第二首: 小倉山峯のもみぢ葉(確定条件/仮定条件)   

小倉山峯のもみぢ葉心あらば
  今ひとたびのみゆき待たなむ

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ←今週末に教えることになったのでちょっと先を急ぎます

第一首ではまず動詞を中心に説明してみました。この歌にも動詞が出てきますので、復習を兼ねて、まず動詞をすべて抜き出してみてください。「○行○○活用の○○形」までつけていただければさらにポイント高いです(^^)

* * *
どうですか? 動詞は「あら」と「待た」の二つです。抜き出しまではいいかな? それと、「ら」とか「た」とか、「あ段」だからそりゃたぶんどちらも未然形だろう、というところまではわかります。

「待つ」のほうは、現代語から考えても違和感がないので活用も大丈夫でしょう。タ行四段活用です。
待た(ず) 待ち(たり) 待つ(。) 待つ(とき) 待て(ども) 待て(。)

「あら」のほうはどうでしょうか…
あら(ず) あり(たり) ある(。) ある(とき) あれ(ども) あれ(。)
…いやいや。「ある(。)」じゃ、現代語になってしまいます。「人生、ここにあり!」というような感じで、終止形は「あり」になります。

あら(ず) あり(たり) あり(。) ある(とき) あれ(ども) あれ(。)
というわけで、これは四段活用ではなくて「ラ行変格活用」、略して「ラ変」です。

「四段」「上二段」「下二段」がポピュラーな活用だとすると、「ラ変」はその名のとおり変わりものです。終止形のところだけが変な活用。誰ですか、そんなごちゃごちゃ出てきたら覚えられない、なんて嘆いてる人は。

だいたい、自然言語って、使われるうちに擦り切れますから、よく使われる語ほど、なんだか不規則ってこと、ありませんか? 英語の不規則動詞みたいなものです。つまり、不規則で、でも知ってなきゃいけないようなものなら、いやっちゅうほど何度も出てきますから、「あら、また出た」と思って眺めているうちに、そのうち慣れて、覚えたのと同じことになります。不規則で、しかも滅多に出現しないようなものだったら…知らなくっていいです(^^;;

言葉ってそういうものです。だから別に無理して「暗記」しなくていいと思うんですよね、必要なことはそのうち「慣れ」ますから。私はそう思うんで、暗記が超キライで苦手なのに語学とは相性がいいんです。このへんは、人によって考えが違うみたいですけどね…

話が横道に逸れましたが、「ラ変」は「あり・おり・はべり・いまそかり」くらいしかないというレアものですが、その分、登場頻度は半端なく、存在感を十二分にアピールしています。今忘れても、また出てきますから大丈夫です。

ともかく、「あらば」は「未然形+ば」なので、第一首に出てきた「みれば」(「已然形+ば」=確定条件)と違って、仮定条件を表します。現実にはまだ起きてないこと、となります。

それはそうですよね、「もみじの葉に心があるならば」なんて。「みゆき」は「行幸」で、天皇がいらっしゃることです。心があるならば、天皇が今度来るまで、散らないでくれ、というわけです。

ちなみに、「一冊でわかる百人一首(成美堂)」から、この歌の解説を引用しますと:
「大堰川に御幸された宇多上皇があまりに見事な紅葉を目にして、息子の醍醐天皇にも見せたいとおっしゃったことから、お供をしていた藤原忠平が、その気持ちを代弁して詠んだという。」
とあります。

「御幸」と「行幸」はどちらも「みゆき」と読めますが、前者は上皇や法皇、後者が天皇のことだそうです。そういやそんな話がありましたね(すっかり忘れていました)。

歌の最後の「なむ」は願望を表す終助詞です。なにしろ「願望」(今起こってないこと)ですから未然形につくのも納得です。

[訳読]
小倉山の峰のもみじ葉よ、心があるならばもう一度の行幸を待っていてほしい。

にほんブログ村 中学受験(指導・勉強法) ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験 ←こちらも参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。
[PR]

by an-dan-te | 2013-03-26 17:54 | 中学生活 | Comments(4)

Commented by gura at 2013-03-26 23:07 x
小倉みゆきさん、です。百人分の名前はありませんが・・・。

子供のころ、きれいだな、自分の子はもみじっていう名前にしようかな、と思っていました。しませんでした・・・。

そうそうラ変は変わり者っていいましたね。懐かしいなあ。
Commented by りっこ at 2013-03-27 09:16 x
はじめてコメントさせていただきます。

わかりやすいですね。
アンダンテさんのような先生に教わっていたら、古典が得意になっていたかも。^^
Commented by an-dan-te at 2013-03-27 20:38
guraさん、
小倉みゆきさん、きれいな名前ですね~
ラ変の動詞の数は少ないけれど、ラ変型の活用をする助動詞とかもあるし、存在感は結構ありますよね、この変わり者(^^;;
Commented by an-dan-te at 2013-03-27 20:38
りっこさん、
ありがとうございます。
古文好きなんです。体が二つあれば文系も行きたかったなぁ…

<< 第三首: ひさかたの光のどけき... 第一首: 田子の浦にうち出でて... >>