第五首: わが庵は都のたつみ(句切れ、掛詞)   

わが庵は都のたつみしかぞ住む
  世をうぢ山と人はいうなり

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ←助動詞のヤマを越えれば古文はもうばっちり!

前回の復習ってことで、まずはサラリと係り結びを見つけてください~

* * *

「ぞ」「住む」ですね。簡単です。「住む」は終止形と同じにみえますけど「ぞ」を結んでるからには連体形です。しかしともかく、つまりは「住む」までで文が完結してしまっているわけです。こういうのを「句切れ」といいます。この場合は「三句切れ」(五・七・五・七・七のまとまりでいって三つ目の句までで切れている)ですね。訳読のときにはココで「。」をつけて明示します。

ここまで第一首~第四首には「句切れ」がなかったですね。でも、句切れのある句もかなりポピュラーなので、どっちがどれだけ多いかは知りません(^^;; 暇な人は数えてみましょう(?)

「しか」は「このように」という意味の副詞。「このように住んでいる」を「ぞ」で強調しているのですね。何か、自信というか、きっぱりした雰囲気が感じられます。

そして「世をうぢ山と」のところが、この歌の凝ってるところです。「世を憂しと」思うことと「宇治山」を掛けているのですね。こういうのを歌の世界では「掛詞(かけことば)」といいます。なにそれ、ただの駄洒落じゃん!! というご意見もありましょうが、三十一文字(みそひともじ)の限られた枠の中で、これがあることで表現の幅がぐっと広がっているように思います。このあともいろいろ出てきますからお楽しみに。

さて、「句切れ」「掛詞」と、歌の技法で重要なのが二つも出てまいりましたが、あと、文法事項として押さえておきたいのが助動詞の「なり」です。

助動詞って、実は古文の文法を勉強していく中で大きな山場なんですね。

助動詞は、用言にも体言にもついて多種多様な意味づけをしますが、そのとき前が用言だったらその活用形を支配します。しかも、自身も活用するし活用パターンも様々、ってことで混乱しやすいのです。逆にいうと、助動詞を百人一首でゆるゆると慣れて攻略してしまえば、大学受験まで古文はまるっと困ることナシです(^^)

でも今回の「なり」はわりと馴染みやすいですよね。漫画のキャラクター(例: ちょんまげロボットのコロ助)とかでも「~ナリ」って使いますもんね。ただし、漫画で出てくるのはたぶん、「断定」の意味の「なり」です。ここは「伝聞」です。「音(ね)あり」がなまったとか、「鳴り」からきたとか言われますが、ともかく「音」から推定する、あるいは伝聞した内容とかを意味します。

「なり」と「い段」で終わっていますがこれは終止形です。ラ変と同じ活用パターンです。この語について文法的に説明するには、「伝聞の助動詞『なり』の終止形」というふうにいいます。ノートに略記するときは「伝聞・なり・止」と書けばよいでしょう。ちなみに、この前の動詞「いふ」も終止形(ハ行四段活用)です。「なり」は(主に)終止形に接続する助動詞です。ま、助動詞については、いっこずつ、ゆっくり見ていきましょう。

「人はいふなり」というんだから、自分はそう思ってない。あくまで、心穏やかにここで過ごしているだけなんだけれど、世間の人は憂き世から逃れるために隠遁生活してるっていうんだよね、というような。

[訳読]
私の草庵は都の東南(にあり、)このように住んでいるのだ。(しかし)世を憂いて宇治山(に住んでいる)と世間の人は言っているようだ。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-03-29 21:15 | 中学受験 | Comments(2)

Commented by gura at 2013-03-29 23:48 x
子供のころ、鹿と山奥に住んでいる、風流なおじさん、あだ名はうじやま、と思っていました。しかって鹿じゃないって知って残念でした。でも、鹿との掛詞説もあるんですよね。私は鹿と住んでた方がいいのにと思います。

そうそう、なり、はコロ助を思い出します。だからイメージはお殿様風の格好をしたおじさんが、いやナリ~と悲しんでいるイメージです。でも、それだと正しい訳にたどり着けなくなってしまいます・・・。いつも勝手なイメージがわいてくるんですよね・・・。

一方、すっきり文法できれいに解釈するアンダンテさん。勉強になります。

今日は本屋さんにいったんですが、本が見つからず、探しているうちに色々気になって、買ってしまいました。夜の本屋さんは楽しい。イケメンがファッションコーナーに、ジャージ上下の人はアスリートコーナーに。スーツの先生っぽい人は、参考書コーナーに。私は、ダンゴムシ、女子校、痩せ、を買いました^^
Commented by an-dan-te at 2013-03-30 07:51
guraさん、
「鹿」をかけてるという説もあるようですね(^o^) 実際のところどちらが「正解」なのか知りませんが、ぜったい「鹿」も思い浮かべてたと思うなぁ…

コロ助の「なり」は何にでも無理やりついちゃいますよね。

本屋さんは、危険です。無駄買いしちゃいます。でも、無駄が人生の「味」ですからね~いいんですそれもまた(^^;; あれ? アマゾンクリックでもやっぱり無駄買いしちゃうような???

<< 第六首: これやこの行くも帰る... 第四首: 奥山に紅葉踏み分け(... >>