正しい国語は誰が決めるの!?   

Mixiニュースで見た「小2国語のテストが超地獄級に難しいと話題に」でこんなのがあったのですが

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←今日はいよいよ卒業式(^-^)

カタカナ・ひらがなの使い分け問題
つまり、

・星が「きらきら/キラキラ」している。
・犬が「わんわん/ワンワン」ほえた。
・うさぎが「ぴょん/ピョン」とはねた。

で、どっちが「正しい」かという問題。えー好きなように書けばぁ?? と思わなくもないんだけど…

私は、即座に記事を読んでしまったため(正解を見てしまったため)、見ていない人に聞いてみたんだけど、
こじろう→まったくわからない。手がかりなし
はなひめ→「きらきら/キラキラ」はどちらでもいいような気がして悩むが、どちらかというと「キラキラ」はギャルっぽい(?)ような気がしてひらがなを選択。その他、正解(とされているほう)をチョイス。
よしぞう→わりと短時間で、正解(とされているほう)を答えた。

というふうになっています。ちなみに、正解(とされているほう)は「きらきら」「ワンワン」「ぴょん」です。

ここでなんでしつこく「正解(とされているほう)」と書いているかというと、私はこの正解なるものに納得していないから。どちらがメジャーであるかという質問だったら考えて答えてあげてもいい(^^)けど、どっちが正しいかってきかれたら「そんなの決まってない」と答えたくなる(へそ曲がりだからね)。

そもそも、日本語として何が正しいかっていったら、実際にどう使われているかの総体としてあるものだと思うんだけど。だから、多くの日本人が、「きらきら」「キラキラ」のどっちでも違和感ないとか、自分はどっちをたいてい使うというのはあっても逆を間違いだと思わないということであれば、やっぱり「正解はない」が正しいと思います。

もちろん、新聞社であるとか、そういう組織としては、そこで書かれた表記に統一感が出るように一定の決まりを設けているけれど、新聞社の決まりとたとえば私のお仕事関係の決まり(IT関連マニュアル類)は違うし、それは別に一般的に…つまり小学校で「これが正しい」として習うようなもんでなし。

いくつかぐぐってみたら、「学校で教えるときには」「正式には」擬態語はひらがな、擬声語はカタカナという趣旨の記述がいくつかあったけれど、その「元」はわかりませんでした。「正式」ってなんじゃらほい?

強いていえば、国語審議会かな? と思って、それ関連を調べたら、こういうのならあった:
国語施策・日本語教育 > 国語施策情報 > 第3期国語審議会 > 第26回総会 > 議事
「ひらがなは,やまとことば系統の表記として,かたかなは,名詞・外来語・擬声語・擬態語に使われる。」

え(-_-) 要するに、カタカナを使っても「いい場面」としか認識されてないよ。擬声語・擬態語じっぱひとからげで。

というわけでどうも正体不明なのですが(ご存知の方教えてください)。少なくとも中学受験的に、この問題を見たことがある(塾テキストとかで)人はあんまりいないのではないでしょうか。だってどうでもいいというか、それを知っているかどうかで選抜したい学校はないだろうから。

これは、掛け算の順序みたいな、学校教育的ローカルルールなのかな?? この場合、世間的慣習とそんなに「逆」ではないようだけど、ルールであるかどうかが違うというような。

結論としては、どうでもいい話ではあるんだけど、「正しいってどういうこと?」と掘り下げてみるのは真の教育かなという気はします。それと、だんだんみんなの感覚というものが、若い人中心にカタカナ側にずれていきつつあるところらしい、というトレンドを考えるとかね。そういう点から、はなひめが迷ったあと「キラキラはギャル側(?)」と認識したところはおもしろいと思いました。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-03-22 08:24 | 中学受験 | Comments(22)

Commented by りん at 2013-03-22 15:08 x
音がする「擬音語」はカタカナ、音がしないのは「擬態語」だからひらがなと普通に習ったので、どうしてこれが難しい話なのかぴんときませんが。
Commented by gura at 2013-03-22 16:19 x
確かに、学校でこう習います。オノマトペ、表記も習いますが、表現として習いますね。

私は、作品研究をして、自分でも作るということをしたことがあります。作品では、作者が言葉を選択して書くので、同じことばでも、ひらがな、カタカナ、漢字、より的確に表現できるほうを選びます。最近でも、ひらがなの表現力で受賞された作品が話題になりましたね(^-^)草野心平さんの作品もひらがながすばらしいですね。

私は、作品を読むとき、表記が気になります。ほとんど感覚でとらえていますが・・・。知らないうちに表記に印象を左右されています。飲食店のメニューや、商品名も、きちんと考えられていますよね。はなひめちゃんが、ギャルっぽいと言ったのは表現をとらえての事だと思います。すばらしい。

