入塾後半年、立ち位置は予想できる?   

入塾後半年もすると、だいたいの立ち位置が予想できるという話はよく聞くと思います。ぶっちゃけ、最終学年の平均偏差値ね。志望校決める参考にするための。

  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ←予想は予想にして決定にあらず

一方で、塾の先生は「いやー、伸びる子はまだまだ伸びますよ」とかいったり。それって、営業トーク? どこまで本音? というか、「伸びる子」って誰のこと!? という趣旨のご質問をいただきました。

まったくの自分的予想ですが、こじろうのときもはなひめのときも、入塾後半年くらいで、「これくらいになるかな?」という感触は持っていました。

入塾後すぐというのは、それはほとんど誰でも成績は低めだと思います。それまで勉強ほとんどしていなかったか、多少はしていたとしてもまだ塾カリキュラムや、塾テストに慣れていませんからね。それが、でこぼこじぐざぐながらだんだん上がってきます。

半年たったとき、その半年の平均偏差値を出したとしたら、それはたぶんポテンシャルよりかなり低めでしょう。そうではなくて、じぐざぐの最後数点を参考に、これが安定したらこのへんかな? という、「半年」の瞬間の実力のアタリをつけてみます。これが予想のベースになります。

もちろん、その半年たったところの実力でもう伸びないというのではなくて、子どもによってはまだまだ伸びますから、その補正を考えます。

平たくいうと、こじろうのときは「もうちょっといけるかな」と思っていて、はなひめのときは「だいたいこんなもんかな」と思っていて、そしてそれはそのとおりになりました。いや、こじろうはむしろさらにその予想より2ポイント上くらいになったかな?

「もうちょっといけるかな」の中身は、まずは、それまでたいして勉強してなかったこと(^^;;

とにもかくにも、「まだいける」の強気予想の、一番の好材料はコレです。これまで勉強していなくて、これからは勉強するという見通しです。勉強してこなかった高校生が、浪人して一年間予備校でまじめに勉強したら一気に伸びるみたいなものです。

勉強してこなかった子が、これからもやっぱり勉強しない、ってんじゃダメですけどね…

こじろうは、本人も親も、日能研カリキュラムや勉強の仕方(させ方)がよくわからないまま半年過ぎてしまったので、「まだまだ、これから」感がありました。一方、はなひめのときには、四年生のときも多少は準備していましたし、日能研に入ってすぐから、カリキュラムや教材のことがよくわかっていましたから、半年たつともうすでにキャッチアップはあらかた済んだ感じになったのです。そこからは上下というより、不安定を安定に向かわせるイメージです(それが実際には大変だったけど)。

もうひとつの材料は、算数です。こじろうは、天然の数字くん(字が似てるけど数学くんではない)なので、たいして勉強しなくても算数ができました。これは六年になってから(特に後半)の好材料です。

科目間のでこぼこが大きいというのは、好材料なのかどうか微妙です。これからそれが埋まっていくのか、さらにやばくなっていくのか(^^;; たとえばこじろうだと国語、はなひめだと社会が「ぼこ」科目ですが、それは最終的にどうなったかというと、第一志望校の過去問でいうとわりと取れていて足はひっぱっていなかったかなという感じですが、公開模試の問題でいうと偏差値はステイでした。だから、偏差値予想での好材料というよりは、本番に偏差値ほど足をひっぱらないであろうという、合格率予想での好材料というか。

あと、そういうことのほかに私が予想に使っていたのは、学校見学のときに感じる「似合う」感。この学校に似合う、と思えばわりとそのあたりの偏差値に落ち着きやすいと思います(かんぺきに私見です)。

…ま、ともかく、予想はあくまで予想ですから。それにしばられる必要はありません。軽々と予想を裏切ってくれたのは、またろうです。

にほんブログ村 中学受験 ←ランキング参加しています。
にほんブログ村 中学受験(日能研) ←こちらも参加しています。

by an-dan-te | 2013-03-12 07:52 | 中学受験 | Comments(12)

