で、アンダンテさんよりなので。
「第一、着るものを学校に決めてもらう必要なんてないし、ほっとけ!! 」・・・これ、うちの娘、そのまんま発言してました。そのうえ、髪型まで決まっているところがあるといったら、「頭おかしいんじゃないの?」ですって。

と言うわけで、うちの志望校はあっという間に決まったわけです。

いろんな子がいますよね。
ただ、初々しくてかわいらしい女子が、きちんとした格好でずらりと並んでいたら、ほんと美しいですよね。
母としては、そこにもちょっと憧れますが・・・。
Commented by とんび at 2013-04-09 10:08 x
ご入学、おめでとうございます。

我が家は、本日午後からの入学式で母のみ、そわそわしてます。

>「均質性の中の多様性」が私学の価値である、ということと合致している。

始業式を終えた兄も、出席してくれるので、ぜひそのあたり観察してみようと思います。

いよいよ。学校生活が始まりますね。お互い良いスタートが切れますように・・・。
Commented by chie at 2013-04-09 11:44 x
はなひめちゃん、ご入学おめでとうございます。

志望校選びで、制服のあるなしや、デザインを気にするのは
女子ならでは、ですよね~娘も制服は必ずチェックしてます。
個人的には制服、好きでした、公立だし、今と違って地味で可愛くないんだけど、朝の弱い面倒くさがりやの人間としては、
制服様様です。

帰ってからすぐ着替えないで、炬燵でうたた寝してスカートのプリーツがクシャクシャになり、よく母に怒られていましたが、、、

はなひめちゃん、素敵な制服での学園生活、謳歌してくださいね
Commented by ふとっちょ at 2013-04-09 17:14 x
ご入学おめでとうございます!
私たち私服経験者は、制服という制度に対するマイナスのイメージが身体に染み付いてしまっているのですが、制服もなかなかいいものですよね。
うちの娘も、入学前から制服を気に入っていましたよ。ここで特徴を書くことができませんが、自分に似合っていると思っていたようです。
ステキな6年間になることをお祈りします。
Commented at 2013-04-09 19:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gura at 2013-04-10 00:28 x
入学おめでとうございます。アンダンテさんも今日から、はなひめちゃんの学校の母、ですね^^

憧れの学校の制服って感動ですね!校章とか、校名の入ったものとか、じーんとします。書類書くときとかも。

制服だと、私服を買うことが減るのがいいかも。うちの入学式の親ばか話も書きたいけど、控えます・・。
Commented by みやこ at 2013-04-10 11:31 x
ご入学おめでとうございます!

ぴかぴかの制服、いいですよね。
うちも去年とおととしは、制服がぴかぴか&ブカブカ感を写真におさめておこうと、4月に写真館で家族写真撮っちゃいました。
今年は入学の子がいないので、写真が撮れず残念でした。

昨日定期売り場に並んでいたところ、前に並んでいた女の子がはなひめちゃんの学校の方でした。ほほー、こういう制服なんだねと思いながら、見てしまいましたよ~(o^。^o)
Commented by an-dan-te at 2013-04-10 12:21
みさままさん、
あ、「ほっとけ!!」系なんですね。
> と言うわけで、うちの志望校はあっという間に決まったわけです。
(^^;;

> 母としては、そこにもちょっと憧れますが・・・。
はは。しかしまぁ、本人が合うところに行ってもらうしかないですよね~
Commented by an-dan-te at 2013-04-10 12:25
とんびさん、
ご入学おめでとうございます!!
> 始業式を終えた兄も、出席してくれるので、ぜひそのあたり観察してみようと思います。
おぉ。いいですねぇ。
うちは、こじろうの学校と、はなひめの学校って、キャラがぜんぜん違うから、いったいどういうふうになるのか、どきどきわくわくです。
Commented by an-dan-te at 2013-04-10 12:28
chieさん、
こじろうの受験のときは、ほんとにまったく、制服がどうとか考えなかったですね~
考える余地がなかった…
今回は、第二志望校の制服もすごく気に入ってて、実は、ちょっと着せてみたかった(笑)

> 炬燵でうたた寝してスカートのプリーツがクシャクシャ
制服ってとにかく、「家でごろごろ」には向かない服ですね。着替えが一回入るのは面倒です(と、つい思っちゃう)。

でも、要するにその分、学校ではぴしっとする(少なくとも、そういうふうに見える)というわけですね~
Commented by an-dan-te at 2013-04-10 12:36
ふとっちょさん、
> 制服もなかなかいいものですよね。
いいですね~少なくとも、見た目は。
昔、半年だけ制服着てたとき、何が嫌だったってそりゃ、めちゃくちゃ暑い中で、その気候に不向きな制服を強制され、しかもむちゃくちゃくだらない授業を聞かされたことです。はなひめは制服ライフといっても、エアコンはあるし授業もぜんぜん別物だし、考えてみるとすごいうらやましい(笑)