文法もきちんとしたルールがありますが、表現としては、より伝わるほうを選ぶので様々です。そういうものだと子供に教えました。

言葉って時代で変わるから面白いです。正しい!ものも変化しますよね。全然、という言葉の意味の変遷も面白いですよね!また正しいものって変わるでしょうね(^-^)
Commented by むつらぼし at 2013-03-22 16:51 x
私が同じように疑問に思っているのは漢字の筆順の問題です。文部省の作った手引の筆順が正解なんでしょうけど、手引には異なる筆順も否定しないと明記されてるみたいです。
Commented by an-dan-te at 2013-03-22 18:00
りんさん、
それが決まりだと思えば簡単な話となり、それは決まりじゃないだろうと思えば解けない問題になります(^^;;

実際に文章を書くときだったら、どういうニュアンスにしたいかによってカナとかなを書き分けますよね。今日、卒業式で歌った歌の歌詞の中にカタカナ書きで「キラキラ」が出てきたのでついウケてしまいました…
Commented by an-dan-te at 2013-03-22 18:18
guraさん、
うちの子たちにインタビューしてみたら、全員「そんなこと習ってない」といっています。それが真実なのかどうかは(笑)

私も表記はすごく気になります。気になるだけに、こんなテストされると…気になっちゃいますね。まずは標準の表記を知り、そこからハズすことのニュアンスを知る、ということは必要なのだと思いますけど、テストのマルバツということとは馴染まないと思ってしまうので。
Commented by an-dan-te at 2013-03-22 18:23
むつらぼしさん、
そういえば筆順とか、あと部首名とか、いちおう塾テキストにもありましたね(今日の「きらきら」とは違って)。けど、子どもが受ける(可能性のある)学校の過去問とかで出会ったことはないんですけど。

いちおう、原則や基本は知っていたほうがいいけど、あんまり細かいことはいらないかなと、私は思うんですけど、そういう問題を出す学校があるとしたら、そういう資質を求めているんでしょうね。
Commented by 21vertex at 2013-03-22 19:45 x
この日本語が正しいor正しくないの記事に、
>じっぱひとからげ
という表記がさりげなく出てきたところにアンダンテさんの矜持を見た気がします。
Commented by やっちゃん at 2013-03-22 20:51 x
りんさんと同意見です。音がするものに対してカタカナ表記と思っていたので、何が難しいのかと思いました。我が家の娘たちも、全く同じ意見です。私が指導した記憶は無いので、どこかで習ったのかしら?不明ですが。


「これを書くときはカタカナか?ひらがなか?」という問題には出会ったことがありませんが、通常、ひらがな表記のものをカタカナ表記にされている場合には、その表記にこめた作者の意図を問われることがよくありますね。

そういう意味では、中学校によっては、「言葉の乱れ」を憂い、言葉に対して敏感であって欲しいという願いがあるのかもしれません。

どちらでもいいという考えもひとつですが、こうやって、考えるきっかけを持つことはとても素敵ですよね。

Commented by nonchan at 2013-03-22 21:03 x
たぶん国語の教科書に載ってると思います。
小学校2年生の国語教科書に「音やようすをあらわすことば」という単元があるみたいなので、それかな?
単純に、教科書に書いてあることを単元テストに出しただけなので、超絶難しいテストというわけではないと思うのですが・・・
Commented by an-dan-te at 2013-03-22 21:10
21vertexさん、
えっそこ(^^;;
まぁそうですね。標準表記でないことと、間違いであることは違うと思ってます。
Commented by an-dan-te at 2013-03-22 21:20
やっちゃんさん、
日本語表記のルール…あえていえばですが…は、国語審議会の人がちょろっといっているように、擬声語や擬態語にはカタカナを使える(使うことが多い)ということでしかありません。そしてその中で、擬声語のほうがより、カタカナで書かれやすいということは大雑把な話としていえますよね。

それを、音がするものはカタカナ、そうでないものはひらがなが「正しい」とまで教えているとしたら(そこもまだはっきりしませんが)それはたぶん小学校教育のローカルルールです。

> その表記にこめた作者の意図を問われることがよくありますね。
こういう感覚はとてもだいじだと思います。

> 考えるきっかけを持つことはとても素敵ですよね。
そうですね。なにしろ「ねとらぼ」ですから、「オトナなら当然」とか「超地獄」とか茶化してますが、おもしろいネタふりですね。
Commented by an-dan-te at 2013-03-22 21:21
「超絶難しい」はもちろん皮肉でしょう(^^;;
ルールと思えば簡単だし(つまり、教科書でそう習った小学二年生なら)、ルールと思わなければ(たとえば多数の大人なら)解けない。
Commented by 教科書 at 2013-03-22 21:48 x
確か2年生の教科書に載っていました。
準拠のワークでもあったんじゃないかな。子供が自慢げに教えてくれたのを覚えています。
擬態語が擬音語がというのは表現として別にまたやっていくようですが、カタカナを使うのはどういうとき?みたいなことで習ってきたようです。
子供のノートを見たら