Commented by まり at 2013-03-12 09:11 x
 
アンダンテさまに、占って?頂きたいです。
Commented by ももやまさくら at 2013-03-12 12:28 x
偏差値って、結局相対評価ですよね。ということは上がる子がいれば下がる子もいるということですよね。今勉強していない子が勉強頑張り始めたとしても、他の子もみんな頑張ったら結局偏差値変わらず…になりますよね…。
でも塾の先生は偏差値はあがっていくというのを前提で話をされますよね。すごく違和感があります。たいていの子供は偏差値ってあがっていくものなんでしょうか?
Commented by ももやまさくら at 2013-03-12 12:36 x
先程はいきなり初なのにご挨拶もなくコメントしてもうしわけありませんでした。
いつもブログ楽しくよませていただいてました。
はなひめさん、合格おめでとうございます♪
前から塾の先生が、偏差値は上がるの前提で話をされるので、(うちの日能研だけですかね??)
気になってまして。
論理的解説を頂けたら嬉しいなと思って質問させていただきました。
宜しくお願いしますm(__)m
Commented by レタス at 2013-03-12 15:50 x
こんにちは。
そうですね、ウチも塾通いではないですが五年生の春からYTの月例受け
始めて夏休みの終わり頃にはおおよその立ち位置が把握できましたからね。
加えて、以後この調子で行けば・・・、と考えたまさにそのあたりぐらい
まで六年秋には伸びていましたから。
それと「似合う」感ですが、これもどちらかというと第二志望校の方が
息子には似合ってるなあ・・・、みたいなことは当初から感じていたん
ですね。
不思議なものですけど、やっぱりこういう感じで予想したとおりの位置
に落ち着いていくものだなあと痛感しているこのごろです。
Commented by an-dan-te at 2013-03-12 21:35
まりさん、
いやー親御さんがいちばんわかると思いますよ(^^;
Commented by an-dan-te at 2013-03-12 21:42
ももやまさくらさん、
そりゃもう、相対的なものなので、誰か下のほう取ってくれないと上のほうの値がでませんね(^^;;
上がっていく子もあれば下がる子もいるわけで、勉強の仕方を改善すればその、上がる子のほうの流れに乗れるといいたいのでは?

あるいは、受験が近くなると、駆け込み受験組が公開模試に参戦してきて、相対的に偏差値が押し上げられるから数値上クラス全体が上げ調子になるからかもしれません。akira先生本のグラフではそんな感じでしたね。
Commented by an-dan-te at 2013-03-12 21:45
レタスさん、
不思議ですよね~まさに「ご縁」。私もはなひめが四年生のとき、今回合格した学校の生徒に混じっているはなひめ、保護者に混じっている自分(^^;; がリアルに想像できました。笑われるから他人には言わなかったけど。
Commented by gura at 2013-03-12 23:04 x
私も子供の最終偏差値、予想通りでした。
ただ、予想偏差値より、ぴったりな学校選びに重点をおいたので、最後は余裕が出来てよかったです^-^



Commented at 2013-03-12 23:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みさまま at 2013-03-13 05:47 x
おはようございます。

私もこんなこと恥ずかしくていえないのですが、娘の第一志望校に初めて行ったとき、この学校で中学生活を楽しむ娘の姿が浮かびました。在校生たちが娘に似ていたというか、娘と気があうだろうなぁというお子さんばっかりだったのです。
その後も行くたび、「ここしかないなぁ」と思います。

この直感信じて突っ走って大丈夫でしょうか?!
Commented by an-dan-te at 2013-03-14 07:06
guraさん、
お、予想通りでした? 駆け込み受験だとぐぐぐっと上がってくるから、その勢いが気分いいですよね(たいへんだけど)。
Commented by an-dan-te at 2013-03-14 07:06
みさままさん、
足元固めて、突っ走っちゃってください!!(^^)v

<< 合格可能性80%じゃ嫌なんです 女子大・男子大(^^;; >>