> うちの娘も、入学前から制服を気に入っていましたよ。
(^-^)
Commented by an-dan-te at 2013-04-10 12:41
***(2013-04-09 19:55)さん、
そうですか~それでしたらぜひ小分けにしてお気軽に。

イベントを待たずにふだんの様子を見ていらしたのですね。それはよかったですね~早めに気持ちが定まればなにより(^^)
Commented by an-dan-te at 2013-04-10 12:45
guraさん、
> 憧れの学校の制服って感動ですね!
そうなんです!!
ただ、こじろうのときはここまで感動しなかったのね、ふつーの学ランだし。

制服があるとあまり他の服を買いませんよね、それはいいんですが、こじろうの服とかあまりにも買ってなくて、気がついたら(小さくなったのや擦り切れたのを捨てたら)着るものがとことんなくなってて困ったということも(^^;;

女の子なのでそれよりは買おうと思ってます(笑)
Commented by an-dan-te at 2013-04-10 12:50
みやこさん、
私も、写真館で撮りたかったんだけど。本人がぜんぜん乗り気じゃなくて。っつか、本人が協力的じゃないから入学式はぜんぜんいい写真が撮れなかったんですよ!! くやしい~別のチャンスを狙ってやるぅ~

電車や駅で、はなひめの願書を書いた学校の制服を見かけるといちいち反応してしまいます…
Commented at 2013-04-10 23:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by いか at 2013-04-11 07:38 x
お久しぶりです♪4月からの職場の人事異動に翻弄されてなかなかおじゃま出来ずにおりました(*_*)
制服の話題、思わず出て参りました~
入学前、我が家も母は「押し付けられた制服なんて無くて結構さっ!派」、一方娘は「中学行ったら制服でしょ!派」でしたが、いや~入学式を終えて、制服って素敵じゃないのさ~(^-^)/と娘の姿をみて実感。
そして、第2志望校ではあったものの、入学した学校の雰囲気、周りのお友達の様子、そして少し特徴ある制服までもが娘にピッタリ似合ってる気がするから不思議です。毎日楽しそうに学校での出来事を話してくれる姿を見ていると、こちらも気持ちが華やぎますね♪
アンダンテさんとはお近くの様子だったので、わが娘の制服姿もどこかでご覧になられてるかもしれないですね~
Commented by an-dan-te at 2013-04-11 20:12
***(2013-04-10 23:17)さん、
案外いろいろ見たのですね~
うちもそれなりにがんばったのですが、気力体力時間が続かず、結局少ないほうだったような気がします。

なんだかんだいって、ほんとに真剣に検討するのは二~三校の比較ってことが多いような気がします。
Commented by an-dan-te at 2013-04-11 20:15
いかさん、
四月は動きのある季節ですね、大人も(^^;;
そちらも同じパターン(母: 制服不要、子: 制服好き)ですよね~
> 制服って素敵じゃないのさ~(^-^)/
…あ、やっぱり。

> こちらも気持ちが華やぎますね♪
わかります(^-^)
あの制服かわいいですよね、ほんと。毎朝たくさんすれ違います。娘さんも拝見しているのかも。
Commented by みさまま at 2014-04-15 16:19 x
こんにちは。

我が家も入学式を経て中学生活に入りました。
毎日、楽しそうで、この中学に入学できて本当によかったと感慨しきりです。
勉強、自治会活動、クラブ、おしゃべり、おやつとすべてにおいて全力投球!という感じでしょうか。

まぁ~それにしても、よくこんなに似ている子ばかり揃えたなぁというくらいです。私服なのですが、似ちゃうんですね・・・。
近くに大きなショッピングセンターがあるのですが、「あの子はきっと・・・」と娘は、なんとなく同じ学校の子を嗅ぎ分ける?!ことができるそうです。
たった、一日の入学試験でここまで集まっちゃうなんて、中学受験である意味すごいですよね。

ところで、昨日からピアノのレッスンも始まりました。母も、再スタートです!
Commented by an-dan-te at 2014-04-16 17:40
みさままさん、
ご入学おめでとうございます♪
新しい出会い、友だち、春ですね~
制服着てなくても、なんかわかっちゃうくらい似た感じで集まるんですね。

その学校をいいと思って集まって、受けて、その試験で受かった子たちは「化学反応準備OK」。小学校のお受験じゃないから、面接で子どもみて両親みてカラー見定めて入れるわけじゃなくて、基本、ペーパーで入れるんですが。中学受験、すごいよね。

ピアノ楽しみですね~ぜひ本館ブログのほうでまたお会いしましょう(^^)

<< 学校が「似合う」ってどういうこと? 第九首: うかりける人を初瀬の... >>