いろいろなものの音
外国から伝わってきたことば
外国の,国の名前や土地の名前,人の名前
動物や虫の鳴き声

はカタカナだと書いていました。
気になったので、擬態語 擬音語 学習指導案 とかで検索したら、いくつか出ていたので学校で教える基本なんでしょうね。

確か、大学の時に習ったのを思い出すと(昔過ぎて霧の中ですが)擬音語擬態語のカタカナあれこれは、漢文に関係したような・・それと漫画文化がどうのこうの・・うーん。すっかり忘れたけど、教職単位の授業で基本を教わり、漢文の授業の時と日本語文化(漫画の回)で例外が例外じゃなくなっていく様子を勉強したように思います。


Commented by 教科書 at 2013-03-22 22:00 x
追記
さっき帰ってきた中学生女子に聞いたら、中学生になって「あえてカタカナで表現するとき」という題で授業があったそうです。
現代短歌の授業であったとか。
何やら話は大和言葉まで広がったそうで、ありゃ国文学が好きじゃないと聞けないわ〜が感想です。
Commented at 2013-03-22 23:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by an-dan-te at 2013-03-23 08:53
教科書さん、
詳細にありがとうございます。
カタカナを使うのはどういうとき? で、擬音語が出てくるのは非常にもっともなことですね。

> 擬音語擬態語のカタカナあれこれは、漢文に関係したような・・
私はまったく詳しくありませんが、
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa5384197.html
の「ANo4」のようなことでしょうか。ちゃんとした言葉(?)でなく、単に記号的なものであるというような。

「あえてカタカナで表現するとき」という授業はおもしろそう(深い)ですね!!
Commented by an-dan-te at 2013-03-23 08:53
補足

擬音語はカタカナで表記することが多いというのはそのとおりで(でもルールとまではいえない)、擬態語はひらがなというルールがあると教えるのはさすがに行き過ぎになるような気がしますね。「新・はじめての日本語教育基本用語事典」によれば、擬声語と擬態語がひとくくりに「音象徴語」というエントリーで説明されていて、「擬態語は物事の様子を表し、ひらがなや漢字で表記することが多い。擬声語は、物の音や声を表し、カタカナで表記することが多い。」となっています。

日本語調査
http://nhg.pro.tok2.com/reserch-2/reserch1-79.htm
では、一般の人が「あえてカタカナで表記するとき」の様子がうかがえて興味深いです。
Commented by an-dan-te at 2013-03-23 08:59
***(2013-03-22 23:37)さん、
いろいろな扱いがあるのですね。結局のところ、国語教育の目的は、どういうときにカタカナがよく使われるか、原則を知った上で、あえてカタカナで書く、あえてひらがなで書くニュアンスを汲み取れるようになることでしょうから。

国語審議会の議論は、ひらがな・カタカナをどういう順番でどう教えるかというあたりでしたが、なかなか白熱してておもしろかったです。
Commented at 2013-03-23 21:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by のの at 2013-03-24 07:56 x
なるほど。擬音語と擬態語の表記、勉強になりました。
これは確かに国語と文学の本質的な疑問を包含している気がします。

ただ、私としては作問をマスコミが取り上げるという案件繋がりで、麻布のドラえもん問題の方が気になってます。
あれって、子ども用の理科図鑑や副読書には結構、出て来る問いかけですよね。少なくとも私自身、「車はガソリンを食べてガスを排泄していると見なせるけど、なぜ生き物じゃないのか」という問いかけを見たことがあります。答えも同じでした。
あれが話題になると言うことは、マスコミを中心とするネット市民って単に理科の素養がないだけなんじゃ…とそっちの国力の低下の方が気になってます。
Commented by an-dan-te at 2013-03-24 10:10
***(2013-03-23 21:14)さん、
議論しても平行線な部分がけっこうありそうで、なにしろ、実証というのも??? 実態としての日本語がどうであるかということも、確定は難しいけれど、教育のあり方とかに発展しちゃうと、決着は難しいですね。でも、お互いに強力な主義主張があるんだものね。
Commented by an-dan-te at 2013-03-24 10:18
ののさん、
ドラえもん問題は、まぁドラえもんだから目を引くけど、内容はわりとふつうですね。漠然とはわかっていても、小学生が理路整然と説明するのは難しいし、その表現力を問うところは麻布らしいなと思いました。

> マスコミを中心とするネット市民って単に理科の素養がないだけなんじゃ
(^^;;

「0÷9=0」!? の話題でも、マジでわかってない書き込みを見ると不安になります。

<< サクラサク卒業式 受験終了を祝う会(ランチ会バー... >>