第六首: これやこの行くも帰るも(助動詞、連体形+助詞)   

これやこの行くも帰るも別れては
  知るも知らぬも逢坂の関

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ←助動詞のヤマ、しばらく続きます

リズムがよくて、読み上げるだけで楽しい歌です。「行く」と「帰る」が対になっていて、「知る」と「知らぬ」が対になっています。それで、「別れては」と「逢坂」はどうなのか…??

「逢坂の関」は滋賀県大津市にあった地名ではありますけど、その語感というか漢字から当然のことながら「逢う」を連想しますね。だから「別れる」の反対語としても用いられているわけです。こういう、特定の連想をさせる地名のことを「歌枕」といいます。前回の「宇治山」もそうです。

ところで「行くも帰るも」とありますが、この「行く」って…もちろん動詞ですが、何形ですか?

* * *

「行く」はカ行四段動詞なので

行か(ず) 行き(たり) 行く(。) 行く(とき) 行け(ども) 行け(。)

という活用をします。だから、「行く」といえば終止形か連体形の二択ですが、いずれにせよ、助詞「も」にそのままつくとは思えませんね。これ、実は「行く(人)も帰る(人)も」のように、省略されていると読むものなのです。こうやって、変な連体形が来て、その続きの体言が省略されている表現というのは古文に頻出します。テストでもよく聞かれます(^^)

次の「知るも知らぬも」も同様です。知っている人も知らない人も。

ここで、「知る」と「知らぬ」が対なんだから、当然「知らぬ」は「知らない」という意味ですが、この「ぬ」が今回話題の「助動詞」です。打消の助動詞の代表といえば「ず」ですが(情けは人のためなら「ず」)、この「ず」の活用ときたらこんな:

○ ず(して) ず(。) ぬ(とき) ね(ど) ○
「ずずぬね」!? なんじゃそりゃー!! さっぱり理解不能なパターンですが、なにしろともかく打消の助動詞ですからね~しょっちゅうお目にかかってるうちに、嫌でも慣れますよ。「ずずぬね」です。以後お見知りおきを。

やっかいなのは、この「ぬ」という「顔」がほかの助動詞とかぶってることです。「夏は来ぬ(きぬ、と読む)」といったら夏が来たという意味、つまり完了の助動詞「ぬ」なのですが、「来ぬ(こぬ、と読む)人を」といったら打消の助動詞「ず」の連体形で、来ない人を待つとかいう話になります。

未然形+「ぬ」  →打消「ず」連体
連用形+「ぬ」  →完了「ぬ」終止

この歌では「知ら」が未然形ですから、否定のほうの「ぬ」だってすぐはっきりわかりますけどね。「来」と漢字で書かれちゃったら、「き」と読むのか「こ」と読むのかわからないと、何形だか決まらないじゃないですか。そういう場合は、別の手がかりを探していくことになります。

大丈夫かな? 今、大丈夫じゃなくても、打消「ず」も完了「ぬ」もこれから何度も出てきますから、そのたびに「ほぉ~」と思ってくださいね。そのうち納得できます。

[訳読]
これがあの(話に聞く)、行く人も帰る人も、知る人も知らない人も、別れては(また)逢うという逢坂の関(なのだなあ)

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-03-30 07:29 | 中学生活 | Comments(7)

Commented at 2013-03-30 14:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gura at 2013-03-31 00:55 x
子供のころ。逢坂の関のむこうはアメリカだと思っていました。世界狭い^^

来、は難しいですね。だって関西弁では、こない、を、きいひん、とか、こおへん、とかいうもん。古文がわからないときの手がかりは、古めかしい言い方です。きたりぬ、とか。時代劇でも、こぬなあ、とか言っているのを思い出します。苦手を慣れでカバーしきれていませんが・・・。

私は探している本がなくても、店員さんには頼まず、自分で探し続けるのが好きです。だんだんたどり着くのが好き。だからアマゾンクリックしたことがないんですよ^^(ただの機械音痴)もうだめだ、というとこまでいったら、本屋さんで注文します。本屋さんがニーズを感じてくれて、系統の本を揃えてくれる事も!!
Commented by レタス at 2013-03-31 15:43 x
こんにちは。
百人一首ですが、もともと勤勉でない私は覚えている数は五割に
満たないんじゃないかと・・・、お恥ずかしい限りですが。
でもそんな中でいちばん好きな歌というと、実はこの、これやこの
なんですね。
その昔、神保町の裏手で某国家試験の予備校に通っていた時期が
あったんですが、日曜日の授業の合間にあの界隈をふらふら歩いて
いると、飲み屋の格子戸に、この歌が掲げられている店がありまし
た。私は下戸なので入ることもなかったのですが、なんとも風流な
店だなあと感心した記憶があります。
そうそうあと、私が高校生の頃に流行った某マンガ。その主人公が
こんな歌を歌っていました。
「これやこの 犬も歩けば 桃の花 むすめふさほせ 乾く間もなし」
あまりのアホらしさに思わず吹き出していたのを思い出します。
ではでは。
Commented by an-dan-te at 2013-03-31 22:55
***(2013-03-30 14:07)さん、
そちらも読んでいただいたのですね~
これから、特にネタがないときにぼちぼちupしていきますよ(^^)
鎌倉は、ぴったり桜の旬で、ほんとうにきれいでした!!

よろしければピアノ話のほうもお付き合いください。
Commented by an-dan-te at 2013-03-31 22:57
guraさん、
> 逢坂の関のむこうはアメリカだと思っていました。
(^^;;

古めかしい言い方でわかる部分はわりと馴染みやすいですよね…と、私は思うんですけど、子どもたちは知らないかもね。

え、アマゾンクリックしないんですね!! みんなguraさんみたいな人だったらリアル本屋さんも安泰ですよね~
Commented by an-dan-te at 2013-03-31 23:01
レタスさん、
いやその…私はほとんど暗記してませんよ。品詞分解できるだけで。
百人一首したら軽~くはなひめに負けます。

「これやこの」はほんとうにうまい歌ですね。
> 飲み屋の格子戸に、この歌が掲げられている店がありました。
ほぉ。おもしろいですね。

> 「これやこの 犬も歩けば 桃の花 むすめふさほせ 乾く間もなし」
はは(^^)
なんの漫画だろう…
Commented by an-dan-te at 2013-03-31 23:02
> なんの漫画だろう…
自己解決しました。

<< 読書と中学受験 第五首: わが庵は都のたつみ(... >>